okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 感想

f:id:okureje:20180429232530j:plain

 

マーベル・スタジオが製作するマーベル・コミックの実写映画シリーズ、いわゆる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に対して自分なりに感じている魅力とは、言っても子供向けのコミック・ヒーローを、現代的なアレンジでリアルに実写化し、大人の鑑賞にも耐えうる作品としているところ。

 

そもそも、あんなダッサダサなコスチュームを着て、しかも「キャプテン・アメリカ」なんてベッタベタな名前のヒーローを、愛国心溢れるリアルでクールなヒーロー映画として再構築するんだから、マーベル・スタジオの手腕は見事としか言いようがない。
「アントマン」なんて、日本語だったら「蟻マン」だよ!「アイアンマン」は「鉄マン」だ!

ただしそれにも限度があって、「マイティ・ソー」とか「ドクター・ストレンジ」はいただけない。


ソーなんて神様だよ?なんか、神様だったら絶対に死なないんじゃね?と思った時点で観る気をなくすし、ドクター・ストレンジと来た日にゃ「魔法使い」だって!
いくらカンバーバッチ様が演じてるからって、魔法使いの映画なんて観たくないわ!
「ハリー・ポッター」シリーズすらまともに観たことないのに。

 

そして、アベンジャーズ・シリーズ。

ヒーローが単体だったら、それなりにシリアスなドラマを構築し易いんだけど、賑やかしのヒーローを勢揃いさせて地球外の悪の星人や悪のAIロボット軍団と団体戦をさせるって設定、どれだけシリアスに描こうとしても子供っぽいストーリーに感じてしまう。

そしてアベンジャーズの何が嫌かって、メンバーのパワーバランスに差があり過ぎること!
かたや「神様」で、かたや、弓矢が得意なだけだったり、セクシーなだけだったりの普通の人間だよ!
そんなもん、絶対死なない神様が一人だけで敵を全滅させろよ!ってなってしまう。

 

そして今回のアベンジャーズシリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だ。
今回も敵は悪の宇宙人軍団で、しかもアベンジャーズ側のメンバーには神様のほかに魔法使いまで参加するという・・・
どんだけチート感たっぷりなんだよ!

 

もう観る前から1000%期待してなかったんだけど、とにかく行ってきた。
新宿よ!これがクソ賑やかし軍団映画だよ!

 

f:id:okureje:20180429232645j:plain

 

しかし新宿はいいねぇ。
2日続けてのTOHOシネマズ新宿だけど、いかにもアベンジャーズのファンって客で溢れかえってて、かなりの祭りになっている。今日はコスプレしてる観客もいたし、盛り上がるよね。地方の映画館ではこうはいかないな。

 

で、作品。
今回の敵はシリーズ最強のヴィランであるサノス。
原作では女にいいとこ見せたいために宇宙の全生命の半分を消滅しようと企むそうだが、映画ではさすがに、女のために人類半分を絶滅させるって設定もどうよ・・って判断なのか、「宇宙のバランスを完全に保つために全生命の半分を消し去る」という、よく意味のわからない設定に。
その驚異的なパワーを得るために、6つのインフィニティ・ストーンという宝石みたいなのを探して、宝石のパワーを増幅させる武器であるインフィニティ・ガントレットに装着する。
・・・という、子供向けのストーリー。

 

【以下、ネタバレありまっせ】

 

このサノスという敵がメチャクチャ強くて、なんなら魔法まで使えるので、そもそも敵としてのパワーバランスが悪すぎるんだけど、とりあえず無敵のサノスも腕に装着したガントレットを外されると力が弱まるらしい。ってことでアイアンマンとスパイダーマンが何とかサノスの腕からガントレットをもぎ取ろうとしてるときに、恋人のガモーラをサノスに殺された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスター・ロードが逆上してサノスを撃ち殺そうとする。
せっかくガントレットが外せそうなのに、スター・ロードに余計な攻撃をされたらサノスに反撃の機会を与えてしまうことを恐れたアイアンマンがスター・ロードに「落ち着け!」みたいなことをいうセリフが、「押すなよ!絶対押すなよ!」に聞こえてしょうがなかった!
案の定、やっとガントレットが取れかかったのにスター・ロードの余計な攻撃のせいで計画は失敗。
お前は熱湯風呂のダチョウ倶楽部か!

 

そもそもストーリーには全く期待しておらずアクションシーンだけを観に来たんだけど、さすが金にモノを言わせたCGの映像美は素晴らしい。「東映まんがまつり」なので全ヒーローが集結するが、どのキャラクターにもそれなりに見せ場が用意されてて、その気配りもスゴイと思った。
ただ、アイアンマンのスーツの素材がついにナノマシンとなり、装着がまるでキューティーハニーの変身シーンみたいになっちゃって、だんだんメカメカしさが無くなるのがちょっと寂しいような。

 

でもまぁ、お祭り映画なので真面目に観てもしょうがないんだけど、驚いたのは本作、これで完結じゃなくて、あくまで前編だったってこと。
このお祭り映画を、また後編も観に行けってか!どんだけ緘口令を敷いてんだよ!

 

つか本作のラストでいっぱいキャラクターが死んだけど、どうせ後編では全員生き返るんでしょう!?
時間を戻すとか、もしくはドラゴンボールとかでさ!

 


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」本予告

 

つかつか、時間を戻せるなら、スタン・リーのセクハラ事件前に時を戻して、ジジィがボケて晩節を汚す行いを誰か止めてあげて!

 

 

【スポンサーリンク】