okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

「情報処理安全確保支援士」にクラスチェンジしてみた ~オンライン講習C受講編

1年以上も前に、2万円強の費用(自腹)と手間ヒマをかけて登録申請した「情報処理安全確保支援士」という国家資格。 年2回実施される資格試験を受験せずとも、過去の「情報セキュリティスペシャリスト」試験の合格者であれば、カネ(と手間)さえ積めば登録…

『幻獣神話展Ⅴ 遥かなる憧憬との対峙』 #牧田恵実 #スクリーミング・マッド・ジョージ #マンタム #森園みるく

昨年に引き続いて、東京交通会館のゴールドサロンにて開催中の『幻獣神話展Ⅴ 遥かなる憧憬との対峙』に行ってきた。 アーティストであり古物商でもあるマンタム氏が、作品の出展のみならず、本イベントの企画もされているということを最近初めて知った。 な…

伊豆別視点ツアー! #まぼろし博覧会 #別視点ツアー

なぜか久しぶりに、8年前に刺殺された村崎百郎氏のことをネットで調べていたら、奥様の森園みるく先生が事件前後の出来事を描いた実録コミックが出版されていることを知り、購入して読んでみた。すると森園先生は、最近ネット上でやたらと話題の珍スポット「…

『ゆきゆきて、神軍』 感想 #ゆきゆきて、神軍 #原一男

台風13号がまさに関東に上陸せんとしている本日、渋谷はアップリンクへ、『ゆきゆきて、神軍』を観に行ってきた。 8月4日から8月24日まで開催されている原一男監督特集「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」。 本作を劇場で観るのは初上映から数…

「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」 at 国立新美術館

国立新美術館で開催されている「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」 へ。 会期は 2018年5月30日(水) ~ 2018年9月3日(月) ということで、なんだかんだで開催されてから2か月も経ってるのか。 月曜日の午後。開催当初は平日はそれ…

NEOGEO mini 買っちゃいました

話題の「NEOGEO mini」、実はSNKの「ネオジオ」なんて当時まったく興味が無く、収録されているゲームもほぼやったことがないにも関わらず、筐体がアーケードゲーム機のような可愛い形状で、かつ税込みでも12,420円と割と安価だったため、Amazonで予約してみ…

『スターリンの葬送狂騒曲』 感想

世界三大大量殺戮者のなかで、ヒトラーを抑えて堂々2位のスターリン(1位は毛沢東)。まさに、息を吐くように人を殺した独裁者。そのスターリンの死の直後、側近たちが次の権力者の座を狙って密かに策略を巡らす様を描いた作品。 スターリンの死とその裏側で…

台湾の可愛いお土産たち @abeno_kirby_v

ツイッターで相互フォローさせてもらっている、@abeno_kirby_v さんから、「台湾旅行のお土産を買ったので発送します。ご夫婦でご笑納ください」との連絡を頂いた。 彼女(たぶん女性)が台湾旅行中、ツイッター上で戯れにお土産をリクエストしたら本当に買…

ブッダマシーンを求めて西荻へ ~ ふたたび #光と音のハオハオハオ

台風一過の翌日ながら異常に湿度が高くて蒸し暑い日曜日の午後。昨年に引き続き今年も、西荻窪の井荻會館に訪れた。 こちらで開催されているフリーマーケットに今年も「光と音のハオハオハオ」さんが出店されているのが訪れた理由だが、今回の一番の目的は実…

HOTTOYS 『アイアンマン』アイアンマン・マーク2 レビュー

そもそも初めて購入したホットトイズの商品が、2009年に発売されたアイアンマン・マーク2だった。 当時は、たかだかフィギュアに2万円も出すことが自分自身でもありえないことと思ったし、妻とは何度も家族会議で検討を重ね、まさに清水の舞台が飛び降りるつ…

projectBM! 鳴海荘吉 レビュー #吉川晃司

メディコムトイとバンダイのコラボ商品である、projectBM!シリーズのNo.55吉川晃司が演じる「鳴海荘吉」のフィギュア ヤフオクで新品未開封品が安価で出品されていたので入札したが、やはりメディコム・ライダー商品の未開封商品は今でも人気が衰えず、結局…

『カメラを止めるな』 感想

本作、まったく知らなかったのだが、先週、行きつけの美容院のYさんに初めて教えてもらって知った。今まで彼が教えてくれた作品はすべて面白かったので今回も行ってみることにしたのだが、調べてみたらこの映画、実は今、巷ではかなり話題作じゃないか! サ…

超合金魂 GX-22 エヴァンゲリオン四号機 いまさらレビュー

先日の「参号機」に引き続いて、「超合金魂 GX-22 エヴァンゲリオン四号機」 これで超合金魂のエヴァンゲリオン全6体が全て揃ったことに。 「四号機」はTVアニメ版やコミック版、劇場版にも具体的な描写はないらしい。そんなものまで商品化して、しかもそこ…

マンタムさんに会いに上野骨董市へ

とにかくクソ暑いここ数日。 まさに「出かけるのを止めなさい」くらいな酷暑のなか、わざわざ上野不忍池までやって来たのは、アーティストであり古物商であり、その他、様々な活動をされているマンタム(田村 秋彦)氏が率いるアウトローブラザーズの骨董市…

超合金魂 GX-21 エヴァンゲリオン参号機 いまさらレビュー

以前に戯れで、初号機、弐号機、零号機改、零号機の4体まとめてヤフオクで購入した、バンダイ超合金魂のエヴァンゲリオン。 古い商品ながらクオリティの高い商品という印象で、同シリーズの残りの「参号機」と「四号機」も入手せねば!ってなってしまった。 …

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 感想 ~ 傑作や ~

石川県金沢市のご出身だそうで、自分と同郷であるライターの紐野義貴さんのこのツイート。 傑作や! pic.twitter.com/nse95ueRt1 — ひもの(Web編集・イベンター) (@yoshitakahimono) July 7, 2018 ググってみたら面白そうな作品だったので、本日観に行ってき…

「墓場の黙示録」 at 墓場の画廊 デビルマン

デビルマンのイベント「墓場の黙示録」に行ってきた。 場所はお馴染み、中野ブロードウェイの「墓場の画廊」。 Netflixで放映されていたアニメ「DEVILMAN crybaby」の Blu-ray発売記念イベントとのこと。 ただし新作のデビルマン(「新約」と表現されていた…

『七人の侍』 感想

先々週の『椿三十郎』、先週の『用心棒』に引き続き、「午前十時の映画祭9」でいよいよ大本命、『七人の侍』を観てきた。 妻に何度かDVDを観させようとするも頑として拒まれていたが(白黒映画は嫌いという理由で)、さすがに毎週毎週クロサワ作品を観させら…

巡さん個展『心のこり』 at カストリ書房 #巡 #心のこり #カストリ書房

「貴女を連れ去るには、私は歳をとり過ぎてしまった。」 巡(めぐる)さんの個展『心のこり』へ。 場所は吉原の、ご存知「カストリ書房」。 緊縛をモチーフにしたアクセサリーや小物、セルフポートレイトを製作されている巡さんの作品を展示する場所として、…

小説『美しい顔』を読んだら普通に刺さった! ~ 北条裕子さん、荻上チキさん、ゴメンやで!m(__)m

『第61回群像新人文学賞』を受賞し、芥川賞の候補作品にもノミネートされた北条裕子さんの小説『美しい顔』。 その作品中のいくつかの描写が、他の著作の文章をほぼそのまま使用しているのでは?所謂「パクリ」ってことで絶賛炎上中の案件。 引用されたとい…

HOTTOYS 「美女と野獣」ベル レビュー

昨年(2017年)のヒット作、ディズニーの実写版『美女と野獣』でエマ・ワトソンが演じたヒロインのベル。 映画が想定以上にに面白かったので思わず購入してしまった。 さすがホットトイズで、CGで表現された劇中のルミエール、コグスワース、ポット夫人、チッ…

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 感想 ・・・つまらんぞ

スマホで「ハン」と入力しただけで「ハン・ソロ コケる」が検索トップに表示されるほど、全世界で低評価なこの作品。 そもそもロゴからしてコレで、↓ この、あまりにヒネりのないタイトルからも作品の出来が見当できるのだけど、 「漫☆画太郎」か! 御多分に…

『用心棒』 感想

先週の『椿三十郎』に引き続いて、「午前十時の映画祭9」で『用心棒』を観てきた。 順番としては『椿三十郎』が『用心棒』の続編にあたるが、古いモノクロ時代劇を単なる偏見で敬遠している妻に黒澤映画の面白さをわからせるには、まずは『椿三十郎』を観せ…

「帰ってきた掟ポルシェと爪切男 with 中川淳一郎 ~ 公開人生相談 夏の陣」 at 本屋B&B #掟ポルシェ #爪切男 #中川淳一郎

下北沢の本屋B&B。 今年3月に開催されて大好評、満員御礼だった『俺たちの!ヤバすぎ仕事列伝』の第2弾、「帰ってきた掟ポルシェと爪切男 with 中川淳一郎 ~ 公開人生相談 夏の陣」(・・・って、タイトル長いわっ!)に行ってきた。 今回は敬愛する中川淳…

TBLeague 「The Pro」(PL2018-112) レビュー

TBLeague(TBリーグ)の「The Pro」 型番は「PL2018-112」 「The Pro」とは、2002年に発表されたガース・エニス原作のアメコミ作品。 スーパーヒーローのパロディ作品ながら、ちょいエロ&ヴァイオレンスな作風。主人公の職業は売春婦でシングル子持ちビッチと…

『椿三十郎』 感想

前回の『地獄の黙示録』以来の「午前十時の映画祭」 ご存知、黒澤明監督『椿三十郎』 モノクロ作品は古臭いから観たくないとゴネる妻を諭して、またも休日の歌舞伎町に朝っぱらからやってきた。この作品に関しては間違いなく面白いので心配していなかったが…

「集え!英雄豪傑たち」 at 横須賀美術館

横須賀美術館で開催されている「集え!英雄豪傑たち」に。 電車とバスを乗り継いでのアクセス。京浜急行の浦賀駅は初めて降り立ったが、なかなか味わい深くてよい。 雨こそ降らなかったものの、曇り空であいにくの天気だったので、今度は天気のいい日に訪れ…

SoftBank SELECTION Pepper スタンドペン レビュー

街頭の様々なショップなどでペッパー君を見かけると、いまでもちょっと嬉しくなってしまう。周囲に人気(ひとけ)がなかったら、思わず近づいてマジマジと眺めてしまうし。(もちろん気恥ずかしいので声まではかけないけど) お気に入りなのは、吉祥寺の荘内…

マンタム式Bol'sheviki屋V.Ropshinの逆襲 at 画廊/珈琲 Zaroff

マンタム(田村 秋彦)氏の個展『マンタム式Bol'sheviki屋V.Ropshinの逆襲』 場所は「画廊/珈琲 Zaroff」。京王新線の初台駅からわずか数分のアクセス。 画廊・珈琲 Zaroff 初めて伺ったのだが、この佇まいだ。 一見さんがお邪魔するのは非常にハードルが高…

川崎貴子さん『愛は技術 ~何度失敗しても女は幸せになれる。~』 感想

起業家であり「女のプロ」としても知られる川崎貴子さんの著書『愛は技術 ~何度失敗しても女は幸せになれる。~』を、今更ながら読ませて頂いた。 川崎社長の記事はネット上ではよく読んでおり、いずれは著作も読みたいとは思いつつも、著作のテーマが若い…

【スポンサーリンク】