okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『シン・シティ 復讐の女神』 感想

こんにちは!


オープニング



昨日、『シン・シティ 復讐の女神』を観てきました。

ポスター


前作から9年ぶりの続編になります。

『シン・シティ』はコミック原作の実写表現を、よりコミック的なビジュアルで映像化した画期的な作品で、当時は衝撃的でした。

今作はそのコミック的描写・演出がよりパワーアップされており、映像的には見事でしたが、ストーリー的にはそれほど真新しさありませんでした。
また前作のベニチオ・デル・トロみたいなクセのある俳優もいなかったので、全体的にはちょっと物足りない出来かな、とは思いました。

ベニチオ・デル・トロ


ただ、ミッキー・ローク演ずるマーヴについては、前作では少し重いキャラクターだったのが、本作では単純に暴力を楽しむ能天気キャラで描かれていたため、観てるほうも単純に楽しめました。

ミッキー・ローク

もはや役者の原型がさっぱりわからない特殊メイク


★★★★★

でも見事な脱ぎっぷりのエヴァ・グリーンでしたが、

エヴァ・グリーン1


本作では「脱ぎっぷり」どころの話ではなく、出演シーンの8割は素っ裸。
ヌードのありがたみすら忘れさせるほどの裸族ぶりでした。

エヴァ・グリーン2



レディ・ガガはちょいの間出演でしたが、”さすがガガ様”な印象を残す役柄でした。

ガガ様



なお今回、ミホ役は妊娠中ということでデヴォン青木じゃなかったのがちと残念


前作でマヌート役を演じていたマイケル・クラーク・ダンカン、そういえば2012年に亡くなったんですよね。




クリストファー・ロイド

バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクとは
パンフを読むまで全然気付かなかった!


パンフ

結局パンフレットも購入


映画を観終わって劇場から出ると、同じ時間に上映していた『ベイマックス』を観終わった観客が大量にゾロゾロ出てきました。

・・・首や手足がポンポン切られるヴァイオレンス溢れる『シン・シティ』の観客は、せいぜい20人程度しかいなかったのに・・・

・・・ったく。
日本の若者は、毒にも薬にもならない、ヌルいマンガ映画ばっかり観て、この国の行く末は大丈夫か?

・・・と大きなお世話の感想が。
はい、すみませぬ。オッサンで!

つーか、『シン・シティ』ってそもそも原作がマンガじゃん!


●『シン・シティ 復讐の女神』を観る前の復習映像




ラスト



◆◆◇ 追記 ◇◆◆

パンフレットのジョゼフ・ゴードン=レヴィット画像

追加画像1

追加画像2

追加画像3



【スポンサーリンク】