読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

日本よ。これがバカで大味なハリウッド映画だ 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 感想

映画

こんにちは!



ポスター



ダメ映画と重々承知しながら、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を観てきました。


いやー、前作はホントにバカ。


まずは、前作の映画『アベンジャーズ』がダメな5つの理由。



【ヒーローに不死身の神様を配する設定がバカ】

そもそも「ソー」って、北欧神話の神様って設定。
神様なので強いし、絶対死なない。
そんな最終兵器みたいなキャラが地球のヒーローの1人だって、もう、アンタ1人で戦えばいいんでねぇ?
絶対負けないんだから・・・
しかも敵は神様「ソー」の弟って・・・敵も死なねぇーんじゃねーか!

ソーの単体映画『マイティ・ソー』がまだマシだったのは、ソーが神様の力を父のオーディンから奪われて地球に追放されたので、ヘタしたら死んでしまうという危機感がドラマに抑揚をつけたため。

マーベル映画は好きだが、さすがに『マイティ・ソー』の続編は観る気がしなかった。

メンバーに神様がいるってだけで、もう萎え萎えです。

神様

「あんた神様かい?」 「とんでもねえ。あたしゃ神様だよ」



【ヒーローのパワーバランスがバカ】

いくら混成チームだからって、ブラック・ウィドウとホーク・アイってただの人間で、
かたや、絶対死なない(と思われる)神様がいて・・・
何度も言うように、神様一人で戦ってくれればいいんでない?

キャプテン・アメリカも不死身ではないし、ハルクの変身前と、アイアンマンもスーツを脱げばただの人間。
「主人公が不死身ではない」っていのうは、アクションドラマの基本中の基本設定。
「どうせ死なない、負けない」って落ちが見え見えの映画が面白いワケがない。

無理やりドラマチックにするために、エージェントのコールソンを殺してみたり・・・

ただの人間と神様の混成ヒーローチームなんて、そもそもの設定がバカらしい。


ホークアイ1

弓術の天才って、アンタ・・・じゃ戦国時代でもいけば?



【ブルース・バナーのキャスティングがバカ】

ハルクの単体映画『インクレディブル・ハルク』でブルース・バナーを演じたのは、名優エドワード・ノートン
さすがに個性派俳優だけあって、不死身のハルクと対照的な、弱々しくも意思の強いブルース博士を好演しており、もう彼以外にブルース・バナーはありえない。
それが蓋を開けたら、見たことないおっちゃんがバナーを演じてる・・・

もっともエドワード・ノートンもギャラとかで色々揉めたらしいけど、こんなおバカ映画に出るのがバカらしかったんでしょう。。。

あんた誰

マーク・ラファロって、あんた誰?



【何にも役に立たないデカイだけの空母がバカ】

殆ど役に立ってないニック・フューリー長官が乗り込む、やたらとデカイ「S.H.I.E.L.D.」の空母
これが全く役に立ってない。デカイだけ。

とにかくこの映画、なんでも無理やり詰め込もうとし過ぎで、オモチャを売ろうとしてメカも出してくるけど、演出が中途半端だからまったく魅力が感じられないモノばかり。

ヘリキャリア

この空母、なんかの役に立ったっけ?



【んで結局、ラストのお祭り感ハンパないCGバトルがバカ杉】

で最後は、いくらやっつけて殺しても残虐感が薄れてしまう、大量かつCGバリバリの、ドローンか宇宙人との大決戦というお決まりのパターン。

そして以前にも書いたけど、 もうムカデ型のロボットが超高層ビルに巻きついて破壊するってシーンは結構です。
お腹いっぱい!

ムカデ

ムカデ、いらね。 No.more


★★★★★ 


以上で述べたように、マーベル映画版の『アベンジャーズ』ってのはダメ要素満載を絵に描いたような典型的な糞ハリウッド映画なのですが、


今回の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は・・・


まずは最初から期待値が −(マイナス)1000%くらい低かったせいか、思ったよりガックリ感がなかったです。
(かといって良作では決してありませんが)

やはり、過度の期待は続編映画を観るのには禁物ですね。


そして何より、・・・なんかホークアイが、

「いやー、オレなんか他のメンバーより地味だしさー。
アベンジャーズにいていいんかなー・・・
足手まといになってるんかなー・・・」

とか、

「いやー、結局オレの武器って、この弓矢だけなんだけどさー。
まぁでも、(他のメンバーにも悪いし)いっちょこの貧弱な武器ひとつで死んでくるわー」

みたいな自虐的なセリフが多く、

つい自分も、「いや、今まで、ただの人間のくせに偉そうにスーパーヒーローチームに混じるな!」みたいな偏見持っててスマン・・・ 悪口言って悪かった。
決して駄作じゃなかったよ・・・ って気持ちになってしまいました。

とにかくホークアイに悪いな・・・・みたいな心持もあってか、最終的は本作は、それほど酷い映画とは言えないんじゃないか?・・・ みたいな。



なんというか妻いわく、最初から「東映マンガ祭り」のつもりで観ていたから、別に腹も立たないし、感動もしなかった。と言われ、その言葉に腹落ちした次第です。
(上映中のダルい場面で爆酔してましたけど)

東映まんがまつり




ホークアイ2



それではー


アベンジャーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+Mov.../ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,320
Amazon.co.jp
アート・オブ・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (MARVEL)/ヴィレッジブックス
¥5,832
Amazon.co.jp
アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,104
Amazon.co.jp
Cinefex No.38 日本版 −アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン−/ボーンデジタル
¥1,620
Amazon.co.jp
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン-オリジナル・サウンドトラック/ユニバーサル ミュージック
¥2,646
Amazon.co.jp

【スポンサーリンク】