okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『イップ・マン 継承』 感想、怪鳥音付き!

f:id:okureje:20170423213444j:plain

 

アチャー!
立川シネマシティにて『イップ・マン 継承』を観てきました。

 

f:id:okureje:20170423213442j:plain

 

こちらには初めて訪れましたが、ロウソクみたいな座席の照明がとってもキレイな劇場内で、なかなか素敵な映画館。

 

f:id:okureje:20170423213441j:plain


しかも「極上爆音」上映。

 

極爆上映でカンフー映画を鑑賞する必要性を今ひとつ把握せずまま、しかし結果的には非常に良い映像体験ができました。極上のカンフー・アクションを迫力ある音響で堪能した感じ。

 

そもそもドニー師父のカンフー作品を劇場で鑑賞するのは今回が初めてでしたが、
…いやー良かったなー。

 

f:id:okureje:20170423213443j:plain

 

ドニー・イェン主演のイップ・マンシリーズは、基本的にはシリアス作品ながらも、日本兵の空手家や白人ボクサーとの対決シーンありなど、史実とは離れたオリジナルストーリーで、エンターテインメント作品。
今作も、ストーリーは例のごとく、近所のチンピラとの争いがメインというスケールの小ささで、なんとマイク・タイソンとの対決シーンがあるという究極のキワモノ作品なので、端から物語には期待しておらず、単純にアクションシーンのみ期待してたのだが…
思わず涙してしまうほどドラマチックなストーリー展開。

ドニー師父の情感ゆたかな演技と、もちろん切れのあり過ぎるくらいのマーシャルアーツ・シーンを心ゆくまで堪能できるという、ほんとにほんとに良い作品でした。

 

f:id:okureje:20170423213456j:plain

 

いままではドニー・イェンと言っても、「フン、なにそれ」くらい興味も示さなかった妻が、本作を観終わったあとは手のひら返しでドニー・ファンになるという。

 

f:id:okureje:20170423213457j:plain

 

f:id:okureje:20170423213458j:plain

 

冒頭から、『少林サッカー』でブルース・リー好きなゴールキーパーを好演したチャン・クォックワンが若き日のブルース・リー役で、怪鳥音付きで登場し、ちょっと笑ってしまうも、のっけからテンションが上がります。

そして何といってもアクションシーンが昨今のカンフー映画のなかでも屈指で、最初は期待していなかったマイク・タイソンとのボクシング対カンフーの対決シーンの緊張感は物凄くて、ラストの詠春拳Vs.詠春拳の闘いは凄すぎて死にます。

 

同じくイップ・マンを描いたウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』で、チャン・ツィイーと死闘を演じたマックス・チャンが演じる陰のある詠春拳の使い手との同門同士の闘いは、詠春拳の代表的な武器である「六點半棍」から始まり、次いで「八斬刀」、最後は徒手拳術と、流れるようなアクション演出は、さすがのユエン・ウーピン。

 

f:id:okureje:20170423213455j:plain

 

f:id:okureje:20170423213459j:plain

 

とにかく眼福な作品。

これは劇場で観るべき映画ですよ!

 

 

 

 

 

f:id:okureje:20170423213500j:plain

 

 

 

 

【スポンサーリンク】