読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『帰ってきたヒトラー』 感想

こんにちは!



f:id:okureje:20160711010209j:plain

 

 

参院選の投票にも行かず)TOHOシネマズ 新宿にて、話題作『帰ってきたヒトラー』を観てきました。

そして、さすが大東京。そして新宿。

どちらかというとマイナーな作品が満員御礼になってしまうこと、地方ではありえないので、驚きました。


戦国自衛隊もしくは安堂ロイドばりにタイムリープして現代に現れたアドルフ・ヒトラーが、周囲には異常にクオリティの高いヒトラーのモノマネ芸人と勘違いされ、笑い者になっていることを意識しながらも、持ち前の超カリスマ性とアジテート力を駆使しながら、次第に大衆の心を掴んで新たな第三帝国を築こうとする・・・
・・・「歴史は繰り返す」ということを、アイロニー満載で描いた問題作です。

 

最初は、よくある新鮮味のないコメディ映画だなと思いながら観てたのですが、徐々にコメディ映画ではなくシリアス作品だと思い直し、

・・・最終的にこの作品、普通のドキュメンタリー映画だな、と理解しました。

それも良質なドキュメンタリー作品。

 

みんな、心のどこかでヒトラーを待望してるんだな、と。

ドイツといえばユーロ圏ではリーダ的存在の国家ですが、多くの国民は現在の国の状況に不満を抱いている。ドイツ国民の本音を垣間見れる作品だと思いました。

 


★★★★★

 

 

f:id:okureje:20160711010210j:plain

 


とにかくドイツでヒトラーネタをやるのは、日本ではハンセン病問題や部落問題を扱うくらいタブーだと思っていたのですが、そんな国でこんな映画を製作したことにマジで驚きました。

しかも本作が本国ドイツで公開されたのは昨年10月ですが、それ以降、ユーロ圏は移民問題がますますシャレにならない状況となり、果てはイギリスがユーロ離脱を国民投票で決定するという・・・

なんという先見性、しかもなんというタイミング・・・

 

今年の春に、『サウルの息子』というナチスドイツの極悪非道ぶりを淡々と描く映画作品がありましたが、

 

okureje.hatenablog.com

 

ナチスドイツがユダヤ人に対して行ってきた残虐無道は百も承知ながらも、新たなヒトラーを求めるユーロ圏の先進国の心情。

 

まったくこの作品、是非とも「今、観るべき映画」だと思わずにはおれませんでした。

 

 


映画『帰ってきたヒトラー』予告編



f:id:okureje:20160711010208j:plain

 

 

それではー

 

 

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

 
帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

 
帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫)

 
帰ってきたヒトラー 下

帰ってきたヒトラー 下

 
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

 
わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)

 

 

 

サウルの息子 [Blu-ray]

サウルの息子 [Blu-ray]

 
私はガス室の「特殊任務」をしていた

私はガス室の「特殊任務」をしていた

 

  

 

【スポンサーリンク】