okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ブレードランナー2049』 感想

f:id:okureje:20171029230224j:plain

 

全世界(の40過ぎたオッサン)待望の、35年ぶりのブレードランナー続編。
行ってきました。観てきました。

※ネタバレしてますのでご注意。

 

舞台は前作から30年後。
タイレル社は倒産し、レプリカント製造の技術は大企業「ウォレス社」が引継ぎ、新型レプリカントを生産し発展するが、事業拡大のため、さらなる生産性向上のためにレプリカントに生殖機能を持たせる技術を密かに研究している。LAPD(ロサンゼルス警察)に所属する最新型レプリカントのブレードランナー「K」は、ある農場で旧型レプリカントを解任(始末=殺す)した際に、妊娠した形跡がある女性レプリカントの遺骨を発見する。レプリカントが妊娠したという事実を世間に知られたくないLAPDは、Kに事実の隠蔽と、もし生まれていた場合、そのレプリカントの子供も解任することを命令する。一方、研究用にレプリカントの子供を入手したいウォレス社も、密かに父親であると思われるデッカードと子供を探し始める。

 

まず本作で良かったのは、ブレードランナーがちゃんと強いことである。
冒頭シーン、Kは素手で旧型のレプリカントを追い詰め、レプリカントかどうか確認しようとするが、最初はボコボコにやられる。しかし、身体能力、戦闘力とも旧型を凌駕する彼は難なく反撃し、苦も無く解任を完了する。これがデッカードだったら秒殺だ。
ブレードランナーたるもの、やはりこれくらい強くないと。


ハリソン・フォードが『スターウォーズ/フォースの覚醒』みたいに変に若作りをせず、割とじいさんのまま登場したのも良かったが、そのハリソン・フォード=デッカードが、(またまた卑怯にも)不意打ちでKを銃撃するも、苦も無くKにブラスターを取り上げられてしまう。その後のデッカードとKの会話シーン。

 

デッカード:「俺も昔は凄腕のブレードランナーと言わ・・・」
K:「時代が違う!」
とピシャリと言われてたのには笑ってしまった。

 

そんな役立たずのデッカードも、唯一グッジョブだったのは、レプリカントであるレイチェルを孕ませて子供を産ませるという、本作の重要なテーマのひとつである「人造人間の出産」というプロットに貢献したことくらい。

ラスト、LAPDを追われ、もしかして自分はデッカードとレイチェルの子供なのではないかと思い始めていたKだが、助けてくれたレプリカント解放運動の指導者フレイサから、実は彼らの子供ではなく、彼らの子供の記憶を移植されただけの、やはりただのレプリカントだったと知らされる。

芽生えてきたアイデンティティーが脆くも崩壊し、深い絶望感に苛まれるKだが、レプリカントの子供の秘密がウォレス社に洩らされないよう、口封じにデッカードを殺害するようフレイサに指示されながらも、結局はデッカードを助け娘に引き合わせて、自分は敵レプリカントとの死闘で致命傷を負い、静かに息を引き取っていく。

話題作『だったラ・ラ・ランド』すら観てないので、ライアン・ゴズリングの作品は初めて観たが、彼の切ない演技には泣けてしまった。

彼こそが本当のブレードランナーだ。

 

本作を一言で表すとしたら「役立たずなデッカードをまたもレプリカントが助けてあげちゃう」物語。

 

なおヴァンゲリスのように後の世にも印象に残るキャッチャーなスコアがなかったのはちょっと寂しかったが、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作でお馴染みの「ブぉオ~~~ん」という独特の低音サウンドが腹に響いて心地よかった。

新型のポリススピナーも、渋くて超カッコよかったし。

あと、確かに尺が長すぎて、正直途中で少しだけ眠くなってしまった。

またまた上映開始からしばらくして誰かの寝息が聞こえてきて、おいおい、どこのバカだ?と思っていたら、どうもやっぱり、うちの奥さんだった。。

ただ、必要以上にテンポよくスピーディーに進められても、この作品の味わいが薄くなってしまう気がする。なので総じて、自分としては良作に感じたし、なんなら旧作より面白かったくらいだ。

 

マイケル・ベイの『トランスフォーマー』とかが好きな多くのアホなアメリカ人に本作が受けなかったのはまぁ当たり前でしょうよ。

 

f:id:okureje:20171029230225j:plain

 

 

Blade Runner 2049

Blade Runner 2049

 
The Art and Soul of Blade Runner 2049

The Art and Soul of Blade Runner 2049

 
別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

 
ブレードランナー 2049 7インチ アクションフィギュア シリーズ2 2種セット

ブレードランナー 2049 7インチ アクションフィギュア シリーズ2 2種セット

 
NECA???Blade Runner 2049???7?

NECA???Blade Runner 2049???7?" Scaleアクションフィギュア???シリーズ1?Officer K

 
ブレードランナー

ブレードランナー

  • アーティスト: サントラ,ヴァンゲリス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 
〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀 (新潮文庫)

〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀 (新潮文庫)

 

 

【スポンサーリンク】