読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

東京国立博物館に行ってきたんですが東京ってスゴイね!

アート

こんにちは!伊東マンショです。

 

 

f:id:okureje:20160626102230j:plain

 


ということで、上野は東京国立博物館に行ってきました。

 

f:id:okureje:20160626102232j:plain

 

f:id:okureje:20160626102233j:plain

 

現在、特別展として「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」と「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」が開催されているのですが、当日券の値段が安いということで(前者が1,600円、後者が1,000円)、「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」を観ることに。

 

f:id:okureje:20160626102231j:plain

 

・・・で、ほほえみの御仏、大変結構なのですが、なにせ展示されているのは中宮寺と、韓国は韓国国立中央博物館所蔵の半跏思惟像の2体のみ。

どれだけじっくり観ても10分も持ちません・・・


どれだけ穴の開くほど鑑賞しても、さすがに1,000円分の元は取れない・・・

・・・と思っていましたが、いや、待てよ、と。
ちょ、待てよ、と。

 

そう。常設展示があるじゃないか!と。

 

過去に1度だけ東京国立博物館に来たことはあったのですが、その目的は当時開催されていた阿修羅展だけで販売されていた海洋堂の阿修羅像フィギュア購入オンリーで、常設はおろか肝心の阿修羅像すら満足に鑑賞しませんでした。

 

okureje.hatenablog.com

 


★★★★★

 


なので東京国立博物館の常設展示物は今回始めて鑑賞させて頂きましたが、その展示物の物量には圧倒されました・・・

国宝、重要文化財、重要美術品のオンパレードで、富山県の「富山市郷土博物館」ではその展示品の少なさをあざ笑っていた妻も、さすがに大TOKYOの底力にはぐうの音も出ないようでした。

 

okureje.hatenablog.com

 

 

そして東京国立博物館では、撮影OKの展示物もかなりあります。
なんという器量の大きさよ!

 

f:id:okureje:20160626102234j:plain

 

特別公開の伊東マンショ肖像画も撮影OKのもよう。

 

f:id:okureje:20160626102237j:plain

 

f:id:okureje:20160626102235j:plain

 

f:id:okureje:20160626102236j:plain

 


さらに東京国立博物館を出た後、近くにとてもキレイな美術館が。

 

f:id:okureje:20160626102238j:plain


その法隆寺宝物館、こんな素敵な建物なので、「さぞ入館料もお高いんでしょう?」と思っていたら、なんとタダ!

 

f:id:okureje:20160626102239j:plain

 

さっそく中に入ったら、これまた国宝やら重文のオンパレードで、さすがにお腹いっぱいというか、まさに国宝のデフレ状態で、もうこれ以上食べれませ~ん!的な・・・


この無料の美術館の展示品の10分の1でも地方で展示したら、それなりの入場料を取っても、わんさか人が集まってくるんだろうな、と。。


広大な敷地に素晴らしい建物に大量の貴重な展示品。

いやーやはり、東京はとんでもなくスゴかところですたい!



f:id:okureje:20160626102240j:plain

 

 

それではー

 

 

井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

 
こんなに面白い東京国立博物館 (とんぼの本)

こんなに面白い東京国立博物館 (とんぼの本)

 

  

  

 

【スポンサーリンク】