okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『アウトレイジ 最終章』 感想

f:id:okureje:20171008224111j:plain

 

公開初日に歌舞伎町の旧コマ劇場跡地にできた劇場へ、ワクワクしながら観に行った。

 

f:id:okureje:20171008224149j:plain

 

ただ北野監督が、「今回の作品はかなり良くできた」とか言い出したらちょっと警戒だ。

なにしろ、面白くないワケがないと思って観に行った『龍三と七人の子分たち』が、監督のインタビュー記事や評論家は大絶賛だったにも関わらず、とんでもなくガッカリな作品だったから。あんなもん面白いって言ってるヤツ、全員提灯持ちだコノヤロー!

今回も監督や演者は公開前から絶賛していたが、率直な感想として、超傑作だった『アウトレイジ ビヨンド』を超える作品ではなかったと思う。

 

『アウトレイジ』シリーズは、息が止まって死んでしまうんではないかと思うほどの緊張感のなかで繰り広げられるヤクザ同士の腹の探り合い、ブラフ、威嚇と、疾走感がオーバードライブなまでのヴァイオレンスが特徴だが、今作は役者が高齢になって迫力に欠けたこともあるし、また、少なからず予定調和な脚本(あくまで過去の北野作品と比べて)が今一つだったと思う。特に、ストーリーと一部キャストにあまり必然性を感じられなかった。

『アウトレイジ』と『アウトレイジ ビヨンド』では、北野武演じる主人公の大友は、武闘派ヤクザだが基本的には他の組や人間との対立は望んではおらず、イヤイヤながらも抗争に巻き込まれ、最後には暴走して敵対者をせん滅するという流れ。
『アウトレイジ』では、山王会会長の策略で無理やり厄介仕事を押し付けられ、挙句の果てに破門させられたことで怒りを爆発させる。

『アウトレイジ ビヨンド』では、出所後は極道世界から足を洗うつもりで、木村(中野英雄)から山王会への復讐を持ち掛けられても「…俺はもういいよぉ」と覇気なく断るも、狂言回しの役割である悪徳警官・片岡(小日向文世)の画策に乗せられる形で、大阪の花菱会も巻き込んで山王会への血みどろの復讐を果たす。


で本作『アウトレイジ 最終章』では、恩人である張(チャン)会長の庇護で韓国の済州島に引き籠っていたが、花菱会と張グループとのささいなトラブルを、張会長が止めるのも聞かずに大友自身がむしろ無理やり大抗争に発展させるかのような行動をとるのだが、この展開にはどうにも必然性を感じられない。
過去2作では、大友自身は抗争を望んでいなかったが、ハメられたり舎弟分の若者が殺されたりして怒りを爆発させるが、今回はおそらく、自分の死に場所を求めるために抗争を深めていく。
だが、大事な人間が残酷に殺されたワケでもないのに、恩人が止めるのも聞かず、むしろ迷惑までかけてハチャメチャな行動を取るっていうストーリーって、ちょっと無理があるのでは?
「滅びの美学」はわかるんだけど、それは『ソナチネ』や『BROTHER』とかでさんざん観たしな・・・


北野監督のインタビューで「大友は張会長のことを心から慕っていて、彼のためなら命を投げ出してもいいと思っている」みたいなことをやたらと語っていたが、今思うと、今回の無理やりな展開に対してのエクスキューズだったのかな?と邪推してしまう。

 

また今回初登場の大森南朋が演じる市川だが、彼はいったい誰で、なんで大友を慕っていて、しかも死ぬことも辞さずに花菱会との死闘に身を投じていくのか、説明が無さ過ぎてなんとも唐突感が拭えなかった。
同じく新キャラクターの大杉連が演じる野村も、元証券マンでカタギの設定だが、いくらなんでも、ちょっと前までカタギだった男が、強面の幹部に対してあんな偉そうな態度取るわけないって思う。

まさに西野(西田敏行)が言うように、素人にヤクザの会長なんてできるワケがないし。
これも北野監督がインタビューでさんざん言ってたけど、「野村は自分が元サラリーマンの素人であることにとても劣等感を感じており、自分を見下している花菱会の幹部達に精一杯の虚勢をはっている」とのことだったが、作品を観る限りは単に、急にヤクザのトップになった男が調子に乗って偉そうにしていたら古参の幹部に締められた、という単純なキャラクターにしか見えなかった。
そして、『座頭市』から久しぶりに、あの岸部一徳をキャスティングしておきながら、あんまりパッとしない役だったりと、大杉連と岸部一徳の無駄遣い感がパネェ。
津田寛治も池内博之も、あんまり印象が残らないまま殺されてしまう。

この作品で唯一良かったのは、ピエール瀧が演じる、強面で変態なのにどこか頼りないヤクザ、花菱会の花田くらいじゃないだろうか。

 

『アウトレイジ ビヨンド』には、無駄なキャラクターが一切登場しなかった。

花菱会のヒットマン役の高橋克典なんて、セリフすらないのに観客に強烈な印象を残した、ってのがなかったのも、残念。

 

・・・とまぁ期待が大きすぎた分、自分的にアレって感じたことが気になってネガティブな感想になってしまったけど、でも、もう1度劇場でじっくりと観てみたい。

 


アウトレイジ 最終章 - 映画特報(15歳未満は見ちゃダメ)

 

北野監督の映像と構図と間と、そんなのをもう一度、劇場で確かめてみたい気がする。

 

f:id:okureje:20171008224441j:plain

 

アウトレイジ [Blu-ray]

アウトレイジ [Blu-ray]

 
アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]

アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]

 
アウトレイジ ビヨンド 【スペシャルエディション】 (初回限定版) [Blu-ray]

アウトレイジ ビヨンド 【スペシャルエディション】 (初回限定版) [Blu-ray]

 

 

【スポンサーリンク】