読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 感想

こんにちは!



ポスター



昨日、公開初日の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(原題:Mad Max: Fury Road)を観てきました。

マッドマックス』シリーズは、黒歴史と言われる3作目も含めて、自分たち世代では神映画。

小学生の頃、なにかと言うと ”みゃ〜っくす!(Max)”を連発するボンクラなトモダチもおりました。


そんな伝説の作品を、30年ぶりに同シリーズの監督であるジョージ・ミラー(御年70歳)が再びメガホンを取った、ということで、やはりそれなりに期待して観にいきました。


で、作品自体の感想としては、現代の技術で最高にリメイクされた旧『マッドマックス2』ではあるが、やはり『マッドマックス2』を超えるほどのインパクトはなかったな、というのが正直なところです。


マッドマックス2』が、その後のあらゆる作品の基本フォーマットとなった理由として・・・

・それまでに無かった奇抜なカーデザインとキャラクターデザイン
・荒廃した世紀末が舞台で、基本的に登場人物に善悪の区別はなく独善的
・主人公はもちろん、全キャストの衣装、愛車もボロボロだが、ボロかっこいい
・主人公の愛車(インターセクター)が、物語中盤以前に廃車に
・主人公は決して善人ではなく、基本的には他人に干渉せず、虚無的
・とにかく汚い主人公だが、中盤以降にはさらにボロボロになってしかも片目に
・ヴァイオレンス作品でもありながら、どこかファンタジー風味もあり
・主人公、悪役、脇役、すべてのキャラが見事に立っている

・・・とこのように、あげれば切がないのですが、

本作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』作品の世界観も、モチのロンで素晴らしいのですが、そりゃ監督が同じだから、ある意味当たり前で、もう少し新たな切り口があっても良かったかな、とは思いました。
(監督はリブート作品ではなく、あくまで新しいマッドマックスを創り上げたと話しているそうですが)

今回主人公のマックス・ロカタンスキーを演じたトム・ハーディもワイルドで好演でしたが、やはりメル・ギブソンに比べると少しマイルドというか、ふてぶてしさが足りない感じが。

また1作目の『マッドマックス』でラスボスのトーカッター役を演じたヒュー・キース・バーンが本作のラスボスであるイモータン・ジョーを演じますが、この悪役キャラも、イマイチ旧作ほどのインパクトはなし。
マッドマックス2』のウェズを超える悪役キャラであって欲しかった。

その他、シャーリーズ・セロン演ずるフュリオサや、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』でビースト役だったニコラス・ホルト演ずるニュークスなど、面白いサブキャラも登場するのですが、やっぱり『マッドマックス2』ほどのキャラ立ちはなし。


ただし、全編カーアクションシーンの迫力は確かに旧作を凌ぐものがあり、
上質なカー・ヴァイオレンス映画であることは間違いありません。
これは大画面で観るべき作品で、かなりの良作です。



なお、劇場に行ってビックリしたのですが、現在公開中の『ラブライブ!』を観にきた
いわゆる”ラブライバー”の、チケット売り場だけでなく、映画関連商品のレジの行列が大変なことに!

もし『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が期待通りの超オモロー作品で、パンフレットが欲しいと思った場合、買うまでに5時間以上は行列に並ぶことになるな・・・と暗澹とした気分になりましたが、幸いなことにパンフを購入するまでには至らなかったので良かったのですが・・・

いやー、”ラブライバー” 恐るべしでした。


★★★★★


私の妻なども、さすがに旧作は観たことはあるそうですが
(とはいえ『マッドマックス2』のみ、しかもゴールデン洋画劇場で トホホ・・・)
それでも、『マッドマックス2』は『北斗の拳』をパクったと思っていたそうです。


!とんでもないことですよ。


ラジオ『たまむすび』での町山智浩さんの作品紹介で、パーソナリティの赤江珠緒さんと山里亮太さんのどちらも、旧マッドマックスを観たことないと言って町山さんを絶句させていましたが・・・

仮にも芸能で生活する人たちがマッドマックス旧3部作を知らないで、これまで飯を食べていくことができたというのが信じられない。


町山智浩 マッドマックス 怒りのデス・ロード 「2時間ブっ通しでクライマックス!!」




マッドマックス』シリーズが、それ以降の映画やドラマや、ジャパニーズ・アニメ/コミックにどれ程の影響を与えたことか。(『北斗の拳』も含めて)


日本の教育はどこで間違ってしまったのか・・・


ラスト




それではー


【スポンサーリンク】