okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

「ベッド・インと踊ろう! ~恋するマハラジャ SUPER BEAT~」at MAHARAJA ROPPONGI #ベッド・イン

f:id:okureje:20181224225400j:plain

 

ベッド・インのワンマンおギグ「ベッド・インと踊ろう! ~恋するマハラジャ SUPER BEAT~」に。
場所は MAHARAJA ROPPONGI

 

f:id:okureje:20181224225401j:plain

 

バブル時代の象徴と言える高級ディスコチェーン、マハラジャ。
ベッド・インのライブ会場でここより相応しい場所があろうか?というくらいインパクトがあるイベント場所。
妻などは「これはジュリ扇は必須!」ということで、公式サイトでオリジナル チャーム付ジュリ扇を購入するほどの気合の入れよう。

 

f:id:okureje:20181224225402j:plain

 

f:id:okureje:20181224225403j:plain

 

会場はもちろん満員御礼で、もはや入口近くのお立ち台の前から先には進めなかった。
なので、ステージ正面からベッド・インを鑑賞することは叶わず、ほぼ側面(ベッド・インが言うところの「側位」)しか観れなかったが、たまにお立ち台までやって来てくれて、まさにかぶりつき状態になったので、これはこれで感激!

 

f:id:okureje:20181224225404j:plain

 

f:id:okureje:20181224225405j:plain

 

f:id:okureje:20181224225406j:plain

 

f:id:okureje:20181224225407j:plain

 

f:id:okureje:20181224225408j:plain

 

f:id:okureje:20181224225409j:plain

 

てか、逆に近過ぎて写真が撮れない!

 

f:id:okureje:20181224225410j:plain

 

f:id:okureje:20181224225411j:plain

 

ちゃんまいがカメラの目前でポーズを取ってくれた!でも近過ぎ!

 

f:id:okureje:20181224225412j:plain

 

f:id:okureje:20181224225413j:plain

 

ステージ自体は、さすがに生バンドでの演奏が無くて少し寂しかったものの、今年観たなかでは1、2位を争うほどの素晴らしいライブだと感じた。

 

f:id:okureje:20181224225414j:plain

 

f:id:okureje:20181224225415j:plain

 

f:id:okureje:20181224225416j:plain

 

f:id:okureje:20181224225417j:plain

 

f:id:okureje:20181224225418j:plain

 

ベッド・インのワンマンは今回で2回目だが、昨年初めて観たワンマンでは、実は今ひとつノレなかった。
前回はまだベッド・インのアルバムは『RICH』のみでオリジナル楽曲が少なかったことと、また、所謂コーナー転換のための「中折れタイム」が、むしろ自分的にはライブの緊張感が削がれる気がして、ベッド・インの力強い楽曲を浴びるように聴きたい!という欲求が満たされなかったためだ。

 

 

f:id:okureje:20181224225419j:plain

 

f:id:okureje:20181224225420j:plain

 

f:id:okureje:20181224225421j:plain

 

しかし今回は、セカンド・アルバムの『TOKYO』もリリースされた後なのでオリジナル楽曲も充実しており、かつ、イベント時間が押していたせいもあってか「中折れタイム」も少なかったのもあり、最後まで緊張感が途切れることもなく、ベッド・インの力強いパフォーマンスを堪能することが出来た。

 

f:id:okureje:20181224225422j:plain

 

f:id:okureje:20181224225423j:plain

 

f:id:okureje:20181224225424j:plain

 

f:id:okureje:20181224225425j:plain

 

f:id:okureje:20181224225426j:plain

 

f:id:okureje:20181224225427j:plain

 

f:id:okureje:20181224225428j:plain

 

f:id:okureje:20181224225429j:plain

 

かおりさんは相変わらずの力強いヴォーカルが素晴らしかったし、ちゃんまいは体調が悪いと聞いて少し心配だったけど(心なしかやつれて少し痩せたような気が)、不調を全然感じさせないギター・プレイを目前で見せてくれてと、本当に満足度が高いライブだった。

 

f:id:okureje:20181224225430j:plain

 

・・ただ、これはベッド・インのお二人とは全然関係がなく、おそらく MAHARAJA ROPPONGI 側の問題だとは思うが、今回のイベント運営には不満が多かった。

 

まず開場だが、仕切りが非常に悪く、開場から開演まで30分しかないのに開場時間になってもスタッフが現れず、やっと現れてもお客さんを整理番号順に整列させるのに手間取り、しかも会場への移動は2基のエレベーターのみなので結局、開演時間が大幅に遅れてしまった。(たぶん、30分は遅れたと思われる)
またライブ終了後は打って変わって、まるで客を追い立てるように会場から出そうとし、入場の際はなぜか使わせなかった階段で降りろという、なんとも塩な対応。

例えば以前行った「東京キネマ倶楽部」なんかもライブ会場まではエレベータ移動だが、時間に余裕を持って整然とお客さんを誘導していたので、これはやはり、MAHARAJA ROPPONGI側の運営の不手際だと言わざるを得ないだろう。

 

そしてビックリしたのが、今回のライブではいわゆるドリンク代が1,000円と、通常のライブの倍もするにも関わらず、ライブ終了後にドリンクをオーダーしたら、ライブ後はVIPルームのお客さん以外はドリンク交換は終了しているとのことで、いろはす(しかも一番小さい285ml)しかもらえなかった。
サハラ砂漠の真ん中でもないのに、285mlで1,000円のミネラルウォーターって、どんだけギロッポン値段なんだよ!
(というかツイッター情報では、水すら交換してくれなかった人もいたらしい・・)

 

f:id:okureje:20181225181321j:plain

いろはすの悲劇


そもそも開演時間が大幅に遅れて、かつ会場も満員なので、ライブ前にドリンク交換なんて不可能だし、しかもライブ終了後はドリンク交換はできないという事前連絡も一切なし。

・・まるで噂に聞く、夏の魔物のフェスみたいなしょっぱい対応で、いくらベッド・インにとっては「聖地」ならぬ「性地」であっても、ここでのイベントには二度と来たくないと思ってしまった。

 

f:id:okureje:20181224225431j:plain

 

ということで、イベント進行自体は散々だったが、ベッド・インのパフォーマンス自体は最高だったので、次回のこの会場以外のライブが楽しみ。ベッド・イン最高!

 

TOKYO

TOKYO

 
TOKYO

TOKYO

 
RICH

RICH

 
RICH

RICH

 
101回目のベッド・イン DVD

101回目のベッド・イン DVD

 
C調び~なす! / ZIG ZAG ハートブレイク

C調び~なす! / ZIG ZAG ハートブレイク

 

 

【スポンサーリンク】