読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『百日紅』 感想

こんにちは!

 

 

f:id:okureje:20151203000633j:plain



評判良かったけど劇場で見逃した、原恵一監督の劇場アニメ映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』。

 遅ればせながらレンタルで鑑賞したので感想を。

 

原作は杉浦日向子さんの漫画『百日紅』。

杉浦さんの作品は昔、『ガロ』でたまに読んでましたが、それほど熱心な読者でもなく、今回の映画化を知って慌てて、『百日紅』と『合葬』を読んでみました。

(杉浦さん没後10周年記念なのか、『百日紅』のほか 『合葬』も今年実写映画化されましたね)

 

江戸情緒溢れる原作の『百日紅』は見事な作品で、今更ながらもこの作品に触れられたことはラッキーで、これだけでも今回の映画化に感謝したいです。

 

f:id:okureje:20151203000635j:plain

  

物語は、自身も腕の良い絵師であった葛飾北斎の娘、お栄(葛飾応為)が主人公。

父の北斎と居候の善次郎(渓斎英泉)との気ままな3人暮らしを描いた作品で、物語としては大きなストーリーがあるわけではありませんが、江戸の庶民の暮らしや情緒をたっぷりと味わえる、ちょっと不思議な物語です。

 

なお原作は短編集のような構成なので、特にストーリー性やオチもない。

原恵一監督の映画化作品は、原作中のいくつかのエピソードを抜き出して、お栄の妹で、盲目で病弱な「お猶(なお)」(北斎の四女)との物語を軸として、ストーリー性を持たせた作品に仕上げています。

また原作のお栄は、愛想も悪く、どちらかというと不美人だったため、父親の北斎から「アゴ」と呼ばれていますが(実際にもそう呼ばれていたらしい・・・とんでもない親父だ)、映画ではさすがにアゴ呼ばわりもなく、ちょっと美形に描かれています。

 

さすが、「大人も泣けるアニメ」と評判だった『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』を手掛けた監督。

原作の江戸情緒が見事にアニメで表現されており、かつ、ある意味、抑揚のない原作を情感のある作品に仕上げられています。

 

 

f:id:okureje:20151203000634j:plain

 

・・・そういえば昔の邦画で、新藤兼人監督『北斎漫画』という作品がありました。

北斎を緒形拳さん、お栄は田中裕子さんが演じていた。懐かしい。

 


★★★★★

 


・・・ぶっちゃけると アニメは好きではありません。

 

現代のクオリティの高い作品と違って、私の子供時代のアニメは、明らかに子供向けの単純な作品ばかり。どうしても「アニメは子供向けの作品」という印象が刷り込まれており、アニメ作品は自動的に、実写映画より一段低いランクになってしまいますすいません。

 

しかし小中学生の頃はご多分に漏れず『機動戦士ガンダム』(ファーストガンダム)に、それはもうハマリにハマリまくって、ビデオデッキがない時代、テレビ放送の音声を毎週ラジカセで録音し(イデオンくらいまでそれやってた)、関連グッズも全部買ってましたが、さすがに高校生くらいには熱も冷めてしまった。

それから会社員になって、20代になって久しぶりにファーストガンダムを鑑賞したら、とてつもなく恥ずかしい、痛い!。

「アムロ、行きまーす!」とか、「ザクとは違うんだよ、ザクとは・・・」
・・・って・・・、痛い!痛すぎる!・・・イテテテ

 

思うに、アニメ作品や洋画の吹替えの声優さんの演技が大き過ぎて、自分的には「クサく」思ってしまうことも、アニメが好きになれない要因のひとつです。

 

最近だと、話題作だった『ゼロ・グラビティ』を仕方なく吹替えで観たのですが、・・・いやー、「友近のシガニー・ウィーバーものまねコント」みたいで、まったく気持ち悪かったです。

 

 


原恵一監督も過去、「声優の演技は大げさ」みたいなコメントをされて、アニメファンから大ブーイングを喰らったそうです。

本作も主要な登場人物は、ほぼ声優さんではなく女優さん、俳優さんを起用しています。


ただ原監督の真意は、本職の声優さんがダメだと言っているワケでなく、十分リスペクトされており、重要性も当然認識されていると思います。

「たまたま作品の表現方法がアニメだが、セリフについては抑揚のない(リアルな)表現をしたかった」だけなのかな、と感じます。

 

多くのジブリ作品でも、女優さん、俳優さんをキャスティングしており、描きたい内容によっては本職の声優さんを使用しない場合もある、ということかと思っています。
(それにしても『風立ちぬ』の主人公を映画監督の庵野秀明さんに演じさせるとは、確かに秀逸なアイデアだと驚嘆しました。)

 


★★★★★

 


アニメ嫌いではありますが、原恵一監督の『百日紅』は面白かった。既に3回繰り返して観た。

  

なお一説ではお栄さんこと葛飾応為、晩年は仏門に帰依し、加賀前田藩に扶持されて、金沢で没したとも伝えられているそうです。本当ならしみじみするな。。


もしお墓とか金沢にあったら、聖地巡礼してみたいものです。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

f:id:okureje:20151203000636j:plain

 

 

それではー

 

 

百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]

百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]

 
百日紅~Miss HOKUSAI~ (特装限定版) [Blu-ray]

百日紅~Miss HOKUSAI~ (特装限定版) [Blu-ray]

 
百日紅 (上) (ちくま文庫)

百日紅 (上) (ちくま文庫)

 
百日紅 (下) (ちくま文庫)

百日紅 (下) (ちくま文庫)

 
百日紅 ?Miss HOKUSAI? オフィシャルガイドブック

百日紅 ?Miss HOKUSAI? オフィシャルガイドブック

 
百日紅 上・下 全2巻セット (ちくま文庫)

百日紅 上・下 全2巻セット (ちくま文庫)

 

  

あの頃映画 「北斎漫画」 [DVD]

あの頃映画 「北斎漫画」 [DVD]

 

 

 

 

【スポンサーリンク】