読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

お前らマッドマックスすげぇ!とかいつまでも言ってんな、キングスマン観にいけ

映画

こんにちは!

 

f:id:okureje:20150913225307j:plain

 


本日、マシュー・ボーン監督作『キングスマン』を観てきました。

妻は見るからに嫌がっており、「もう”マン”の付く映画は観たくない」とか言い出す始末ですが、とりあえず”~マン”と付いているけどアメコミ映画ではなくスパイ物である、とだけ伝え、無理やり映画館へ。

とはいえ、予告を観てもどうも地味というか、確かに面白くなさそう。

なんせ主役はバリバリ地味な英国紳士のオッサンですからね。

 

f:id:okureje:20150913225308j:plain



いくら傑作『キック・アス』の監督だからって、今回ばかりは失敗じゃないのか・・・

 

同じく傑作『マトリックス』をものしたウォシャウスキー姉弟(元・兄弟)の満を持した最新作が『スピード・レーサー』で、全世界の一同コケる、みたいになりそうな感じ・・・

 

舞台はロンドン。
どの国家にも所属しない私設の国際諜報組織・キングスマンと、悪のIT企業社長との死闘を描くスパイアクションで、主演は『英国王のスピーチ』で、まさにキング・オブ・ジェントルマンを演じたコリン・ファース、敵役はお馴染みのサミュエル・L・ジャクソン
原作は『キック・アス』のマーク・ミラー(マシュー・ヴォーンが共同原案)が描くコミックです。

 

f:id:okureje:20150913225309j:plain

 

 

多少の不安を抱きながらの鑑賞でしたが、杞憂でした。


スピーディーなストーリー展開がイケイケ!
ガン=カタ」ばりのガン・アクションはキレキレ!
数々の名作のオマージュに泣き泣き!

 

まさに三拍子揃った、マシュー・ボーン節が炸裂する傑作です。


これぞエンターテインメント映画。

 

観て損はない素晴らしい作品なので、是非みなさんに観て欲しいのですが、いかんせん、広告するとなると切り取った素材が地味過ぎて、訴求力がないのが残念。

 

予告動画も作品のクオリティに負けてるんだよな・・・

 


映画『キングスマン』予告編 - YouTube

 

これは、是非「バーグハンバーグバーグ」さんにプロモーションして欲しい作品です。

 

f:id:okureje:20150913225310j:plain

 


★★★★★

 


本作は「007」のオマージュ作品。

監督のマシュー・ボーンと原作のマーク・ミラーが、現代のリアル志向な「007」がイマイチ面白くない、ということも製作の原因となったそうですが、確かに、最近のダニエル・クレイグ主演の「007」は、しゃらくさい感がハンパない!

 

アレは、つまんね。


所詮「007」なんてフィクションで漫画映画なんだから、ヘタにリアルに撮っても、却ってバカバカしいというか、中途半端というか・・・

 

で、「007」以外のここ何年かの女王陛下のスパイ物映画といえば、オースティン・パワーズや、

f:id:okureje:20150913225311j:plain

 

マーベルのクソ映画である『アベンジャーズ』じゃなくて、1998年製作の古い方で、こちらもあまり印象に残らない『アベンジャーズ』とかありましたが、

f:id:okureje:20150913225312j:plain

レイフ・ファインズユマ・サーマン主演。

イギリスTVドラマ『おしゃれ(秘)探偵』を映画化、ちゃんとラジー賞を受賞

 

古き良きロンドン・スパイ映画の決定版としては、本作『キングスマン』が最強でしょう。

 

f:id:okureje:20150913225313j:plain

やっぱスパイ映画の鉄板は、「つま先からナイフ」だ!

 

 

とにかく、本作はマジで面白いので、みなさんスクリーンに駆け付けてくださいね。


●関連記事

 

 

 

 

 

f:id:okureje:20150913225314j:plain

 


それではー

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】