okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

がめつくストロング~毒舌OLラッパー、世間をぶった斬る! #Charisma.com #カリスマドットコム

f:id:okureje:20190424083739j:plain

 

Charisma.comを2014年に初めて知ってから5年間、ずっと自分のiPodからアルバムが途切れることがなく、今でも飽きずに聴いてられるのがよく考えたら不思議で、やっぱカリスマ好きなんだと思い直してそういえば本出してたなと思ってAmazonでチェックしたらさすがに中古しかなかった。

アーティスト本なんて、大昔にYMOや戸川純、RCサクセションなんかの本は買ったが、それ以降30年以上買ったことがない。
でもそんなにカリスマが好きなら中古でもいいから買えばいいじゃんということで買ってみた。ちょっと高めの「ほぼ新品」みたいなのを買ってみたが、確かにキレイで、MCゴンチの袋とじページも未開封だったが、肝心の「ジョブ後のメイク」付録CDが付いてなかったので、安いけどちゃんとCDが付いてて、かつゴンチの袋とじページが開封済みの本をもう1冊注文した。
「ほぼ新品」の方は保管用にすればいいじゃないか。

 

f:id:okureje:20190424083741j:plain

 

f:id:okureje:20190424083742j:plain

 

で、読んでみた。
本書は2016年1月に出版されたんだけど、2018年1月にゴンチがカリスマドットコムから脱退した今となって読むと、非常にジワる内容だった。

MCいつかとDJゴンチへのそれぞれの単独インタビューが本書のメインだが、とにかく、いつかのゴンチへのダメ出しが本書のあちこちに散見され、MCいつかと大久保佳代子との対談記事では、いつかが上昇志向がないゴンチに対して「死んでほしいと思っている」とまで言っており、そこまで言うか!と驚いてしまった。
またカリスマの「やれよ。」という曲があるが、あれは本人には言っていないが、ゴンチにちゃんと真面目に音楽活動に取り組めよ!という意味の曲だそうで、これまた驚いてしまった。たしかに改めて歌詞を読んだら、ゴンチに対して激しいくらいのdisりソングだった。

 

f:id:okureje:20190424083740j:plain

 

熱狂的なファンというワケではないので、彼女たちの全ての記事やメディアまで追ってはいなかったが、それでも何かのインタビュー記事を読んだら、今ひとつ音楽活動に乗り切れないゴンチに対して、いつかが苦言を呈している様子は度々伺えたので、昨年のゴンチ脱退の理由が「家業に専念する」なんて取って付けたような理由じゃないことは薄々わかってはいたが、ゴンチが本当にカリスマドットコムの活動(と、MCいつかとのコンビ生活)が苦しくて脱退したんだな・・というのが痛いほど伝わってくる本だった。
むしろ、この時点でよく辞めず、あと2年も継続して活動できたな、くらいな感じだ。他のバンドからシャレとは言え「ポンコツ」呼ばわりまでされて、ホント苦しかっただろうな。。

 

過去に2回しかライブを観たことはないけど、MCいつかは、自分にはもちろん相方のゴンチにも、そしてライブ観客に対しても厳しいキャラクターだというのはステージを観て実感した。

改めて本書を読んでみたら、とにかく「かっこいいアーティスト」であることを目指して、楽曲作りはもちろん、発信者としての、ファンや他のアーティストやメディアとの取り組みにも真剣に全力で対応しようとするMCいつか。
学生時代の部活のノリで参加したバンドだったが、当初から楽曲作りに直接参加していない自分の立ち位置が心苦し過ぎて、それが、あれよあれよという間にメジャーになって外国までツアーに行くほどの売れっ子になればなるほど、その心苦しさが増していくDJゴンチ。
本書には、この2人の対比が鮮明に現れていた。

 

妻が昨年から大ファンであるエレファントカシマシの宮本浩次だが、やはり同級生である他のメンバーにはキツく当たることも多いらしく、メンバーに「お荷物」と言い放ったこともあるそうだが、クイーンのフレディ・マーキュリーも同様、天才には周りのメンバーが無能にしか見えないものだろう。
MCいつかも間違いなく天才アーティストなので、メジャー志向にならないゴンチを歯がゆく思ってしまう気持ちはよくわかるが、そもそも2人のキャラクターが違い過ぎるので、思いが交わることはない。
また宮本にしろフレディにしろ、バンドメンバーは複数人いるので、メンバーの1人がポーっとしててもそれほど目立たないが、カリスマドットコムはたった2人だから、いつかの不満はゴンチに集中してしまう。

 

f:id:okureje:20190424083743j:plain

 

我々ファンにとってカリスマドットコムというユニットは、MCいつかとDJゴンチの2人のパッケージであると刷り込まれているので、やはり今でもゴンチがいないカリスマはピンとこないし、できれば復帰して欲しいと思いはするが、この本を読んだら「やっぱ絶対ムリ」ってなった。


 

孤高の天才、MCいつか。
昨年、ソロになって1度だけライブを行って以降、あまり活動を聞かないが、どうなってるんだろう。ゴンチがいなくても大丈夫なんだろうか。

 

f:id:okureje:20190424083744j:plain

 

がめつくストロング ?毒舌ラッパー、世間をぶった斬る! (SPA!BOOKS)

がめつくストロング ?毒舌ラッパー、世間をぶった斬る! (SPA!BOOKS)

 
アイ アイ シンドローム

アイ アイ シンドローム

 
OLest

OLest

 
愛泥C

愛泥C

 
DIStopping

DIStopping

 
not not me

not not me

 
【Amazon.co.jp限定】Charisma.BEST(「アイアイシンドローム」2013年アーティスト写真ポスター付き)

【Amazon.co.jp限定】Charisma.BEST(「アイアイシンドローム」2013年アーティスト写真ポスター付き)

 
【Amazon.co.jp限定】not not me(ちょっと良いお肉リアファイル付き)

【Amazon.co.jp限定】not not me(ちょっと良いお肉リアファイル付き)

 
【Amazon.co.jp限定】OLest(一言毒を添えるためのふせん付き)

【Amazon.co.jp限定】OLest(一言毒を添えるためのふせん付き)

 

 

【スポンサーリンク】