okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

中川淳一郎『謝罪大国ニッポン』を読んで

こんにちは!


中川淳一郎

氏の近著『謝罪大国ニッポン』を読みました。

 

謝罪大国ニッポン (星海社新書)

謝罪大国ニッポン (星海社新書)

 

 

プライベートな問題である不倫騒動でタレントが謝罪したり、事件を起こしたタレント本人ではなく親が謝罪するなど、本来は謝るべき事案ではないのに、「世間様」に納得してもらうためだけの謝罪会見に溢れる昨今の呆れた状況。

 

そんな日本社会を嘆きつつ、そうは言っても謝罪の仕方をひとつ間違えるだけでタレント生命が絶たれたり、企業などは廃業に追い込まれるなど、非常に重要な謝罪の仕方 = 謝罪道 についても詳しく指南してくれる本書。

 

氏の提唱する正しい企業の謝罪会見としては、
・憔悴し切ってうなだれたオッサンが4人くらい並べばベター
・謝罪する側がエラソーにしたり高圧的な態度は絶対にタブー
・お辞儀をする際にハゲ頭が一つあるとビューティフォー!

 

f:id:okureje:20160907171715j:plain


まさに謝罪道の鏡のような会見!これぞ様式美

 

f:id:okureje:20160907171714j:plain

 

なお土下座は諸刃の剣。
わざとらし過ぎると世間様に反感を持たれる。

 

f:id:okureje:20160907171713j:plain

 

やらされてる感が満載な謝罪も、世間様からは受け入れられない。

 

f:id:okureje:20160907171712j:plain

 


★★★★★

 


本書では企業間での謝罪文についても書かれていましたが、謝罪文といえば、私が所属しているIT業界でも定型スタイルが存在します。

 

1.序文

「この度は御社に多大なるご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ございませんでした」
どの業界でも共通の書き出しです。
基本、書いた人間が顧客に直接報告しないので心がこもらないから、ついつい盛り過ぎてしまいますが、
「今後このような障害が発生した際は、この腹カッ捌いてお詫び申し上げまする!」
あまり言い過ぎるとリアリティがなくなるので注意が必要。

 

2.概要

こちらもどの業界でも共通かと。
謝罪事案の発生経緯と、自社がどのように迅速に対応したかを簡単に記述します。
大切なことは、簡潔に、かつ自社も先方も納得できる内容にすること。
(たとえ事実と違っても)

 

3.発生原因

IT業界の謝罪文書といえば、納品したシステムの障害(バグ)に対してが殆ど。
障害の発生原因を技術的、かつ簡潔に表現する必要があります。
しかしこの報告内容が一番大変で、本来プログラムのバグがなぜ発生したかを正確に記述するには、かなりの文字数と詳細な図解が必要になるのですが、とにもかくにも簡潔なのが一番。
基本的にはA4用紙1枚の範囲内で書ききるのが望ましい。
(たとえ事実と違っても)

 

4.真の発生原因と対策

こちらも面倒な作業。
なぜ今回のバグが発生したかを「なぜなぜ分析」という手法を使って、真の原因とその根本対策を導き出して報告するのも大事。
例えば、バグの原因がプログラマによるソースコード(コンピュータ言語で記述されたプログラム本体)のパンチ入力ミスだった場合。


①なぜ入力ミスが発生したのか?
プログラマが体調不良でボーっとしていたため作業ミスが発生した。

(本当はデスマーチによる過労と寝不足が原因だがそれは言わない)

②なぜソースコード上の記述誤りが発見できなかったのか?
ソースコード・レビュー(第三者を交えてコードの記述内容をチェックする会議)を実施した際に、チェック担当者が体調不良でボーっとしていて、つい不具合を見逃してしまった。

(本当は残業超過による過労と寝不足が原因だがそれは言えない)

 

上記より導き出される対策:

今後、弊社では、プログラマ、チェック担当者に漏れなく欠かさず、「メガシャキ」を支給して、目をシャキッとさせて作業させるよう改善いたします!

 

f:id:okureje:20160907171711j:plain

 


ということで、サルでも犬でも理解できる簡潔かつ、技術的な障害報告が書けるようになれば、もうこの業界では一流といえるでしょう。

 

・・・そう。
こんなことに時間を費やすヒマがあったら、会社側は社員の勤務時間を短縮する努力をして労働生産性の向上を図るほうが、長期的にはよほど、会社の利益を、ひいては日本の経済を向上させることに繋がると思われますが、会社が、社会が、そして謝罪大国日本がこれを許さない。


茶道、華道、剣道、柔道が日本から無くなっても、謝罪道だけは衰えずに続いていくことでしょう。


とにかく中川淳一郎さんの『謝罪大国ニッポン』、現代日本の情けない一面を鋭く斬っている面白い著作なので、みなさんも一読されてはいかがでしょうか。

 

 

okureje.hatenablog.com

 

 

f:id:okureje:20160907171734j:plain

 

 

それではー

  

 

謝罪大国ニッポン (星海社新書)

謝罪大国ニッポン (星海社新書)

 

  

  

バカざんまい (新潮新書)

バカざんまい (新潮新書)

 
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

 
ウェブでメシを食うということ

ウェブでメシを食うということ

 
読書で賢く生きる。 (ベスト新書)

読書で賢く生きる。 (ベスト新書)

 
ネットのバカ (新潮新書)

ネットのバカ (新潮新書)

 
縁の切り方 (小学館新書 228)

縁の切り方 (小学館新書 228)

 

 

【スポンサーリンク】