読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ストックホルムでワルツを』 感想

こんにちは!


ポスター


昨日、『ストックホルムでワルツを』を観てきました。

スウェーデンで60年代から活躍した国民的歌姫、モニカ・ゼタールンドを描いた作品です。

本作を観るまで彼女のことは知らなかったのですが、スウェーデンはおろか、世界的に有名なジャズ・シンガーだったそうです。

モニカ・ゼタールンド1

モニカ・ゼタールンド2

実際のモニカ・ゼタールンド



本作でモニカを演ずるのは、自身もシンガー・ソング・ライターのエッダ・マグナソン嬢で、とても本作が女優デビュー作とは思えないほど堂々とした演技で(ふてぶてしいくらい)、彼女の熱演が本作の成功の多くの要因を占めていると思いました。

しかも、とてもご本人と似てませんか?

エッダ・マグナソン5

エッダ・マグナソン3



・・・しかし、本作の原題は『MONICA Z』なのですが、日本でのタイトルは 『ストックホルムでワルツを』 ・・・

まさに、「ザ・邦題」って感じです(笑)

エッダ・マグナソン1



★★★★★

エッダ・マグナソン2


※※ 以下、ネタバレございますのでご注意願います。 ※※


ストーリーは、シングルマザーで電話交換手だったジャズシンガーのモニカが、英語ではなく母国語のスウェーデン語でジャズを歌うことによって一躍ブレークするも、スターダムにのしあがってからの毀誉褒貶、彼女の生き方をこころよく思っていない父親との葛藤、・・・メンヘラ気味になり、ついには自殺未遂まで起こすも、世界的なジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスとの競演と、自分のことを本当に理解してくれる男性との結婚というハッピーエンドで終わります。

・・・ちょっと駆け足気味なストーリー展開ではあったかな、とも思いました。

エッダ・マグナソン4


娘がビッグスターになったにも関わらず、父親はずっと娘を認めないのですが、そんな父親にモニカは、「頂上の眺めは素晴らしいのに、父さんも成功できたはずなのに挑戦しなかった」

と言い放ちます。


そして、最後の最後、ビル・エヴァンスと競演したライブをラジオで聴いた父親が、初めて娘に電話で祝福を伝えます。

”木の上からの眺めを私たちに見せてくれた” 

父と娘


ラストシーンは、結婚式でモニカが空に上っていくようなシーンで終わるのですが、

これは、国内でビッグスターになったことよりも、ジャズの神様 ビル・エヴァンスと競演したことよりも、最期に父親が認めてくれて、そして結婚を祝福してくれたことが初めて、自分自身が高みに登れた思えた瞬間だ・・・
ということを伝えたかったのかな、と自分的には思えました。





ラスト


それではー

【スポンサーリンク】