okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

映画

『メッセージ』 感想

『メッセージ』を観に行ったという、行きつけの美容院のスタッフYさんによると、作品自体も面白かったが、監督は、あの『ブレードランナー』続編の監督でもあるとのこと。 ならば、今年の10月末に公開予定の『ブレードランナー 2049』の良し悪しは本作を観る…

『おじいちゃんはデブゴン』 感想

新宿駅東口周辺をプラプラ歩いてたら、いきなり香ばしすぎる映画タイトルが目に飛び込んで来た。 『おじいちゃんはデブゴン』 タイトルはほのぼのしてるのに、なんでR-15指定?そんで、なんでミニシアターで上映してるの? 様々なクエスチョンが浮かぶが、こ…

『美女と野獣』 感想

どうせディズニーのアニメ版をストーリーそのまま実写化しただけでしょ? 大ヒットしたディズニーアニメを最新のCG技術で実写化しただけで、大ヒットしたハリー・ポッターの英国女優をヒロインに起用して話題作りしただけでしょ? TOHOシネマズ新宿で。 上映…

『イップ・マン 継承』 感想、怪鳥音付き!

アチャー!立川シネマシティにて『イップ・マン 継承』を観てきました。 こちらには初めて訪れましたが、ロウソクみたいな座席の照明がとってもキレイな劇場内で、なかなか素敵な映画館。 しかも「極上爆音」上映。 極爆上映でカンフー映画を鑑賞する必要性…

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 感想

ネットは広大だわ・・・・・・ 初めて予告編を観たとき、「あ、これ。まんま攻殻機動隊だわ・・・。何コレ、この再現度、やばい。。」 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告 本日劇場で観るまでは、面白いハリウッド映画であることを微塵も疑ってなかった。ま…

『ハードコア』 感想

一度殺されて過去の記憶を無くした謎の男、ヘンリーが人体の一部をサイボーグ化されて蘇り、自分をサイボーグ化して助けてくれた「妻」と名乗る謎の女性を救うため、なぜか自分をサポートしてくれる謎の男の協力を得ながら、謎の組織と死闘を繰り広げるとい…

『ねぼけ』&『恋の手本』 感想

こんにちは! 今月末に引越しを予定しており、本来であれば荷造りに明け暮れるべき週末なんですが、たまには気分転換。 昨日はお日柄もよく、絶好の行楽日和。 金沢21世紀美術館 | シアター21で1日だけ上映された『ねぼけ』と『恋の手本』を観に行ってきまし…

『沈黙 -サイレンス-』 感想 ちょっとネタばれあり

こんにちは! 「パードレは決して余に負けたのではない」「この日本と申す泥沼に敗れたのだ」 蜘蛛男、ジェダイ・マスター、暗黒面(ダークサイド)に堕ちた男、マイティ・ソーの側近、歌舞伎町のヤクザマンションを大混乱に陥れたジジィ、死のダイブから生還…

『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』 感想 4DXすげェ!

こんにちは! マッドマックスのモノクロ版を観たいと妻に言ったら、そんな1度映画館に観に行った映画を、しかもモノクロなんかで観たくないわ!と即座に却下されました。まぁ想定内の反応。 ただ、今回の上映は4DX版。 お互い4DXは未体験だし、「それならば・…

『ドント・ブリーズ』 感想

こんにちは! 『この世界の片隅で』と同様、派手なプロモーションも上映館も少ないながら、口コミで話題となった本作。 しかしながら金沢市内ではどこも上映されず、しょうがないから隣県まで観にいこうか・・・と思った矢先に、ようやく県内のシネコンでも上映…

やっと観れた! 『この世界の片隅に』 感想

こんにちは! 映画館では可能な限りお気に入りの席で観たい。(最後列の真中)騒がしい客、上映開始後にノンビリ入場してくる客がいたらストレスはMAXに!アフロヘアーが映画館に足を踏み入れたら射殺していい法律が必要と思っている。 そんな神経質な自分な…

これぞスター・ウォーズ  『ローグ・ワン』 感想

こんにちは! J・J・の耳元で「あんたバカァ?」と101回くらい囁きたいほどのダメダメ映画、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ・・・できることなら無かったことにしてもらいたい新シリーズでしたが、今回のローグ・ワン、スピンオフ作品でありながら、この…

『インフェルノ』 感想

こんにちは! ダン・ブラウン原作の人気シリーズ「ロバート・ラングドン」シリーズの第4作。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の『インフェルノ』、やっと観てきました。 おっと。 こっちは『インフェルノ』じゃなくて『グリーン・インフェルノ』だった…

『GANTZ:O』 感想

こんにちは! 本日、『GANTZ:O』を観てきました。 今日が上映最終日で、しかも1日1回のみ上映なのでギリギリの鑑賞。 昔、初めて原作コミックの1巻を読んだときは、ありがちで強引な設定、いかにもなヴァイオレンス描写、そして女性キャラの巨乳をこれでもか…

『君の名は。』 やっと観てきました!

こんにちは! 遅ればせながら、やっと話題作『君の名は。』を本日観てきました。 アニメなんて嫌いなので当初から興味は無かったのですが、行きつけの映画館のポイントが貯まって無料鑑賞できることに気付いて、「しめしめ」とばかりにタダで観てきました。 …

『スター・トレック BEYOND』 感想

こんにちは! 昨日、『スター・トレック BEYOND』を観てきました。 リブート版スター・トレックも既に3作目。 今回も、カーク船長と愉快な仲間達の大冒険で楽しませてもらいました。そして今作も、ザカリー・クイント演ずるミスター・スポックが美しい。 な…

『高慢と偏見とゾンビ』 感想

こんにちは! 高慢と偏見とゾンビ。 志村けん&研ナオコの定番コント「ご飯にする?お風呂にする?・・・それとも寝る?」的な三段落ちっぽいタイトル、とてもいい。 数あるゾンビ映画のなかでも、なかなかパンチの効いたタイトル。 もうタイトルと、18世紀英国…

あかん、今日はもうハーレイクインの事しか考えられない。

こんにちは! あかん、今日はもうハーレイクインの事しか考えられない。 pic.twitter.com/XT76IZuQYK — かっぴー(SNSポリス・おしゃ子発売中) (@nora_ito) 2016年9月11日 漫画家・かっぴーさんのつぶやきと同じく、このハーレイ・クインのキュートなビジュ…

IMAX版『シン・ゴジラ』を観てきた

こんにちは! 昨日、またも『シン・ゴジラ』を観にいってきました。 夫婦で同じ映画を2回も観にいくのは初めてでしたが、この空前の『シン・ゴジラ』祭りに乗らなきゃソン正義、ってことで、またも新宿は歌舞伎町へ。 なんか、TOHOシネマズ新宿で映画を観る…

ややや、ケッタイな! 『ゴーストバスターズ』 感想

こんにちは! ここ何週間か、ゴジラのメイン・テーマが常に勝手に脳内再生されてて非常に困ってたのですが、先週からはレイ・パーカーJr.の『Ghostbusters』が頭から離れない・・・ 主要キャストを女性にしたリブート版の『ゴーストバスターズ』。 しかもバスタ…

『シン・ゴジラ』 感想

こんにちは! 以前にも書きましたが、ゴジラには全く興味がなく、ちょっと前までは絶対に観にいくつもりはなかったのですが、(ポケモンGOほどではないにせよ)あまりにも社会現象となっており、ツイッターでも絶賛の嵐。 okureje.hatenablog.com ま、『ゆき…

『帰ってきたヒトラー』 感想

こんにちは! (参院選の投票にも行かず)TOHOシネマズ 新宿にて、話題作『帰ってきたヒトラー』を観てきました。 そして、さすが大東京。そして新宿。 どちらかというとマイナーな作品が満員御礼になってしまうこと、地方ではありえないので、驚きました。 …

『デッドプール』 感想

こんにちは! 話題のマーベル・アメコミ作品『デッドプール』を観てきました。 日本ではR-15指定(15歳未満鑑賞不可)。 アメコミ作品では珍しいセックスシーンあり、下ネタや差別表現も多く、首チョンパや脳漿炸裂などヴァイオレンスシーンも満載。挑戦的…

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 感想

こんにちは! 本日、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観てきました。 いやーそろそろお腹いっぱいになってきました。 アベンジャーズとかアイアンマンとか・・・ ★★★★★ アイアンマンやアベンジャーズはもうええわ それではー シビル・ウォー/キャプ…

『箱入り息子の恋』 感想

こんにちは! 妻が『箱入り息子の恋』のノベライズ小説を読んで号泣したと言うので、「え?あの映画って泣ける話だったの?」と思って読んでみたらこれがまた泣けました。(゜-Å) ホロリ 箱入り息子の恋 (ポプラ文庫 日本文学) 作者: 市井昌秀,今野早苗 出版…

鈴木英雄がそこにいた・・・ 『アイ アム ア ヒーロー』 感想

こんにちは! 本日、花沢健吾原作・佐藤信介監督作『アイ アム ア ヒーロー』を観てきましたが、結論からいうとズバリ、凄い作品でした。 日本のゾンビ映画、スペクタクル映画もここまで来たか・・・ という感慨ひとしお。 まさに、邦画ゾンビ史上最高傑作であ…

『サウルの息子』とサクラ

こんにちは! 金沢でも桜が咲き誇っており、お花見には絶好の日和となりました。 というワケで、見事な金沢市内のサクラを紹介しつつ、お目出度いサクラとは真逆、どんよりホロコーストな映画、『サウルの息子』も観てきましたので感想などを。 舞台は第2次…

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 感想

こんにちは! 古くは『キングコング対ゴジラ』や『フランケンシュタイン対地底怪獣』、『エイリアンVSプレデター』、『ルパン三世VS名探偵コナン』。変り種としては『プレスリー VS ミイラ男』、『巨乳ドラゴン 温泉ゾンビ VS ストリッパー5』など。 数々のV…

ツイッターの煽りに乗って、うっかり『セーラー服と機関銃 -卒業-』を観てきたんだが

こんにちは! 『ちはやふる』や『黒崎くんの言いなりになんてならない』などのアイドル映画が興行収入も高く好調のなか、「1000年に1度の大コケ」と言われ、歴史的大爆死と評判の『セーラー服と機関銃 -卒業-』を観てきました。 劇場で初めて本作の予告編…

『ヤクザと憲法』 感想

こんにちは! 本日、『ヤクザと憲法』を観てきました。 本作は指定暴力団「二代目東組」の二次団体である「二代目清勇会」の組事務所にカメラが入って、実に100日間も密着して組員の日常を写したドキュメンタリー作品です。 製作は東海テレビで、本作は最初…

『ヘイトフル・エイト』 感想

こんにちは! 公開初日(2月27日)に『ヘイトフル・エイト』を観て来ました。 わざわざ公開初日に駆けつけた・・・というより、たまたま出張で埼玉県にいるので、さいたま新都心はコクーンシティ内の「MOVIXさいたま」で映画でも観るぞ、この野郎!ってことで上…

『東京物語』 感想

こんにちは! 昨日、「新・午前十時の映画祭」で上映中の、『東京物語』を観てきました。 日本映画の最高傑作とも謳われる『東京物語』。 昨年、原節子さんがお亡くなりになったこともあってかお客さんの入りも好調。 「白黒映画は苦手」と言い、ストーリー…

『オデッセイ』 感想

こんにちは! 昨日、リドリー・スコット監督作、マット・デイモン主演の『オデッセイ』(原題:The Martian)を観てきました。 原題は原作小説と同様で、小説の邦題は『火星の人』ですが、さすがに映画の邦題を『火星の人』や、ましてや直訳して『火星人』な…

やくざと芸能界、吹けば飛ぶよな男だが

こんにちは! 書店で妻が立ち読みしていた本を何気なく覗いたらなんとなべおさみ著『やくざと芸能界』! やくざと芸能界 (講談社+α文庫) 作者: なべおさみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/12/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る あの話題…

『FOUJITA』 感想

こんにちは! 昨日ですが、小栗康平監督作品『FOUJITA』を観てきました。 主演がオダギリジョー、中谷美紀という、いかにもなキャスティング。日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた作品ということで、こんな感じのお話を想像していました。 東北のど田舎から…

これはヒドい! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 駄作っぷりがパネェ! 呆れるほどつまらない!

こんにちは! 年の瀬も押し迫って慌しいこの頃。 スター・ウォーズは逃げるワケで無し。 年末年始のお休みにゆっくりと鑑賞すればいいじゃないか。 なので他の人にはさんざん「慌てて観にいくな」とか「出かけるのをやめなさい」などと言ってましたが結局、冬…

『ラストエンペラー』 感想

こんにちは! 昨日、「新・午前十時の映画祭」で上映中の、『ラストエンペラー』を観てきました。 世間は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』一色。スター・ウォーズ休暇を取ってまで公開初日に駆けつける慌て者も多いと聞きますが、、、 スター・ウォーズは…

『パープル・レイン』 感想

こんにちは! 先日『プリンス論』を読んで、やはり観るべきであると思い直し、初公開(1984年)から30年の時を経て初めて鑑賞しました。 サントラである「パープル・レイン」は本国アメリカでは既に6枚目のアルバム。デビューから6年で人気・実力とも絶好調の…

『宋家の三姉妹』 感想

こんにちは! 本日、「新・午前十時の映画祭」で上映中の、『宋家の三姉妹』を観てきました。 「午前十時の映画祭」では以前、『さらば、わが愛/覇王別姫』を観ましたが、休日の午前十時に映画館に行くのはちょっとツライ・・・ 1997年制作、香港と日本合作映画…

『百日紅』 感想

こんにちは! 評判良かったけど劇場で見逃した、原恵一監督の劇場アニメ映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』。 遅ればせながらレンタルで鑑賞したので感想を。 原作は杉浦日向子さんの漫画『百日紅』。 杉浦さんの作品は昔、『ガロ』でたまに読ん…

『ぼんとリンちゃん』 感想

こんにちは! 「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?と考えちゃう」 という今年の流行語大賞をとりそうな名言がありましたが、『ぼんとリンちゃん』…

お前らがいつまでもマックス、マックスうるさいから、Bru-lay買って観直してみたわ!

こんにちは! 日本公開から4ヶ月も経ったのに、未だにネット上では、「マッドマックス、おもしろい!」、「マッドマックス、神映画」、「ジョー!ジョー!イモータン・ジョー!」とか大騒ぎで、どいつもこいつも、うるさいったらありゃしない。 いや、確かに…

『ファンタスティック・フォー』 感想

こんにちは! 昨日ですが、ジョシュ・トランク監督作品『ファンタスティック・フォー』を観てきました。 2005年に公開された『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』と2009年に公開された『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』の前2作のリブ…

『チャイルド44 森に消えた子供たち』 感想

こんにちは! 少し前になりますが、トム・ハーディ主演の『チャイルド44 森に消えた子供たち』を観ました。 実際に1970年代から90年代にウクライナで起きた、52人もの女子供が殺害された「チカチーロ事件」から着想を得たアメリカの人気ミステリ小説が原作で…

カナザワ映画祭2015 爆音メル・ギブソン

こんにちは! 本日、金沢駅近く、2001年に閉館した懐かしの旧ロキシー劇場で開催されている、「カナザワ映画祭2015 爆音メル・ギブソン」より、『アポカリプト』&『宇多丸×高橋ヨシキ トーク』に行って参りました。 時間とお金と体力が許せば、全てのプログ…

『アントマン』 感想

こんにちは! 本日、マーベル・コミック映画『アントマン』を観てきました。 妻は見るからに嫌がっており、「”アントンマン”なんて観たくない」とか言い出す始末ですが、とりあえず「アントン」じゃなくて「アント」で、「アントン」はアントニオ猪木のニッ…

お前らマッドマックスすげぇ!とかいつまでも言ってんな、キングスマン観にいけ

こんにちは! 本日、マシュー・ボーン監督作『キングスマン』を観てきました。 妻は見るからに嫌がっており、「もう”マン”の付く映画は観たくない」とか言い出す始末ですが、とりあえず”~マン”と付いているけどアメコミ映画ではなくスパイ物である、とだけ伝…

『グローリー/明日への行進』 感想

こんにちは! クエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ 繋がれざる者』は、19世紀南部の元黒人奴隷の復讐劇であり、逆マカロニ・ウエスタン作品です。 前作の『イングロリアス・バスターズ』と同様、歴史上の実在の極悪人(ヒトラーとナチス、19世紀北…

『マルコムX』 感想

こんにちは! キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・Jr.)を描いた『グローリー/明日(あす)への行進』を観にいくつもりです。 それじゃ、同じ公民権運動時代に活躍したマルコムXについておさらいしておけ!ってことで、スパイク・リー監督、デンゼル…

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 感想

こんにちは! ちょっと前になりますが、『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』を観てきました。 沖縄の米軍基地移設問題に反対する人たちの行動を、昨年2014年12月の沖縄県知事戦をクライマックスに描くドキュメンタリー映画です。 辺野古問題については全…

【スポンサーリンク】