okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

ジョーカー考 ~「無敵の人」はジョーカーにはなれない~

f:id:okureje:20200212073633j:plain

 

祝・アカデミー主演男優賞受賞ということで、改めてホアキン・フェニックス主演、トッド・フィリップス監督版『ジョーカー』について自分なりの感想を述べると、やはりこの作品は、バットマンの最大の敵であるスーパー・ヴィラン、ジョーカーを描いた実写映画ではないな、ということ。
いうなればトッド・フィリップスが二次創作した「ジョーカー」であって、この作品を過去のジョーカーが出ていた実写映画の仲間に入れてあげるのは断固、お断りしたい。

 

f:id:okureje:20200212073648j:plain

 

その前に、改めてジョーカーについて振り返ってみると、その誕生はとっても古くて、なんとバットマンのコミックに初登場したのは1940年4月!まだ第2次世界大戦の真っただ中だし!

 

f:id:okureje:20200212073702j:plain

 

3人のクリエイター(ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソン)のうち、誰がジョーカーの真の創作者だったのかという論争は、結局3人とも故人となったため未解決のままだそうだが、ビジュアルイメージがドイツ出身俳優のコンラート・ファイトであることは間違いないらしい。

 

f:id:okureje:20200212073706j:plain

・・・これって、ジョーカーが誕生する前からジョーカー演じてた人かよ!

 

なおコミック版のジョーカーについては、アメコミ特有だが様々なストーリー、キャラクターで描かれているため、決定的なオリジンは確立されていないそうだが、やはり全世界的にジョーカーのイメージを決定づけたのは、ティム・バートン監督版『バットマン』のジャック・ニコルソンが演じたジョーカーだろう。

 

f:id:okureje:20200212073735j:plain

 you wouldn't hit a man with glasses would you?

 

陽気でポップ、知性的だが、残虐。
明るいサイコパス、ジョーカーのイメージをこれほど表現できる役者は、やはりジャック・ニコルソン以外にいないだろう。
自身もジョーカー役を「どう演じるか分かってる」と自負しており、クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』のジョーカー役のオファーがなかったことにお怒り気味だったそうだが、確かに、誕生から40年間を経たコミックスのキャラクターを、ここまで読者が思っていた通りに実写化した俳優はジャック・ニコルソンしかいない。
自分のなかでも、作品とともに一番好きなジョーカーである。

 

しかしヒース・レジャーが演じたジョーカーは逆に、おそらくコミックスの読者が想像すらしなかったほど、狂気に満ちたリアリティ溢れるジョーカーだったのではないだろうか。

 

f:id:okureje:20200212073750j:plain

 You have all these rules, and you think they'll save you.

 

それまでのコミックス版やジャック・ニコルソン版ジョーカーと違って、ポップさやコミカル性は殆ど排除されているが、それでもどこかに愛嬌やユーモアも感じさせるので、余計に残虐性が際立って、ドス黒い狂気を感じさせる、これはこれで最高のジョーカーだった。ヒースの早すぎる死は、『ダークナイト』での壮絶な役作りのためとも言われているけど、そんな噂も信用しそうになるほど迫真の演技。ジャック・ニコルソンとヒース・レジャーのジョーカーは、どちらも甲乙が付けがたい。

 

・・んで、ホアキンのジョーカーだけど・・

 

f:id:okureje:20200212073803j:plain

 

もともと精神疾患を抱える、どちらかといえば善人だった男が、貧困のために精神カウンセリングを受けられなくなり投薬が打ち切られ、そのせいで、精神が安定しない状態で職を失ったりとか、電車内で因縁をつけてきたビジネスマンをうっかり射殺してしまったりとか、母親の実の息子だと思っていたら実は養子だったことが判明したとか、映画としては割とスケールの小さい、取って付けた感が満載な理由で、いわば「ヤケクソ」になって犯罪者になるという・・要するに、「無敵の人」になっただけのキャラクターなのだ。

アキバのホコ天でブチ切れた加藤智大や、京アニ放火事件の青葉真司となんら変わりなくて、そんな男が、平気で殺人も犯すが、決してヤケクソで犯罪を犯しているのではない、真性の陽気で狡猾なサイコパスであるジョーカーになんか、なれるワケがない。

 

f:id:okureje:20200212073710j:plain

 

現代の世界的な問題である、社会的弱者や格差社会をリアルに描いた社会派作品と言えるかもしれないが(ひいき目に言えば)、ジョーカーというヴィランの誕生をリアルに描いた作品では全くない。
『ダークナイト』ではジョーカーの誕生については全く描かれなかったが、ホアキン版ジョーカーこそが、『ダークナイト』版ジョーカーのビギニングだ、という声も聞こえるが、いやいや、それはない!
あんなヘタれなホアキン版ジョーカーが、あんなワルの見本のような狡知に長けたヒース版ジョーカーになれるワケがないやろが!

 

f:id:okureje:20200212073723j:plain

 

ということでトッド・フィリップス監督版『ジョーカー』、0点!

 

f:id:okureje:20200212073818j:plain

 

ジョーカー(字幕版)

ジョーカー(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Prime Video
 
スケッチ ホアキン・フェニックス ジョーカー

スケッチ ホアキン・フェニックス ジョーカー

  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: Prime Video
 
ジョーカー ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

ジョーカー ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: Blu-ray
 

 

【スポンサーリンク】