okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

kindle 期間限定無料コミック ベスト10

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は相変わらずの寝正月でした。

【乞食速報】ではないですが、この冬の正月休みは、kindleの「コミック 期間限定 無料お試しキャンペーン」の無料コミックで楽しませてもらいました。

※なおこの↑キャンペーン作品は、ダウンロード後、2014年1月7日 18時以降は利用できないそうなので、これ以降も読みたい場合は有料で購入し直しとなりますので注意が必要です!


普段は読む機会がまったく無いコミック作品の、私的ベスト10です。
さて、この中で、続巻をお金払ってまで欲しくなるような作品があるでしょうか??
(1部、期間限定キャンペーン外の無料作品も含んでいます)


★圏外 「ヤマトナデシコ七変化 (1)」

ヤマトナデシコ七変化

 豪華な洋館での、美少年4人と根暗少女の奇妙な共同生活を描いたドタバタコメディ。
 典型的な少女マンガって感じですね。
 やはり男性が読むと気恥ずかしくなります・・
 ジャニタレでドラマ化されたそうですね。

 ※なお、本作は期間限定作品ではないため、無料期間中に
  ダウンロードしてしまえば、今なら0円で入手可能です。

★10位 「天上天下 カラー版 (1)〜(3)」

天井天下

 いかにも2次元好きが好みそうな美少女ヒロインたちが闘ったりエッチなシーンがあったりの「学園バトル」モノ。
 作画はキレイなんですが・・正直ちょっと苦手な感じでした。
 OVAだけじゃなく地上波でもアニメ化されたそうですね。
 
★9位 「うしおととら (1)〜(3)」

うしおととら

 少年(うしお)と妖怪(とら)が妖怪退治の「槍」を武器に、様々な妖怪たちと戦っていく伝奇マンガ。
 いかにも少年漫画の王道!みたいな。
 OVAだけじゃなくゲーム化もされたそうですね。
 
★8位 「鉄腕バーディー(1)〜(4)」

鉄腕バーディー

 宇宙からやってきたナイスバディな女性捜査官と地球の少年が主人公のSF作品。
 これも作画はキレイなんですが、ちょっと薄い感じかな。。
 OVAやらテレビアニメやらドラマCDやらのメディアミックス作品だそうです。

★7位 「土竜の唄(もぐらのうた) (1)〜(3)」

土竜の唄

 ちょっとエッチだけど正義感の強い警察官が、武闘派暴力団の組長を挙げるために潜入捜査官(もぐら)となって活躍する警察?任侠?モノ。
 高橋のぼる(作者)と言えば、大西”漫ぶらぁ〜”祥平が原作の『警視正大門寺さくら子』が好きでしたが、本作もハチャメチャでオモロかったです。
 もうすぐ、三池崇史監督作の映画化作品が公開されますね。
 
★6位 「闇金ウシジマくん (1)〜(3)」

闇金ウシジマくん

 10日5割の超暴利な闇金業者の丑嶋馨(主人公)を軸に、闇金の社員や客などの様々な人間模様を描いた社会派マンガ。
 『ナニワ金融道』の絵を今風にして、更に現代風な闇金業者をダークに描いたような作品で、なかなか読み応えがありました。
 山田孝之主演でドラマ化、映画化されたそうですね。

★5位 「医龍 (1)〜(3)」

医龍

 大学病院を舞台に、天才的な外科医を主人公として日本の医療の様々な問題点を取り上げる医療マンガ。
 無料の電子書籍の先がけ『ブラックジャックによろしく』よりもライトで、かつ読みやすく、なかなか面白かったです。
 これもドラマ化されているそうですね。

★4位 「JIN ―仁― (1)」

JIN

 なぜか幕末にタイムスリップした脳外科医が、近代的な医療道具がまったく無い環境で、現代の医学知識を駆使して江戸の市井の人々を救うために奔走するSF医療マンガ。
 大好きな、手塚治虫の『陽だまりの樹』をちょっと思い出しました。
 出来ることなら(無尽蔵にお金があれば)、すぐに続きを読みたい作品でした。
 これもドラマ化されてますよね。

★3位 「岳 (1)〜(3)」

岳

 山岳救助ボランティアの島崎三歩が、県警の山岳遭難救助隊のメンバー達と様々な遭難者の救助を行う山岳人間ドラマ。
 雪山遭難のニュースを見るにつけ、正直「自己責任!いちいち税金使って救助活動させるな!この迷惑者!」って思ってましたが、本作の主人公は、どんな遭難者も命がけで救助し、かつ助けても恩着せがましいことも非難がましいこともまったく言わない。
 とにかく笑顔で(死体にも)、「よく頑張ったね。」。「また山に来てね」。
 これしか言いません。 ・・何度、目から水が溢れて困ったことか・・
 ただ、基本的に同じ話(遭難→救助→良く頑張ったね・・)の繰り返しなので、そういう意味では起伏がなく、続巻を読みたくなる欲求は薄い感じがしました。
 これも、小栗旬が主演で映画化されてましたね。


★★★★★

★2位 「バンビ〜ノ! (1)〜(3)」

バンビーノ

 「バンビーノ」は、イタリア語で赤ん坊、男の子の意味。
 福岡在住の大学生が青山の一流イタリアン「バッカナーレ」でバイトし、一流店の厳しさにどん底まで凹みながらも、地元は博多の大学も彼女も捨てて自ら厳しい一流調理人の世界飛び込んでいく・・
 イタリア料理店のセリフの殆どがイタリア語。
 イタリア料理や簡単なイタリア語の勉強にもなるな、と思いました。

 しかしこれは・・漫画史に残る傑作の一つではないでしょうか!(笑)
 テキトーに中途半端な仕事してる中年リーマンにはかなり耳に痛い、熱くてリアルなプロの生き様が描かれてました。
 ホントーに出来ることなら(余剰資金が潤沢にあれば)、すぐに続きを読みたい作品でした。
 本作もジャニタレでドラマ化されたそうですね。

★1位 「のだめカンタービレ (1)」

のだめカンタービレ

 いわずと知れた、上野樹里主演のドラマでお馴染み、クラシック音楽マンガの金字塔ですね。
 (マンガもドラマも、今までは未見でしたが)
 ・・・いやー、面白い作品でしたねー

 チラっとだけテレビでやってた映画版を斜めで観たのですが、やけにウザいキャラの上野樹里の過剰な演技が印象に残ってましたが、初めて原作を読んで、もう そのマンマだったのがビックリ!
 
 クラシック曲の勉強にもなるし、なにより、「のだめ」の究極のウザキャラ振りにマイってしまって、ついつい、思わず続巻をポチってしまいました!!
 ・・無念!既に3巻まで購入済みデス (この金喰いムシめー!)
  
 ※なお、本作は期間限定作品ではないため、無料期間中に
  ダウンロードしてしまえば、今なら0円で入手可能です。


・・・ということで、本年もよろしくお願いいたします。

それではー

【スポンサーリンク】