okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』at 東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)

f:id:okureje:20190505154545j:plain

 

東京ドームシティの「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」で開催されている、『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』に行ってきた。

 

f:id:okureje:20190505154546j:plain

 

f:id:okureje:20190505154547j:plain

 

実は、「アウトサイダー・アート」なるものが何かも知らなかった。

アートに「インサイド」も「アウトサイド」もなく、単に頭がおかしい人(いい意味で)が、溢れる創作意欲を抑えることができずに生み出されたアウトプットがアート作品だと思っていたが、あえて「アウトサイダー・アート」とした場合、「西洋の芸術の伝統的な訓練を受けていない人が制作した作品」という定義があるそうだ。

確かに、こちらの展示会では、街中の小奇麗な美術館やオシャレなギャラリーでは展示されないような、剥き出しの野性味あふれる作品で溢れていた。

 

f:id:okureje:20190505154548j:plain

 

f:id:okureje:20190505154549j:plain

 

f:id:okureje:20190505154550j:plain

 

f:id:okureje:20190505154551j:plain

 

f:id:okureje:20190505154552j:plain

 

f:id:okureje:20190505154553j:plain

 

f:id:okureje:20190505154554j:plain

 

f:id:okureje:20190505154555j:plain

 

本展主宰の櫛野展正(くしの のぶまさ)さんは、日本でも唯一のアウトサイダー・アートのキュレーターで、過去にも多くのアウトサイザー・アート展を開催し、広島に「クシノテラス」というアートスペースまで設立して、市井に埋もれているパワフルで素晴らしい才能を持ったアーティストの作品を世の中に紹介されているそうだ。

なお当日(5月1日)は、櫛野さんがギャラリートークをされていたタイミングに立ち会えたので、作品解説を聴くことができた。

 

f:id:okureje:20190505154556j:plain

 

18歳未満禁止のコーナーもあり(こちらの18禁暖簾のイラストは櫛野さんご本人が描かれたそう)、そもそも本展に来ようと思ったのは、こちらの18禁コーナーに展示されている塙興子さんとマキエマキさんの作品を鑑賞したかったため。

 

f:id:okureje:20190505154557j:plain

 

f:id:okureje:20190505154558j:plain

 

マキエマキさんは、板橋にある小さなギャラリー「カフェ百日紅」で何度か作品を鑑賞したが、昨年『第5回 東京女子エロ画祭』でグランプリを受賞され、個展なども数多く開催されて今やすっかりメジャーな存在になってしまった。

 

f:id:okureje:20190505154559j:plain

 

f:id:okureje:20190505154600j:plain

 

f:id:okureje:20190505154601j:plain

 

マキエさんの作品のなかでも、このドカベンのケツバットが大好き。
本職は写真家であるマキエさんのプロの撮影技術で、このようにアホなシーンを撮るのが素晴らしい!

 

f:id:okureje:20190505154602j:plain

 

マキエさん自身は有名になるにつれて、単にエロ目当てのファンも少なからず増えてくることに憤慨されており、そういうサバサバしたところもカッコいいんだけど、ただ、確かにお綺麗な方なので、一定数のエロオヤジが湧いてくるのはしょうがないと思われる。

 

f:id:okureje:20190505154603j:plain

 

塙さんの細密画は狂気を感じられるほど素晴らしい。もっと多くの作品を直に鑑賞したいのだが、当面は個展の予定がないとのこと。
なのでこのアウトサイド・ジャパン展に数点が展示されると聞いて、事前にオンライン・チケットを購入して待ち望んでいたのだ。
今回は塙さんの亡きご尊父が人知れず描かれていた、これまた狂気を帯びた貴重な作品を鑑賞できたのはラッキーだった。

 

f:id:okureje:20190505154604j:plain

 

f:id:okureje:20190505154605j:plain

 

f:id:okureje:20190505154606j:plain

 

f:id:okureje:20190505154607j:plain

 

f:id:okureje:20190505154608j:plain

 

f:id:okureje:20190505154609j:plain

 

塙さんは絵画作品だけでなく、ツイッターやnote(ノート)で書かれている文章も面白い。note(ノート)で書かれた文章をエッセイ集として出版してくれたら買う!

 

f:id:okureje:20190505154610j:plain

 

塙さんやマキエさんの作品の他、ツイッターなどで見知った作家さんの作品もいくつかあった。

 

f:id:okureje:20190505154611j:plain

 

f:id:okureje:20190505154612j:plain

 

f:id:okureje:20190505154613j:plain

 

f:id:okureje:20190505154614j:plain

 

f:id:okureje:20190505154615j:plain

 

f:id:okureje:20190505154616j:plain

 

f:id:okureje:20190505154617j:plain

 

f:id:okureje:20190505154618j:plain

 

f:id:okureje:20190505154619j:plain

 

f:id:okureje:20190505154620j:plain

 

塙さんの未購入のポストカードと、マキエさんのZinを購入。

 

f:id:okureje:20190505154621j:plain

 

猫のポストカードだが、塙さんが飼われているクロネコちゃんの写真かと思ったが、よく見たら細密画ぽい!塙さんの精神は大丈夫か?

 

f:id:okureje:20190505154622j:plain

 

f:id:okureje:20190505154623j:plain


 

ということで、5月19日(日)まで開催されている本展。
著名な方もファンが多いらしく、実際に自分が行った日も、ある有名な俳優さんが鑑賞されていた!(しかも2度目の鑑賞という・・)
もしかしたら有名人に会えるかもしれない『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』、これは絶対、行っておかないと!

 

f:id:okureje:20190505154624j:plain

 

アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート

アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート

 
マキエマキ

マキエマキ

 
The Nude Vol.4 (日本カメラMOOK)

The Nude Vol.4 (日本カメラMOOK)

 
ヒミツの天職

ヒミツの天職

 
アウトサイドで生きている

アウトサイドで生きている

 
極限芸術 〜死刑囚は描く〜

極限芸術 〜死刑囚は描く〜

  • 作者: 櫛野展正,ダダオ,椹木野衣,田口ランディ,立堀和仁
  • 出版社/メーカー: クシノテラス
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

【スポンサーリンク】