okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

アーネスト・クライン『アルマダ』

『レディ・プレイヤー1』の原作者アーネスト・クラインの2作目になる小説『アルマダ』。 Amazonレビューでもラノベと揶揄され、確かにストーリーにはヒネりも少なく、キャラクター造形も『レディ・プレイヤー1』ほど深くはないが、さすが筋金入りのギーク…

『スカイライン -奪還-』 感想

2011年に日本公開された『スカイライン -征服-』。 当時のハリウッドでは、突如地球に侵略してきたエイリアンとアメリカ軍との戦闘を描いたSF映画が流行っており、『世界侵略: ロサンゼルス決戦』とか『バトルシップ 』など。本作もその流れの1作品で、どれ…

『没後50年 藤田嗣治展』 at 東京都美術館

行こう行こうと思いつつ、やっと会期終了日前日というギリギリで滑り込めた。 東京都美術館。 しかも3連休の中日の日曜日。混雑は必至と思われ、なるべく早めに行こうと10時前には到着。時間が早かったせいか、まだ10分待ち程度で済んだのは幸いだったのかな…

『愛と法』 感想 #愛と法

どうしてこの作品を観に行ったのかというと、TOKYO MXの朝の情報番組「モーニングCROSS」にゲストで出演されていた弁護士の南和行さんのキャラクターがとても魅力的だったから。 南さんは、同じく弁護士の吉田昌史さんと弁護士事務所を経営なさっているのだ…

『ゼイリブ』 感想

鬼才ジョン・カーペンター監督の『ゼイリブ』。1988年初公開の作品で、今年は公開30周年にもなるという。そしてそれを記念し、HDリマスターで再編集してリバイバル上映されたのが今回のイベントらしい。しかもこの再編集にはかなりお金をかけたそうで、その…

根本敬の映像夜間中学 渋谷アップリンク #根本敬 #まんしゅうきつこ

渋谷アップリンクで、なんと18年間も開催されているとう、特殊漫画家である根本敬先生の映像夜間中学。こんなイベントが長年、毎月開催されていたとは、今の今まで全く知らなかった。 たまたまアップリンクのサイトをチェックしてたら気付いて、なんと、まん…

ミニチュアハンドメイドキット『ミニチュアット(Miniature’t)』「ロマンチックな街角」 レビュー

ヨドバシカメラのホビーコーナーをうろうろしてたら、たまたま目に入ったこの商品。完成品がショーケース内に綺麗にディスプレイされて、つい目が釘付けに。ドールハウスが好きな(と言っても1つも持っていないけど)妻が珍しく食いついて、自分で作ってみた…

「ラスプーチンとBol'sheviki」 at 悠日カフェ #マンタム #牧田恵実

宇都宮の悠日カフェで9月20日から9月30日まで開催されている「ラスプーチンとBol'sheviki」展に行ってきた。 宇都宮はクライアントの企業があるので仕事では度々訪れていたが、プライベートで来るのは今回が初めて。仕事では大宮駅から東北新幹線を利用して…

「平成終了まで残り半年! 31年間のモヤモヤを語る会」」 at 本屋B&B #爪切男 #ぱいぱいでか美 #宮崎智之

爪切男×ぱいぱいでか美×宮崎智之「平成終了まで残り半年! 31年間のモヤモヤを語る会」 おなじみの下北沢は本屋B&B。 タイトル通り、残すところあと半年となった「平成」について語る会ということだ。進行はおなじみの紐野義貴さん。 今回は、最近「はぁちゅ…

threezero スピーシーズ 種の起源/シル レビュー

「スリーゼロ ああthreezero スリーゼロ」思わず一句詠んでしまうほど、スリーゼロだよ。 ホットトイズではまずチョイスしない渋めのキャラクターをリリースするそのセンスはアッパレ!なんだけど、クオリティは喝だ!大喝だ! いかにもB級っぽい作りながら…

『ザ・プレデター』 感想

『エイリアンVSプレデター』という映画が製作される、と聞いたときはさすがに驚いた。エイリアンもプレデターも、名作SF映画のあまりにも有名なクリーチャーだ。それを、「キングコング対ゴジラ」みたいに軽い感じでヴァーサスさせちゃって、ハリウッド映画…

ブッダマシーンパーティー at 新宿サナギ #光と音のハオハオハオ

光と音のハオハオハオさんのイベント「ブッダマシーンパーティー」へ。 場所は新宿駅東南口、甲州街道の高架下にある「サナギ新宿」 お店の前はよく通りかかるものの、入ったことがなかったのでこれは丁度よい機会。 オシャレなアジアンテイストの居酒屋さん…

「情報処理安全確保支援士」にクラスチェンジしてみた ~ 集合講習 受講編

新橋の某セミナー会場にて開催された「情報処理安全確保支援士」の集合講習に行ってきた。地方は休日も開催されているらしいが、東京は平日のみの開催スケジュール。なので当日は会社を休んで参加した。講習費用の8万円は自腹なんだから、せめて会社くらい休…

『アントマン&ワスプ』 感想

「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の数ある作品群のうちで、何度も観たいと思える作品は以下の3作品くらい。 『アイアンマン』(2008年公開) 『インクレディブル・ハルク』(2008年公開) 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジ…

お座敷猥唄の会 at カフェ百日紅 #夏のムンムン熟女まつり

昨年の9月に開催された大好評企画「秋の熟女まつり」から、はや1年。 板橋はカフェ百日紅(ひゃくじつこう)さんで、2018/8/16(木)から昨日9/3(月) まで開催されていた「夏のムンムン熟女まつり」のお愉しみイベント、「お座敷猥歌の会」に伺わせていただい…

HOTTOYS 『ワンダーウーマン』ワンダーウーマン(トレーニング・アーマー版) レビュー

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』版のワンダーウーマンのヘッドだが、半開きな口元がちょっと間が抜けてて、ガル・ガドット感があまりなかった。 なので、『ジャスティス・リーグ』版のワンダーウーマンに期待しつつ、『BvS』版は早々にヤ…

『吐夢のマル秘ダイエット手帖』発売記念 「真夏のダイエット(orリバウンド)歌謡ショー(仮)」 at 東京キネマ倶楽部 #宮崎吐夢

割と早めにチケットを入手したつもりだったのに、整理番号は300番代だったので「?」ってなった。300番代から始まる整理番号かな?などと呑気に構えて鶯谷の東京キネマ倶楽部に着いたらすっごい行列で、会場内も、あれよあれよという間に立錐の余地もないく…

『さようならCP』 感想 #原一男

前夜に引き続き、またも、いそいそと渋谷アップリンクまで原一男監督に会いに行ってきた。 当夜のプログラムは『さようならCP』。原監督の記念すべき初監督作である。 ”CP”といってもコストパフォーマンスとかのことではない。”Cerebral Palsy” = 脳性麻痺 …

『極私的エロス・恋歌1974』 感想 #原一男

渋谷アップリンクにて、8月4日から8月24日まで開催されている、原一男監督特集「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」。 前回は『ゆきゆきて、神軍』を鑑賞したが、今回は1974年の作品である『極私的エロス・恋歌1974』。もちろん、本作終了後の監…

「情報処理安全確保支援士」にクラスチェンジしてみた ~ オンライン講習C 受講編

1年以上も前に、2万円強の費用(自腹)と手間ヒマをかけて登録申請した「情報処理安全確保支援士」という国家資格。 年2回実施される資格試験を受験せずとも、過去の「情報セキュリティスペシャリスト」試験の合格者であれば、カネ(と手間)さえ積めば登録…

『幻獣神話展Ⅴ 遥かなる憧憬との対峙』 #牧田恵実 #スクリーミング・マッド・ジョージ #マンタム #森園みるく

昨年に引き続いて、東京交通会館のゴールドサロンにて開催中の『幻獣神話展Ⅴ 遥かなる憧憬との対峙』に行ってきた。 アーティストであり古物商でもあるマンタム氏が、作品の出展のみならず、本イベントの企画もされているということを最近初めて知った。 な…

伊豆別視点ツアー! #まぼろし博覧会 #別視点ツアー

なぜか久しぶりに、8年前に刺殺された村崎百郎氏のことをネットで調べていたら、奥様の森園みるく先生が事件前後の出来事を描いた実録コミックが出版されていることを知り、購入して読んでみた。すると森園先生は、最近ネット上でやたらと話題の珍スポット「…

『ゆきゆきて、神軍』 感想 #ゆきゆきて、神軍 #原一男

台風13号がまさに関東に上陸せんとしている本日、渋谷はアップリンクへ、『ゆきゆきて、神軍』を観に行ってきた。 8月4日から8月24日まで開催されている原一男監督特集「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」。 本作を劇場で観るのは初上映から数…

「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」 at 国立新美術館

国立新美術館で開催されている「ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」 へ。 会期は 2018年5月30日(水) ~ 2018年9月3日(月) ということで、なんだかんだで開催されてから2か月も経ってるのか。 月曜日の午後。開催当初は平日はそれ…

NEOGEO mini 買っちゃいました

話題の「NEOGEO mini」、実はSNKの「ネオジオ」なんて当時まったく興味が無く、収録されているゲームもほぼやったことがないにも関わらず、筐体がアーケードゲーム機のような可愛い形状で、かつ税込みでも12,420円と割と安価だったため、Amazonで予約してみ…

『スターリンの葬送狂騒曲』 感想

世界三大大量殺戮者のなかで、ヒトラーを抑えて堂々2位のスターリン(1位は毛沢東)。まさに、息を吐くように人を殺した独裁者。そのスターリンの死の直後、側近たちが次の権力者の座を狙って密かに策略を巡らす様を描いた作品。 スターリンの死とその裏側で…

台湾の可愛いお土産たち @abeno_kirby_v

ツイッターで相互フォローさせてもらっている、@abeno_kirby_v さんから、「台湾旅行のお土産を買ったので発送します。ご夫婦でご笑納ください」との連絡を頂いた。 彼女(たぶん女性)が台湾旅行中、ツイッター上で戯れにお土産をリクエストしたら本当に買…

ブッダマシーンを求めて西荻へ ~ ふたたび #光と音のハオハオハオ

台風一過の翌日ながら異常に湿度が高くて蒸し暑い日曜日の午後。昨年に引き続き今年も、西荻窪の井荻會館に訪れた。 こちらで開催されているフリーマーケットに今年も「光と音のハオハオハオ」さんが出店されているのが訪れた理由だが、今回の一番の目的は実…

HOTTOYS 『アイアンマン』アイアンマン・マーク2 レビュー

そもそも初めて購入したホットトイズの商品が、2009年に発売されたアイアンマン・マーク2だった。 当時は、たかだかフィギュアに2万円も出すことが自分自身でもありえないことと思ったし、妻とは何度も家族会議で検討を重ね、まさに清水の舞台が飛び降りるつ…

projectBM! 鳴海荘吉 レビュー #吉川晃司

メディコムトイとバンダイのコラボ商品である、projectBM!シリーズのNo.55吉川晃司が演じる「鳴海荘吉」のフィギュア ヤフオクで新品未開封品が安価で出品されていたので入札したが、やはりメディコム・ライダー商品の未開封商品は今でも人気が衰えず、結局…

【スポンサーリンク】