okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『女神の見えざる手』 感想

f:id:okureje:20171213093538j:plain

 

※ネタバレございます

 

話題作である『女神の見えざる手』、やっと観てきた。

 

勝つためには手段を選ばないイケイケのワーカホリックだが、しかし不眠症で興奮剤などの錠剤を常用している。

ジェシカ・チャステイン演ずる凄腕の女性ロビイスト、エリザベス・スローンの物語。
なので原題はあっさりしたもので、『Miss Sloane』。直球である。

 

邦題は『女神の見えざる手』。まったく原題とはかけ離れているが、実は的を得たタイトル。

勝利を得るためには例え不法な行為でもためらいなく実行し、敵の一歩先、二歩先を見据えてプランBはおろか、プランC、D、E・・・ 多くの戦術を練って、それを臨機応変に実行する様は、まさに美人ロビイスト = 女神が様々な見えざる罠を人間に仕掛けていくかのようで、これはこれで、腹落ちせざるを得ない邦題になっている。

 

大手ロビー会社「コール=クラヴィッツ&ウォーターマン」で超やり手のロビイストで知られるエリザベス・スローンは、新たな銃規制法案を廃案に持ち込むキャンペーンを行ってほしいという銃ロビーの依頼を断ってしまう。
会社にとって、潤沢な資金を持つ銃ロビーは最大の顧客であり、その仕事を引き受けない彼女に会社は当然のごとくクビを宣言するが、銃規制に賛同する小規模なロビー会社「ピーターソン=ワイアット」のCEOがスローンをヘッド・ハンティングする。
何名かの腹心の部下を引き抜いて「ピーターソン=ワイアット」社に身を置いた彼女は、銃規制法案を通すためには味方をも欺くような様々な戦術で立て、古巣の「コール=クラヴィッツ&ウォーターマン」社を相手に熾烈な争いを始める。

 

相手の裏をかくのはもちろん、自分の部下を餌にして相手を騙す、しかも自分の部下全員を陰で監視してスパイをあぶり出す、果ては相手に最新のハイテク盗聴器まで仕掛けるといった違法行為まで躊躇なく実行する。
とにかくスローンが裏で並列で仕掛けている戦略の物量が多すぎて、何が偶然で何が彼女の計画か、観客もまったく読めない。情報量も多いので、鑑賞するには体力を要する作品。

 

日本でも権力者に忖度した為政者が政策を左右するケースも多いだろうが、アメリカの政治上でのロビー活動は異常で、オバマ大統領もロビー政治を規制しようとしたほど。
在米韓国人がアメリカのあちこちに慰安婦像を設置してるのもロビー活動のたまものだし、日本で例えるなら、サムライの刀を現代でも簡単な手続きで気軽に所持、使用するのを許可するかのような、アメリカの銃所持に関するユルさも、すべてロビー活動が政治に直接的な悪影響を与えているためである。

 

ただ本作を1回観ただけで今一つよくわからなかったのは、なぜスローンが銃規制に反対する立場を取ったのか、という点。
過去に銃犯罪に自分や家族が巻き込まれた経験があるわけでなく、社会の善悪よりも自分が勝てるかどうかだけを目的に仕事を行ってきた人間が、なぜ会社からクビを宣言することがわかり切っているのに銃規制法案をつぶす仕事を拒否したんだろうか。

ラスト近くで、自身の政治的信条ももちろんあるが、銃規制法案を通すという困難な目標がよりチャレンジングだと思ったからこの仕事を引き受けた、という理由も告白していたが、何となくこれも後付けの理由のような気もして。

 

なお一番印象に残ったシーン。

スローンはとにかく仕事一筋で、恋愛にはもちろんうつつを抜かさない。性処理なんてエスコートサービス業(男娼)で済ますというゴルゴ13張りのマッチョなんだけど、ジェイク・レイシー演じる男娼のフォードが、見た目がマッチョで、いかにもな「ジョック(jock)」キャラ。あー絶対に敵のスパイで、スローンをハニー・トラップにかけるんだろうなと思わせるんだけど、公聴会に召喚され、スローンに買われたことを証言するのかと思ったら、スローンとは寝たことはないと言い切って、彼女をかばう。まさかの展開。

しかし結局スローンは、銃規制法案を通すという目的を達したものの、違法行為のために連邦矯正施設に収監されてしまう。

男女差とか関係なく、やり方は無茶苦茶ながら体力の限界を超えてまでやり切ったスローンの疲れ切った表情をみていたら、最後には涙が出てしまった。不思議な映画。

 

ラストシーン、連邦矯正施設から寂しく出所した彼女が、誰かを目に捉えたような表情で映画はエンドタイトルになる。

出所した彼女を出迎えにいった人物がいたのだろうか。そしてそれはいったい誰なのか?
スローンの駒にされ、命の危険にまで晒されて、結局彼女の元を去った元部下のエズメだろうか。もしかしたら、体の関係でしかなかったフォードなんだろうか・・・

 


「女神の見えざる手」予告編

 

とにかく伏線が多すぎて、1度鑑賞しただけでは正直、理解仕切れなかった点も多かったので、落ち着いてまた鑑賞したい。久しぶりの力作。

そしてジェシカ・チャステインがかっこよすぎ!

 

f:id:okureje:20171213093730j:plain

 

 

【スポンサーリンク】