okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ライオン・キング』 感想

f:id:okureje:20190813153423j:plain

 

ディズニー実写版の『美女と野獣』、『アラジン』が良作だったので、フルCG版『ライオン・キング』も、当然面白い作品だと思って観に行ったのだが、これがとんだガッカリ作品だった。

劇場予告で、フルCGで表現されたシンバのもふもふ感が素晴らしかったのと、『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督作であることから無条件で、良作であるに違いないと勝手に思い込んでいた。

 

実は本作のオリジナル版である『ジャングル大帝』・・じゃなくてアニメ版は観たことがないのだが、アニメ版であれば、ディズニーアニメお得意の大げさな表情やリアクションで、それなりにキャラクターに感情移入できるんだろうが、今回のフルCG版の場合、リアルさにこだわり過ぎたせいでキャラクターの表情が乏しく(動物は笑わないので感情表現に乏しいのは当然)、陳腐なストーリーがほぼ陳腐なままでしか観客に伝わらなかったのではないか?

 

いくらストーリーが幼稚で陳腐でも、ディズニーアニメの表情豊かなキャラクターやウィル・スミスのお陰で、観客もワクワクしながら作品を楽しめることができたが、いかんせんリアルに表現された無表情の動物たちがいきなり歌い出しても、観ているこちらの気分は今ひとつ乗り切れない。

なお脚本が悪いのか、主人公シンバのキャラクターにあまり共感できなかった。
叔父スカーの策略で父王であるムファサが殺され、なぜかムファサが死んだ責任を負わされてシンバは追放されるのだが、責任転嫁された理由が説明不足で納得感がない。で、故郷から追放されて草食動物たちと暮らす数年の間、虫しか食ってないのになぜか逞しく成長し、サルにちょっと説教されただけでいきなり復讐心がメラメラと芽生えて故郷に帰るという・・
登場人物たちが無表情なため、観客の感情に訴えることがないまま叔父スカーに復讐を果たすが、カタルシスがまったく感じられなかった。
ストーリーについてはオリジナル版とほぼ同じらしいが、こんな内容なら、アニメ版もつまらないんじゃないか・・と思わずにはいられなかった。

 

とにかく本作、素晴らしいのはCG技術のみで、脚本も演出も凡庸過ぎて、とても現代の作品とは思えない。久しぶりに2時間の鑑賞時間を損した気分になってしまった。

 

田中圭一先生は許せてもフルCG版『ライオン・キング』は許せません!!

 

f:id:okureje:20190813153529j:plain

 

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック)

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
ライオン・キング (字幕版)

ライオン・キング (字幕版)

 
田中圭一最低漫画全集 神罰1.1

田中圭一最低漫画全集 神罰1.1

 
神罰

神罰

 

 

【スポンサーリンク】