読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ヘイトフル・エイト』 感想

映画

こんにちは!



f:id:okureje:20160303005557j:plain

 


公開初日(2月27日)に『ヘイトフル・エイト』を観て来ました。

 

わざわざ公開初日に駆けつけた・・・というより、たまたま出張で埼玉県にいるので、さいたま新都心コクーンシティ内の「MOVIXさいたま」で映画でも観るぞ、この野郎!
ってことで上映スケジュールを調べたら、なんと、タランティーノ監督の最新作をやっとるやないかい!

 

本作で8作目の監督作ってことですが、(少なくとも金沢では)プロモーションも皆無だったため、そもそもタランティーノ監督が新作映画を撮ってたことすら知りませんでした。

 

びっくりポン

 

なになに・・・、密室劇の西部劇? なんじゃそら?

 

出演者も、サミュエル・L・ジャクソンマイケル・マドセンティム・ロスなど、タラ映画でもお馴染みのキャスティングながら、なんとなく地味な印象。


タランティーノ作品は大々大好きなのですが、怪作『キル・ビル』を頂点に、以降の作品は渋みは増したものの、華も話題も何となく下降気味の印象。


正直、6作目の『イングロリアス・バスターズ』からは、劇場で観てから再び観たいと思える作品が、実は無いってのが偽らざるところです。

 

何となく惰性で観ることになった本作、いったい面白いのか?


★★★★★


レザボア・ドッグス』から『イングロリアス・バスターズ』まで、不要なフィルムに大鉈を振るってきた編集のサリー・メンケ女史を失ったせいか、167分もある本作

 

・・・やっぱり長い。


ハッキリ言って、冗長なシーンが多い気がしました。

 

f:id:okureje:20160303005752j:plain

 

ただし、タランティーノ的悪趣味全開のクセのある作品ではありましたが、長い割には意外と楽しめました。

こういうのは苦手なのかと思ってた妻も、それなりに楽しんだ様子。

 

・・・ただ、もう1度DVDをレンタルしてまで観たいかと言うと、それはまた現時点では微妙なところで。

 


で、あとからネットで知ったのですが、本作はなんと、ジョン・カーペンター監督作『遊星からの物体X』のオマージュ作で(主演は本作でも主役級で出演しているカート・ラッセル)、

 


エンニオ・モリコーネ「遊星からの物体X」1982年 メインテーマ

 

・・・うぁ、確かに物体Xだ!この作品。

 

そしてこの度初めて知ったのですが、『遊星からの物体X』の音楽はエンニオ・モリコーネだったのかよ!

マジかよオイ!

 

 

f:id:okureje:20160303005959j:plain

 

それではー

 

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

 

  

遊星からの物体X [Blu-ray]

遊星からの物体X [Blu-ray]

 

 

【スポンサーリンク】