読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

ゴールデンカムイが面白すぎて、ヤバイ。困る

kindleちゃん

こんにちは!



f:id:okureje:20160424223612j:plain

 


kindleのコミック売れ筋ランキングにはいつもお世話になってます。

 

毎日「無料 Top100」をチェックし、話題作や懐かしいコミックを無料で楽しませてもらっています。
一応、財布の紐はそれなりに固いつもりですが、それでもまんまとAmazon様の策略に乗せられて、ついつい続巻を買ってしまうことも。


とは言え、購入するまでは何度も1巻目を読んで、熟考のあげく「この作品は購入しても何度も読めるほどの価値アリ!」と判断してやっと購入するのですが、この『ゴールデンカムイ』については、無料お試しの1巻を読み終わってすぐにポチリとやってしまいました。

 

読むまでは、このジャケットにも全然そそられなかったのですが・・・

 

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

ストーリーは明治末期の北海道が舞台。
日露戦争を生き残り「不死身の杉本」と異名された元軍人の杉元佐一と、アイヌの少女アシㇼパが、アイヌ人の隠し金塊を探すため、同じく血眼で金塊を探す日本陸軍師団や元新撰組副長の土方歳三、網走刑務所を脱走した囚人たちなど、ヒトクセもフタクセもある男たちと死闘を繰り広げていく冒険活劇なのですが、読みながらも色々と勉強になる、「楽しくてためになる」作品なのです。

「杉元佐一」って、作者である野田サトルのひいおじいさんの名前だそうです。

 

アイヌ民族に詳しくなる

アイヌ人をテーマにしたエンターテインメント作品ってあんまりないような気がします。

思いつくのは角川映画にもなった『カムイの剣』くらいですが、それほどアイヌ民族の風俗について細かい描写もなかったような。
本作でのアイヌ民族の描写はとても細かく、作者の緻密な取材の賜物なんだなーと思わせます。
とくにヒロインのアシㇼパちゃんのジビエ料理のレシピ・・・
山賊ダイアリー』は途中で読むのやめちゃったのですが、本作は『山賊ダイアリー』のエッセンスもあわせ持っているのですごくお得な感じです。

 

f:id:okureje:20160424223615j:plain


アシㇼパちゃんのジビエ料理に、料理評論家の山本益博バリの食レポコメントをする「不死身の杉本」こと杉元佐一
こんな元帝国軍人なんているか?

 

f:id:okureje:20160424223613j:plain

 

日露戦争に詳しくなる

富国強兵に励んだ明治の大日本帝国は、日清戦争で大国の清を破ったあと、ついに世界最強のバルチック艦隊を擁するロシアを日露戦争で下し、全世界に強国・日本を印象付けましたが、しかし日露戦争は戦争には勝利したものの、戦費や戦死者は膨大になり、しかも賠償金も得ることができないという、まさに面目だけ保って国力は疲弊しただけという無益な戦で、しかもこの成功体験のせいで、絶対に勝てるわけのない太平洋戦争に日本国民が突入するキッカケともなった、ある意味「すごく日本が滅亡するもとになった」戦争ということになります。

 

映画にもなった「203高地の戦い」ですが、戦死者1万6千人も出した激戦だったのにその効果は殆ど無かったそうで、こういった日露戦争の負の側面も、本作のテーマの1つになっています。
さだまさしも、「♪海はー死~にまーすか~」なんていってる場合じゃないっつーの!

 

f:id:okureje:20160424223616j:plain

 

ヒグマの生態に詳しくなる

「ベルクマンの法則」によると「同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく大型になる」特徴があるそうです。

そして、ブラキストン線という動植物の分布境界線があり、北海道に生息するヒグマとかシカって、やっぱり大きいとか。


昨年、吉村昭 著『羆嵐(くまあらし)』という恐ろしい小説を読みました。

 

羆嵐 (新潮文庫)

羆嵐 (新潮文庫)

 

 

大正時代に北海道で実際に起きた、エゾヒグマが人間を襲った事件(三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん))を題材にした小説ですが、これがホラー小説か!っつーくらい恐ろしい。

そんな恐ろしい北海道のヒグマの生態について、本書は詳しく描写してます。

なので読めば、山の中でバッタリ熊に出会っても、絶対生き残れます!

 

 

f:id:okureje:20160424223614j:plain

 


★★★★★

 


その魅力を一言でいうと、『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』を読んでるときのワクワク感を感じさせてくれるような作品。

実際、第6巻に登場する殺人鬼・家永カノが「札幌世界ホテル」で繰り広げるエピソードは、ジョジョの奇妙な冒険の第3部で、エンヤ婆が宿屋でジョースター一行を襲うエピソードを彷彿とさせるのですが、読んでてこんなに面白く、何度も読みたくなる作品はなかなかないかも。

 

 

ラストまでこのクオリティを保ったままぶっ飛ばして欲しい作品です。



f:id:okureje:20160424223617j:plain

 

 

それではー

 

 

  

ゴールデンカムイ コミック 1-6巻セット (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイ コミック 1-6巻セット (ヤングジャンプコミックス)

 

  

  

羆嵐 (新潮文庫)

羆嵐 (新潮文庫)

 

 

【スポンサーリンク】