okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ブラックパンサー』 感想

f:id:okureje:20180303234948j:plain

 

マーベル・ヒーロー作品としては、久しぶりに楽しめた作品だった。
テンポもよくアクションも切れがあってスタイリッシュ、なによりアフリカンのキャストがカッコ良すぎる!原色がキレイ!

 

f:id:okureje:20180303234949j:plain

 

特にオコエがかっこイイです!
オコエ!オコエ!

 

f:id:okureje:20180303234950j:plain

 

f:id:okureje:20180303234951p:plain

 

f:id:okureje:20180303234952j:plain

 

ワカンダ王国の若き国王、ブラックパンサーことティ・チャラ。
ワカンダ王国はアフリカの発展途上国を装いながら、実は世界で一番のハイテク都市で、ティ・チャラのチャーミングな妹は、トニー・スターク張りの超サイエンティストというあまりにも出木杉君な設定。
それでも楽しめたのは、やはり脚本が秀逸だったのと、流行りのアフリカンが舞台だったことかな。

トランプが茶番というのもおこがましいくらい、とてつもないバカっぷりで国内どころか、世界中の民族同士の分断を拡大させているなか、ブラックパンサーは、世界中の人間はすべて兄弟であり、人種間の争いを起こさないために死力を尽くし、ワカンダが持つ科学技術を公開すると言い放つ。その直球ぶりに、やはり感動してしまった。

 

f:id:okureje:20180303234953j:plain

 

ブラックパンサーの母親を演じるアンジェラ・バセットは、かつてスパイク・リー監督の『マルコムX』で、マルコムの妻・ベティ・シャバズを演じた女優さんだというのも感慨深い。ブラックパワー!

 

f:id:okureje:20180304221810j:plain

 

んで、アフロ・アフリカン対アフリカン・アメリカンの闘い、というテーマにも説得力があって良かったんだけど、まぁしかし、今どきの映画なので、やっぱりどこかで観たシーンが多かったのも事実。

 

まず「王国モノ」って観点でいうと、やはり先日観た『バーフバリ』シリーズをイヤでも思い出す。
「王を称えよ!」って煽りには、やっぱ「ブラックパンサー!」より「バーフバリ!」って叫んでしまいたくなるよね。
そして超ハイテクなスーツやウエポンの製造シーンなどは『アイアンマン』の1作目だし。
そしてラストバトル、ブラックパンサーと宿敵キルモンガーとの一騎打ちは、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のジェダイ子弟とダース・モールとのラストバトルを再現している感じ。

良作だったけど、もうひとつ突出したオリジナリティも欲しかったところ。

 

f:id:okureje:20180303234956j:plain

 


マーベル新ヒーロー!『ブラックパンサー』日本版本予告編

 

f:id:okureje:20180303234955j:plain

  

Black Panther: The Album

Black Panther: The Album

 
ブラックパンサー・ザ・アルバム

ブラックパンサー・ザ・アルバム

  • アーティスト: オムニバス,ザ・ウィークエンド,ケンドリック・ラマー,リーズン,ジェイムス・ブレイク
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

【スポンサーリンク】