okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

「横濱衛生展覧會」@ギャラリーソコソコ #衛生展

f:id:okureje:20171112220905j:plain

 

横浜中華街のアートスペース、ギャラリーソコソコで開催されている「横濱衛生展覧會」に行ってきた。

 

f:id:okureje:20171112220906j:plain

 

先月こちらで開催されていたグループ展「paranoia展」で、牧田恵実さんから頂いたフライヤーのビジュアルが良かったという理由だけで、なんの前知識もなく訪れたが、これが思いの外、素晴らしい展示だった。

 

 

あいかわらず、ギャラリーソコソコへと続く路地への入り口は、豚まんを食べる観光客に塞がれていた。彼らもまさかこの怪しい路地の向こうに、もっと怪しげな展示を行っているギャラリーがあるとは思いもよらないだろう。

 

f:id:okureje:20171112220907j:plain

 

f:id:okureje:20171112220908j:plain

 

f:id:okureje:20171112220909j:plain

 

f:id:okureje:20171112220910j:plain

 

f:id:okureje:20171112220911j:plain

 

f:id:okureje:20171112220912j:plain

 

f:id:okureje:20171112220913j:plain

 

f:id:okureje:20171112220914j:plain

 

f:id:okureje:20171112220915j:plain

 

初めて知ったが、明治から昭和40年頃まで「衛生展覧会」なるものが開催されていたそうだ。蝋人形の解剖模型や義手義足義眼、奇形写真や性病患者の写真など、衛生思想啓発が目的ではあったものの、ちょっと下世話でオドロオドロしい展示物に溢れた、ある種、見世物小屋的な要素もある展示会だったそう。

 

f:id:okureje:20171112220916j:plain

 

f:id:okureje:20171112220917j:plain

 

f:id:okureje:20171112220918j:plain

 

かつて、元ゲルニカの太田螢一さんが昭和60年に「衛生博覧会」をアート展として復活させたそうだが、ここ横浜の地にて、再び衛生展が蘇るという。

 

f:id:okureje:20171112220919j:plain

 

f:id:okureje:20171112220920j:plain

 

今回の「横濱衛生展覧會」では、過去の衛生展覧会で実際に展示されていた数々の展示品と、アーティストの作品が混在して展示されている。
あまりにも両者溶け込んでいるので、どれが作家の作品でどれが過去の展示品だったのか区別がつかなかったが、そこがまたよい。

なお画像は、撮影OKなエリアで撮ったほんの一部。実際の展示品はかなり多く、そしてなかなかエグいです。

 

f:id:okureje:20171112220922j:plain

 

f:id:okureje:20171112220923j:plain

 

在廊さているおにいさん(影ノ森さん?違ってたらスイマセン)に詳しく教えて頂いた、戦前のヒロポンやコカインのパッケージ、珍しくて興味深い。覚醒剤(の古いパッケージ)のコレクションはおそらくココが1番、とのこと。

女性の死体の検視写真とかもあった。

 

f:id:okureje:20171112220924j:plain

 

f:id:okureje:20171112220925j:plain

 

f:id:okureje:20171112220926j:plain

  

こちらのギャラリーはそこそこ小さいので、この膨大な量の展示品をじっくり鑑賞するのはちょっとだけ辛いかも。なるべく空いたタイミングで行くのが吉。

とにかく展示品や作品の情報量が多すぎて簡単には消化できない。できることなら図録が欲しいところだが、バコバコ人が入る怖い絵展ならともかく、この規模の展示では図録なんて作っても絶対ペイできないだろうから叶わない話。でも、できることなら展示物と作品の詳しい解説を読みたいもの。

 

グッズ販売コーナーにはホンモノの昔のお薬やビーカーなども置かれていたが、作家の作品なのか骨董なのかも区別がつかず。

 

f:id:okureje:20171112220928j:plain

 

f:id:okureje:20171112220927j:plain

 

f:id:okureje:20171112220929j:plain

 

f:id:okureje:20171112220930j:plain


妖しい感じのこの女性のイラストのポスターを買ったんだけど、これって作品なのか昔の本当のポスターだったものか?

 

f:id:okureje:20171113085121j:plain

 

開催は11月19日(日)まで。
入場料たった500円で、こんな素敵なお土産まで頂けるので、行かない手はないでしょう。(たぶんホンモノの昔のお薬?)

 

f:id:okureje:20171113085119j:plain

 

f:id:okureje:20171113085120j:plain


120分行列に並んで怖い絵展に行くのもいいけど、展示内容はこちらのほうが物理的に怖い!

 

そういえば本展示に関わっておられるマンタムさんについて、牧田恵実さんが熱っぽく語られていた。『幻獣神話展IV』でも牧田さんと共演されていたが、なんでもマンタムさんは多くの伝説を持っているスゴイ人らしい。それはもう、なんといってもあの諸星大二郎大先生の『諸星大二郎 トリビュート展』を企画された方なのでスゴいアーティストには間違いなんだろうけど、例えばマンタムさんは長年お部屋の片付けをしておらず、ある日積み重なった荷物の中から大金が出てきた、みたいなエピソードを牧田さんからお聞きした。

・・・「もっとアーティスティックな逸話を教えてくれるのかと思ったら、それって、たんに汚部屋を片付けられないだらしない人の話やん!」と心の中でツッコミを入れてしまった。

 

f:id:okureje:20171112220931j:plain

 

衛生展覧会の欲望

衛生展覧会の欲望

 

  

児童衛生展覧会ニ於ケル児童身体検査成績

児童衛生展覧会ニ於ケル児童身体検査成績

 
衛生展覧会説明書

衛生展覧会説明書

 

 

【スポンサーリンク】