読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』 感想

こんにちは!



ポスター



少し前ですが、『ターミネーター : 新起動/ジェニシス』を観てきました。


※若干のネタばれありますのでご注意願います。



還暦もとっくに過ぎてそろそろ古希。
ビジュアルも結構くたびれた感だけど、まだ皮ジャン着てターミネーターなんて大丈夫なの?

・・・と大いに不安でしたが、本作のターミネーター(T-800)は生体組織が老化するという設定のため年相応のターミネーターってことで、老年ターミネーターには全く違和感がなし。
突っ込み所は多々ありながらも、
テンポのよいストーリーで、なかなか見応えのある作品でした。

前の週に観た 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 では途中で熟睡していた妻も、本作では大いに楽しんだようです。


傑作『ターミネーター2』では、殺人マシンであるターミネーター少年時代のジョン・コナーを父親のように守るストーリーでしたが、本作では、サラ・コナーを少女の頃から守る、守護神ターミネーターといったお話。


少女時代から親代わりだったターミネーターに親しみを込めてパパ(pops 字幕では”おじさん”)と呼ぶサラ・コナー。

そして、サラ・コナーを守るため未来からやってきたカイル・リースを、若い恋敵のような目線で見るターミネーターがとても微笑ましい。


シュワ1

ターミネーター : あいるびーばっく (I'll be back)
サラ・コナー : 何て? (What?)


ただ、本作はリブート版というより、最近流行りの「別次元のお話」なので、妻曰く、「違う世界のターミネーターってことで無限シリーズになりそうな予感」。

シュワちゃんが亡くなっても、CGで出演し続けて、シリーズは「ターミネーター67」くらい続くと思われます。


★★★★★ 


なお、過去ホットトイズで販売されたターミネーター・フィギュアはどれもクオリティが高く、ターミネーター好きとしては何度も入手したいとは思ったのですが、

その度に、キューバ産のふっとい葉巻を咥えながら、「ガハハ」と笑うあのバカっぽい笑顔が脳裏に浮かんで、

シュワ2


メイドを孕ませて奥さんから愛想を尽かされたこんなオッサンのフィギュアに何万円も出すのはアホらしい・・・といつも購入は思いとどまっていたのですが、

今回の老年ターミネーターで、生まれて初めてシュワちゃんの演技にちょっと感動してしまいました(笑)

映画を観る前は、「こんなジジィのターミネーターはいらない!」と思ってたのですが、観終わった今、その認識に変化が・・・

初めてホットトイズのシュワ=ターミネーターが欲しくなりました(笑)

買うかも!


ラスト



それではー

【スポンサーリンク】