okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる at 世田谷文学館

f:id:okureje:20180225214016j:plain

 

日曜日の午後、気軽な感じで訪れた世田谷文学館。

 

f:id:okureje:20180225214017j:plain

 

そういえば石黒由紀子さんの『猫は、うれしかったことしか覚えていない』でイラストを担当されてたミロコマチコさんの個展やってたな、みたいな軽い足取りでやって来たら、

なんだ!

 

f:id:okureje:20180225214018j:plain

 

館外からいきなりミロコマチコ猫がおる!

 

f:id:okureje:20180225214019j:plain

 

入口の自動ドアにも!

 

f:id:okureje:20180225214020j:plain

 

クジラが!

 

f:id:okureje:20180225214021j:plain

 

f:id:okureje:20180225214022j:plain

 

オブジェが!

 

f:id:okureje:20180225214023j:plain

 

f:id:okureje:20180225214024j:plain

 

大作の絵画が!

 

f:id:okureje:20180225214025j:plain

 

f:id:okureje:20180225214026j:plain

 

f:id:okureje:20180225214027j:plain

 

f:id:okureje:20180225214029j:plain

 

階段もミロコマチコ仕様!

 

f:id:okureje:20180225214028j:plain

 

もう、世田谷文学館が全力全身でミロコマチコをアピールしてきてるから、これは只事ではないな、ってのは何となく感じたんだけど・・・

作品を観て納得した、・・・というか、入口近くに展示されていた「ゴリラ」を観たら、もう掴まれてしまった。

 

f:id:okureje:20180225214030j:plain

 

www.setabun.or.jp

 

ミロコマチコさんの描く作品中の動物の眼がすごくて特徴的なんだけど、これほどまでのミロコマチコ・アニマルに囲まれたら、脳内にはいやが上にもユッス・ンドゥールの楽曲が響き渡ってしまう。

すごくアートだ。

 

世田谷文学館のディスプレイがまた素晴らしくて、12メートルもの大作と、色彩鮮やかな通常サイズの作品を見事にマッチングさせている。
なんか日常とは違う空間に入り込んでしまったような気にさせられた。

 

f:id:okureje:20180225214031j:plain

 

f:id:okureje:20180225214032j:plain

 

f:id:okureje:20180225214033j:plain

 

ムットーニ氏の展示といい、世田谷文学館は小さいギャラリーながら頑張ってんなー

 

f:id:okureje:20180225214035j:plain

  

館内の庭から梅が。
さすがにそろそろ春の気配?

 

f:id:okureje:20180225230916j:plain

 

f:id:okureje:20180225214036j:plain

 

f:id:okureje:20180225214037j:plain

  

グリーティングライフ 2018年 ミロコマチコ カレンダー 壁掛 C-950-MR

グリーティングライフ 2018年 ミロコマチコ カレンダー 壁掛 C-950-MR

 
オオカミがとぶひ (こどもプレス)

オオカミがとぶひ (こどもプレス)

 
てつぞうはね

てつぞうはね

 
まっくらやみのまっくろ

まっくらやみのまっくろ

 
オレときいろ

オレときいろ

 
ぼくのふとんはうみでできている

ぼくのふとんはうみでできている

 
猫は、うれしかったことしか覚えていない

猫は、うれしかったことしか覚えていない

 
ヒワとゾウガメ

ヒワとゾウガメ

 
ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

 

 

【スポンサーリンク】