okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

島薗邸落語会 at 島薗邸

春の休日の昼下がり。千駄木の登録有形文化財「島薗邸」で開催された「島薗邸落語会」にお邪魔した。 昨年、板橋のカフェ「百日紅」で初めて拝見させて頂いた三味線奏者の与つ葉さん、再びライブに行きたいと思いつつ行きそびれ、やっと本イベントにてパフォ…

『スパイダーマン:スパイダーバース』 感想

スパイダーマン映画史上最高傑作とまで言われ、アカデミー賞まで受賞した本作。正直、アニメ作品を劇場で観ることに抵抗があったんだけど、これほどまでの高評価なら観ておくか・・ということで。 主人公は黒人の少年で、ある日、不思議な蜘蛛に噛まれてスパ…

『新宿タイガー』 感想

たまに歌舞伎町で見かけることはあったが、最近まで彼が、新宿で40年以上もタイガーの姿で勤務している新聞配達員であることを知らなかった。 なんといっても東京。しかも新宿。あんなにド派手な恰好の人を見かけても全く違和感を感じることはないのだが、さ…

『ブラック・クランズマン』 感想

先日のアカデミー受賞式で『グリーン・ブック』が作品賞を受賞したことにブチ切れて、会場から立ち去ろうとしたが周囲に引き留められたというスパイク・リー監督。 気持ちはわかるけど、先日『グリーン・ブック』を観たら、黒人からしてもそこまで怒るべき作…

「平成夫婦スタディーズ!男性/女性から見た夫婦観の違いとは」 at 本屋B&B #トミヤマユキコ #武田砂鉄

トミヤマユキコ×武田砂鉄 「平成夫婦スタディーズ!男性/女性から見た夫婦観の違いとは」『夫婦ってなんだ?』刊行記念 トミヤマユキコさんの最新刊『夫婦ってなんだ?』の刊行を記念したイベントで、ゲストは武田砂鉄さん。場所はおなじみ、本屋B&B。 本イ…

『キャプテン・マーベル』 感想 チート過ぎて草ww

DCのワンダーウーマンは過去に米ドラマも放送されていたため、日本でもわりかしポピュラーな女性ヒーローだが、出版社の名前を背負ったキャプテン・マーベルもしくはミズ・マーベルは、日本ではあんまり知られていない。なので、満を持して、いよいよキャプ…

『ロボコップ ディレクターズ・カット 4K版』 感想

1988年の日本公開時に初めて劇場で観てから、何度目かも覚えていないほど繰り返し観たロボコップ。そして2018年、初公開から30周年を記念して、4Kリマスター映像版の上映イベントを行うという偉業をクラウドファンディングで成し遂げたのが、世界でも屈指の…

『グリーンブック』 感想

ソリの合わない2人の男が、旅を通して次第に熱い友情で結ばれていくロード・ムービーっぽくて、なんとなくロバート・デ・ニーロの『ミッドナイト・ラン』みたい!しかも黒人差別問題がベースだという、まさに鬼に金棒みたいな映画で、これは面白そうだ、と思…

HOTTOYS 『マイケル・ジャクソン(スリラー版) レビュー

以前から欲しかった、「マイコン」シリーズのマイケル・ジャクソン スリラー版。ヤフオクで新品未開封(たぶん)が安価で出品されていたので、なんとか落札できた。結局、落札額は販売当時(2009年)の定価くらいになってしまったが、現在ではプレミア商品に…

『アリータ: バトル・エンジェル』 感想

『アリータ: バトル・エンジェル』は、日本のSFマンガ『銃夢(がんむ)」』が原作。かつて、1巻がkindleで無料だったので読んでみたのだが、続巻を買いたいと思うほどの内容では無かったと記憶しており、キャメロンがなぜ、この作品をわざわざ実写映画化しよう…

『パルプ・フィクション』 感想

公開当時(1994年)劇場で初めて鑑賞した際、そのあまりに斬新な演出に完全に度肝を抜かれた。様々な登場人物の時間軸の違う群像劇を、絶妙に交差させるストーリーの妙、マシンガン・トークで繰り出される無意味で下品で粋なセリフ、どこかユーモラスなヴァ…

AUTOart(オートアート)日産フェアレディZ432 (ホワイト) レビュー #宮本浩次 #冬の花 #フェアレディZ #児玉裕一

「ミヤジ」こと宮本浩次のソロデビュー曲であるという『冬の花』を、ミヤジのにわかファンである妻が最近、恐ろしいペースでヘビロテしている。 宮本浩次-冬の花 初めてこの曲を聴いたときは、「うゎ!なんて古臭くてベタな歌謡曲!ダサ!」と思ったものだ…

「マニアフェスタvol.2」に行ってきた! #マニアフェスタ #別視点

昨年10月に東急ハンズ新宿店にて大盛況を博した、あの「マニアフェスタ」。その第2弾が開催されるということで、事前に2日通し券を購入して訪れてみた。 今回の会場は、「3331 Arts Chiyoda」(アーツ千代田 3331)という文化施設。JR秋葉原駅から徒歩10分程…

吉川晃司ライブ 「KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR」at 日本武道館

先月のエレファントカシマシのライブに続いて、またも日本武道館。 今回は吉川晃司(以降、アニキ)の歌手デビュー35周年記念のライブだ。 一昨年のライブにて、喉にポリープが見つかったため、時期を見て声帯ポリープ手術を行う予定と発表されたが、昨年1月…

立体! いらすとや トレーディングフィギュア01 レビュー

ご存知、イラストレーター「みふねたかし」さんが運営するフリー素材サイト「いらすとや」のキャラクターを立体化したフィギュア。 トレーディングフィギュアだが、この6個入りBOXは全種類のコンプセットになっている。 しかし、「いらすとや」のキャラクタ…

『蜘蛛の巣を払う女』 感想

『ミレニアム』といえば、スウェーデン産の人気推理小説シリーズ。 三部作である『ドラゴン・タトゥーの女』『火と戯れる女』『眠れる女と狂卓の騎士』はまさに傑作で、文字通り、ページをめくる手が止まらないほど夢中になって読んだ作品だが、惜しくも作者…

HOTTOYS 『マトリックス』ネオ レビュー

全世界のボンクラ野郎あこがれの男、ミスター・トーマス・アンダーソン 改め、ネオ! 映画『マトリックス』はオールタイム・ベスト10に入る作品。ホットトイズ製のネオならば、それは当然買い!でしょう。 さすがにホットトイズということで、ヘッドの造形、…

エレファントカシマシ 新春ライブ 2019 at 日本武道館

先週の事になってしまうが、1月16日(水)に日本武道館で行われた、エレファントカシマシの新春ライブに行ってきた。 できれば休日前の1月18日(金)の最終日に行きたかったけど、さすがに抽選で外れてしまった。いや、これだけのビッグなイベント、平日ど真…

「ラスプーチンとBol'sheviki」DVD #マンタム

昨年の9月に宇都宮の悠日カフェで開催された「ラスプーチンとBol'sheviki」展のDVDが販売されたということで、購入するために上野新春の青空骨董市に伺った。 寒くはあるが穏やかな晴天ということもあって、沢山のお客さんで賑わっていた。 こちらの骨董市は…

『クリード 炎の宿敵』 感想

シルヴェスター・スタローンのロッキーシリーズ4作目『ロッキー4/炎の友情』が日本で公開された1986年はスタローンの人気も最盛期の頃で、当時高校生だった自分もロッキーシリーズは大好きだった。 教室でも 「ロッキー4、観に行くんけ?」(金沢弁) 「当た…

塙興子さんの細密画ポストカード

塙興子さんに無理を言って、この素晴らしい細密自画像のポストカードを購入させて頂いた。 ご丁寧に一筆添えて頂いたのだが、とても達筆、味のある筆致。カードもおまけに付けて頂けて。 塙さんご自身が「もうこんな作品は二度と描けない」と仰るほど、緻密…

中尾変『ヘンギロッポンヘン展』 at Roppongi Galleria(六本木ガレリア) #中尾変

中尾変さんの個展『ヘンギロッポンヘン展』に、最終日ギリギリに駆け込みで。 場所はアーポンギ(現在ではベッド・インのお二人しか使わない業界用語)の小さなアートギャラリー、「Roppongi Galleria(六本木ガレリア)」 わかりにくい場所だとは思って来た…

大衆キャバレー ニューヤナギヤ #Miwa Marvelous #Odile

テクノ歌謡を得意とするガールズ・ユニット「ジェットプール(JET POOL)」時代からのファンである、Miwa(Miwa Marvelous @MIWAms)さんのパフォーマンスを観に、渋谷の LOFT HEAVEN へ。 こちらはかつて、シャンソン歌手の戸川昌子さんが創設した伝説のサ…

師走。 塙興子さんとか、kahoさんとか

師走。12月29日。慌ただしいなか、塙興子さんの作品を鑑賞したくて板橋はカフェ百日紅へ。 塙興子さんを知ったのは、もともと百日紅さんのツイッターにて。 ネット上で初めて観た塙さんの細密画作品『無明に捧ぐ』、最初はちょっとグロい印象だったが、観る…

「ベッド・インと踊ろう! ~恋するマハラジャ SUPER BEAT~」at MAHARAJA ROPPONGI #ベッド・イン

ベッド・インのワンマンおギグ「ベッド・インと踊ろう! ~恋するマハラジャ SUPER BEAT~」に。場所は MAHARAJA ROPPONGI バブル時代の象徴と言える高級ディスコチェーン、マハラジャ。ベッド・インのライブ会場でここより相応しい場所があろうか?というく…

ジム・ハットン『フレディ・マーキュリーと私』

絶賛上映中・・というか、いったいいつまでやるの!?くらいロングラン・ヒットになっている『ボヘミアン・ラプソディ』。 劇中にも登場した、フレディの最愛の恋人であり、彼を最後まで看取ったというジム・ハットンがフレディとの生活を綴ったという本書、…

ASUKA(明日華) MATTEL社製フィギュア レビュー

プロレスには暗いので最近まで全然知らなかったんだけど、世界最大手のプロレス団体「WWE」で、本国アメリカはおろか世界中で大人気だという女子プロレスラー「ASUKA(明日華)」選手。 そんなASUKA選手のフィギュア。 WWE Elite Collection Asuka Series 47…

「辛酸なめ子×武田砂鉄 『いま』の言葉が生まれるとき」 at 本屋B&B #辛酸なめ子 #武田砂鉄

下北沢は本屋B&B。 辛酸なめ子×武田砂鉄 「『いま』の言葉が生まれるとき」『現代用語の基礎知識 2019』(自由国民社)刊行記念 『現代用語の基礎知識 2019』の刊行を記念した、辛酸なめ子さんと武田砂鉄さんのトークイベント。会場は満員御礼。 ハッキリ言…

『まぼろしの市街戦』4Kデジタル修復版 感想

あの町山智浩氏のオールタイムベスト作品でもあり、多くのサブカル系の方々の間でもとても評価が高い作品。かねてから一度観てみたいと思っていたところ、この度、4Kデジタル修復版で公開されるということで、平日の朝っぱらから渋谷のアップリンクまで出向…

figma 横山光輝 三国志 関羽 レビュー

日経電子のバーーーーーーン! 久しぶりの figma 横山三国志の関羽。 やはり、こんなフィギュアを販売できるのはfigmaくらい。 付属品だが、figmaのことだから、「むむむ」とか「げえっ」の吹き出しパネルなどが付いてくると思っていたが、さすがにそこまで…

【スポンサーリンク】