okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ボヘミアン・ラプソディ』 感想

f:id:okureje:20181118232811j:plain

 

いわゆるロック・ミュージックが苦手なこともあって、QUEENの楽曲はCMや映画くらいでしか聴いたことが無い。
なので最初は興味が無かったんだけど、ここまで話題になると観たくなるというもの。
(ただ、いくら話題になっているからと言って『若おかみは小学生!』は行かないぜ!アニメ嫌いだし)

 

ということで巷で評判の『ボヘミアン・ラプソディ』を、IMAXで観てきた。

結論から言うと、とても印象に残る良作だった。と、いうか感動してしまった。

 

不世出のボーカリストであったフレディ・マーキュリーはご存知の通りゲイであり、そしてエイズを発症して亡くなるという、もうその生涯がドラマそのものなのだが、映画もそのまま、若かりしフレディがQUEENを結成してからスターダムにのし上がるも、HIV陽性であることを知り絶望するが、不仲となったバンドメンバーと和解して、伝説のライブ・パフォーマンスとなったライブ・エイドで熱唱するまでを描く。
(実際はライブ・エイドの2年後にHIV陽性を知るなど時系列も違うし、脚色過剰な脚本だったとは思うけど)

 

映画作品としてはベタ、というか超王道なストーリーだが、テンポと演出の良さ、そしてなによりフレディを演じたラミ・マレックや他キャストの熱演が素晴らしくて、ラスト近くでは思わず泣けてしまった。フレディ・ファンでも無いのに!

妻も同様で、昔からフレディ・マーキュリーのルックスからして嫌いだったそうだが(特にあのヒゲが嫌いで、志村と加トちゃんのヒゲダンスか!と思っていたという)、映画を観終わったらすっかりフレディに心酔してしまったようだ。

 

実は映画を観るまで、フレディがインド系であったことも、出っ歯(過剰歯)気味であったことも知らなかった。というか気付かなかった。ハードゲイでセクシーなイケメンのイメージだったので、演じたラミ・マレックは、こう言っては失礼だけどフレディのコンプレックスを際立たせたようなビジュアルだな、と感じてしまった。
マッチョなフレディと比べても華奢な感じで、どうしても見劣りしたのだが、それでも劇中のラミ・マレックはフレディ・マーキュリーに見えた。

そして、これだけ世界中に熱狂的なファンがいるスターを演じるのはさぞプレッシャーだったろうし、ヘタしたら俳優生命も失いかねないほどリスキーな役柄のオファーを、よくぞ受けたもの。


映画を観終わって帰宅してから早速、youtubeで実際のライブ・エイドの演奏動画を視聴したが、確かにホンモノのフレディ・マーキュリーのパフォーマンスはカッコよかったけれど、IMAXの大スクリーンで観た、現代に再現された劇中のライブ・エイドのシーンのほうが、演出過剰なせいもあるが迫力があった。
(大画面、大音響なので当然といえば当然だけど)

ラミ・マレックの熱演の賜物だと思う。

 

f:id:okureje:20181118232812j:plain

 

なおライブ・エイドと言えば、当時の自分はトーキング・ヘッズや、UKではカルチャー・クラブやフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドなどに夢中で、バンド・エイドのドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマスは好んで聴いたが、USのウィ・アー・ザ・ワールドは嫌いだったこともあり、UKとUSをミックスしたライブ・エイドには全く興味がなかった。(というか殆ど記憶にない)
なので、当然フジテレビの衛星中継番組も見ていないのだが、これが酷い番組だったらしい。

洋楽の知識が皆無という故・逸見政孝氏と南こうせつ(おいちゃん)が司会だったそうな。なんでフォークソングが出てくるんだ?

んで、黙ってライブ・エイドのみを中継していればいいものを、本場のライブ中継をぶった切って、無理やり日本のアーティスト(さだまさしやチェッカーズ、イルカなど)の演奏を挟んだり、日本側ゲストのどうでもいい雑談を挟んだりしたらしい。

あげくはQUEEN登場の際に司会の逸見が「はぁ、これがクイーンという人たちですか。私は存じませんでしたが」と、洋楽ファンがテレビの前で一同コケるようなとんでも発言をしたりと、相当とんちんかんな演出に全国の洋楽ファンの怒りが大爆発!

チャリティの寄付申し出の電話に怒りの抗議が殺到したとそうだ。

なんてイイ話!さすがフジテレビ。

 

 

それにしても力作だった。珍しくもう1度、大画面で観たいと思えた映画。
そしてしばらくは、QUEENの楽曲が頭から離れない日々を送りそう。

 

f:id:okureje:20181118232813j:plain

  

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 
【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

 
BOHEMIAN RHAPSODY THE INSIDE STORY THE OFFICIAL BOOK OF THE FILM ボヘミアン・ラプソディ オフィシャル・ブック

BOHEMIAN RHAPSODY THE INSIDE STORY THE OFFICIAL BOOK OF THE FILM ボヘミアン・ラプソディ オフィシャル・ブック

  • 作者: オーウェン・ウィリアムズ,ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー,アレックス・ベイリー,富永晶子
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 

 

【スポンサーリンク】