okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

トランスフォーマー 浜田ロボ ~ドナリマス~ & トランスフォーマー 松本ロボ ~グチリマス~ レビュー

f:id:okureje:20191027101204j:plain

 

浜田~ 松本~ 徳井~ アウト~!

 

f:id:okureje:20191027101220j:plain

 

ダウンタウンの長寿番組『ガキの使いやあらへんで!』の大晦日年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない」シリーズも、2006年から始まって今年で13年目となるそうだ。

本商品は、2016年の大晦日に放映された『大晦日年越しスペシャル絶対に笑ってはいけない科学博士24時』とトランスフォーマーのコラボ商品であるという。

 

f:id:okureje:20191027101248j:plain

 

f:id:okureje:20191027101306j:plain

 

本来は、『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』の初回限定版DVD BOX&Blu-ray BOXに封入されたシリアルナンバーでしか購入できない商品らしい。

 

f:id:okureje:20191027101315j:plain

 

f:id:okureje:20191027101332j:plain

 

笑ってはいけないシリーズにもトランスフォーマーにも詳しくないのでよく事情がわかっていないのだが、ヤフオクで割と安価だったので、勢いで落札してしまった。

 

f:id:okureje:20191027101343j:plain

 

f:id:okureje:20191027101357j:plain

 

何と言っても購入の決め手は、現吉本興業の藤原寛副社長のあのセリフ「浜田!松本!アウト!」などの音声が再生されるサウンドギミック付きであるという点。
笑ってはいけないスペシャルなんて10年以上視聴していないし、ダウンタウン本人も辞めたくてしょうがない特番だろうが、あのセリフだけはお笑い番組史に残る名ゼリフだろう。

 

f:id:okureje:20191027101411j:plain

 

f:id:okureje:20191027101425j:plain

 

f:id:okureje:20191027101440j:plain

 

f:id:okureje:20191027101451j:plain

 

ヘッドモードからロボットモードへのトランスフォームも割と簡単なので、気軽に変形を楽しめる。

 

f:id:okureje:20191027101504j:plain

 

f:id:okureje:20191027101518j:plain

 

f:id:okureje:20191027101533j:plain

 

f:id:okureje:20191027101544j:plain

 

f:id:okureje:20191027101601j:plain

 

f:id:okureje:20191027101613j:plain

 

f:id:okureje:20191027101630j:plain

 

f:id:okureje:20191027101640j:plain

 

f:id:okureje:20191027101653j:plain

 


松本、浜田、徳井、アウト〜2

 

f:id:okureje:20191027101704j:plain

 


松本、浜田、徳井、アウト〜3

 

藤原副社長を模した「巨大ヘッドモード」の表情も不気味でよい。

 

f:id:okureje:20191027101716j:plain

 


松本、浜田、徳井、アウト〜1

 

元々は『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』というアニメ版のキャラクターである「フォートレス(ヘッドマスター:セレブロス)」の素体が流用されているそうだ。よくわかんないけど。
そしてこのヘッドモード、さらに巨大なトランスフォーマーにセットできるらしい。「フォートレスマキシマス」というんだそうだが、できれば合体させてみたいなーと思ってAmazonで価格を調べたら、なんと2~3万円の高額商品でビックリ!

 

トランスフォーマー レジェンズ LG31 フォートレスマキシマス

トランスフォーマー レジェンズ LG31 フォートレスマキシマス

 

 
これは購入は無理!

 

f:id:okureje:20191027101731j:plain

 

ガースー(現政権の官房長官ではない)の顔もステッカーではなく印刷(タンポ印刷という技法らしい)されている。

 

f:id:okureje:20191027101744j:plain

 

それにしても、今年の7月にあれだけ日本中を騒がせた吉本興業の謝罪会見だが、半年もしないうちに人々の記憶から消滅してしまったのはスゴい。
さすが、統計不正しようが公文書を改ざんしようが何の責任もとらない現政権と、大手マスコミや大手企業の庇護下にある芸能事務所だけあるが、あの岡本昭彦吉本興業社長のグダグダ会見のなかで妙に癒し系キャラだった藤原副社長の癒しパワーが、人々の記憶から何となく、吉本興業の悪行の記憶を消し去ったのかもしれない。

 

f:id:okureje:20191027101756j:plain

 

さすが、次期社長と目される藤原副社長、恐るべし!

 

f:id:okureje:20191027101809j:plain

 

 

【スポンサーリンク】