okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

幻獣神話展Ⅵ at 東京交通会館ゴールドサロン

f:id:okureje:20190818153408j:plain

 

有楽町は東京交通会館B1のゴールドサロンで8月8日から8月17日まで開催されていた「幻獣神話展Ⅵ」、最終日ギリギリに滑り込みで行ってきた。

 

f:id:okureje:20190818153420j:plain

 

最終日のためか、会場内は立錐の余地もないほどの混雑ぶり。

今回で6回目の開催となる本展だが、無料にも関わらず毎回、豪勢なアーティストの作品を大量に鑑賞できる非常にコスパの良いイベントとなっている。

 

f:id:okureje:20190818153434j:plain

 

なお本展では、図録を購入したら在廊されているアーティストさんのサインを頂けるシステムになっているので、遠慮なくサインをして頂いた。

 

f:id:okureje:20190818153449j:plain

 

まずは、本展の発起人のお1人でもあるマンタムさんにサインを頂いた。
恒例、夏の上野骨董市を終えられて「絞りカスになって死にそう」と仰っていたが、普通にお元気そうだった。

牧田恵美さんと「あの猛暑の中で、何年も倒れもせずに骨董市を続けられるなんて異常としか思えない」と、マンタムさんについて感想を述べあった。

9月26日(木)から横浜中華街のギャラリーソコソコで個展を開催されるので、当然伺う予定。

 

f:id:okureje:20190818153503j:plain

マンタムさんからご紹介頂いて、NeQroさんからもサインを頂いた。
11月23日(土)からギャラリーソコソコで展示会を行われるそうなので、是非出向いてみたい。 

 

f:id:okureje:20190818153522j:plain

 

牧田恵美さんの作品は、なんと幻獣神話展初の18禁展示となっていて、マンタムさん製作の18禁展示用扉内での鑑賞となっていた。牧田さんは最終日のみの在廊だったので、お会いできてよかった。

 

f:id:okureje:20190818153535j:plain

 

こちらは昨年に頂いたサイン。少しだけ絵柄が複雑になった感じが。

 

f:id:okureje:20190818153546j:plain

 

昨年のギャラリーソコソコで牧田恵美さんと二人展を開催された川合喬太さんにもサインを頂いた。

川合さんらしい、不穏なサインだ。(雷のような線で「川」と書かれたシンプルな文字がサイン)
10月8日(火)からギャラリーソコソコで初個展を開催されるそうなので今から楽しみ。是非とも駆け付けたい!

 

f:id:okureje:20190818153556j:plain

 

森園くるみ先生も会場にいらしたが、さすがに森園先生には気軽にサインをお願いすることはできなかった・・・
昨年の「幻獣神話展Ⅴ」の会場で購入した先生の『森園みるくの官能とエロス』に直筆サインが書かれていたので、まぁ今回はいいか・・と思ったが、やはりマンタムさんにお願いして図録にもサインを頂くべきだった!後悔。 

 

f:id:okureje:20190818153612j:plain

 

そして今回一番ブッたまげたのは、あの諸星大二郎先生がたまたま会場にいらしていて、間近でお見かけできたこと!
マンタムさんが諸星先生に作品解説をされていたのだが、まさか、生の諸星先生を拝見できるとは・・・!
諸星先生は自分が一番尊敬している方なので、これは本当にラッキーだった。


 

いくら図録に作家さんのサインを頂けるとはいえ、さすがに諸星先生にサインをお願いするなんて恐れ多すぎて出来なかったが、・・マンタムさんにお願いして無理やり頂けないか・・と邪なことを妄想してしまったが・・
いや、冗談です!
そもそも諸星先生はめったにサインをされないことで有名だし。

 

f:id:okureje:20190818153622j:plain

 

それにしても、諸星大二郎先生と森園くるみ先生が自分と同じ空間に存在したとは、時空が歪んだかと思ってしまった。UMAもビックリだ!

 

f:id:okureje:20190818153640j:plain

 

幻獣神話展V 遙かなる憧憬との対峙 図録

幻獣神話展V 遙かなる憧憬との対峙 図録

 
幻獣神話展IV 遙かなる憧憬との対峙 図録

幻獣神話展IV 遙かなる憧憬との対峙 図録

 
幻獣神話展III 遙かなる憧憬との対峙 図録

幻獣神話展III 遙かなる憧憬との対峙 図録

 
幻獣神話展II 遙かなる憧憬との対峙 図録

幻獣神話展II 遙かなる憧憬との対峙 図録

 
幻獣神話展 寓意夢想の召喚 図録

幻獣神話展 寓意夢想の召喚 図録

 

 

Amazonプライム・ビデオ『ザ・ボーイズ』 感想

f:id:okureje:20190814154309j:plain

 

Amazonプライム・ビデオでストリーミング配信されているAmazonオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』。
海外ドラマはクオリティが高くて面白いけど、何話も視聴する気力がないため殆ど観ないのだが、本作は頑張って、シーズン1の全8話を視聴した。

 

『The Pro』のガース・エニス原作のアメコミをドラマ化した作品で、ガース・エニス作品らしく、エロ・グロありのアンチ・ヒーローのドラマ。


 

Amazonリーディングで、原作の原書コミックが全12話中の1話だけ無料だったので読んでみたが(・・とは言え、英語初心者にはセリフが難解過ぎ、ほぼ絵だけでストーリーを追ったに過ぎないけど)、ストーリーや設定は多少は変更されつつも、大まかなプロットはほぼ原作とドラマは同じ感じだった。

 

f:id:okureje:20190814154315j:plain

 

アンチ・ヒーロー物としては『ウォッチメン』に近いノリだが、『ウォッチメン』の場合は登場するヒーローのうち数人のみが悪人だったが、『ザ・ボーイズ』は一部のヒーローを除いて、ほぼ全員悪人。

日本のアニメやコミックだと、『TIGER & BUNNY』や『僕のヒーローアカデミア』、島本和彦先生の『ヒーローカンパニー』に登場するヒーローを、下衆で下劣なキャラクターに置きかえたようなお話。

グロい人体損壊シーンも多く、よくぞこんな話を実写ドラマ化できるものだと感心してしまった。さすがアメリカ。さすがAmazon。

 

キャストもそれなりに豪華で、『ジャッジ・ドレッド』、『スター・トレック』のカール・アーバンや、懐かしの『シックス・センス』子役、ハーレイ・ジョエル・オスメント君も(すっかりお太りになって)出演。
また、『スーサイド・スクワッド』でカタナ役を演じた日系女優の福原かれんが出ているのも嬉しい。
なおドラマではジャック・クエイド(デニス・クエイドとメグ・ライアンの息子)が演じたヒューイ・キャンベルだが、原作版でのヒューイのビジュアル・モデルであるサイモン・ペッグが、ドラマ版ヒューイの父親役で出演している。

 

f:id:okureje:20190814154319j:plain

 

ストーリーは、大企業であるヴォート・インターナショナル社の管理下で、日常生活でスーパーヒーローが普通に活躍するアメリカが舞台。
電気店で働く平凡な青年ヒューイ・キャンベルはある日、高速移動能力を持つ「Aトレイン」のヒーロー活動中の事故死によって恋人のロビンを失ってしまう。
悲しみに暮れるヒューイだったが、事件後のヴォート社とAトレインの不誠実な対応に何も言い返せない自分自身にも嫌気がさしていた。
そんな失意のヒューイの前に、謎の男ビリー・ブッチャーが現れる。
ブッチャーはヒューイに、一般大衆の前では正義のヒーローだが、実は自分たちの欲望に忠実なだけの卑劣漢で、セクハラや殺人など何とも思わないダークなヒーロー達の裏の一面を垣間見せ、そんなダーク・ヒーローを人知れず成敗する「ザ・ボーイズ」の一員としてヒューイを迎え入れる。

 

物語に登場するスーパーヒーローでもトップクラスなのが「セブン」と呼ばれる7人のヒーローチームで、ドラマ版ではセブンの一員である「トランスルーセント」を「ザ・ボーイズ」のメンバーが拉致・監禁・殺害するくだりの3話くらいまではテンポも良くて面白かったのだが、4話以降は話がなかなか進まなくなり、最終話の8話もそれほど盛り上がりの無いラストだったので、正直、少し物足りなさを感じてしまった。
「トランスルーセント」を皮切りに、「ザ・ボーイズ」が次々と「セブン」のメンバーを人知れず殺害していくのかと思ったら、結局シーズン1でボーイズが殺したのは「トランスルーセント」だけだったので、ちょっと食い足りない感じ。

 

というか脚本も所々雑な印象を拭えず、特に、ヒューイを除いてはその道のプロ(であろう)と思われる「ザ・ボーイズ」の他メンバーの行動がかなり行き当たりばったりで、例えば、全くの素人であるヒューイに単独で盗聴器の設置や敵の脅迫をやらせてみたり、いまどき監視カメラが設置されていないワケがないのに素顔でバンバン敵地に侵入したり・・・
そんないい加減な計画で巨大企業とスーパーヒーローに太刀打ちできるのか?ってなってしまった。

 

なによりこの手のドラマは、人気が出て長期シリーズになることを期待されるため、なるべくストーリーを引き延ばそうとする間延びした脚本になりがちな気がする。
なので、リアルタイムで視聴する分には気にならないのだが、後からまとめて視聴しようとすると、どうしても冗長なストーリー展開が苦痛になってしまうのだ。
これは、本作と雰囲気がとてもよく似ている、かつての大人気犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』も同様で、結局『ブレイキング・バッド』も途中で視聴を止めてしまった。

 

 

f:id:okureje:20190814154326j:plain

 

とは言え、この手のアイロニカルでブラックなヒーロー作品は貴重なので、シーズン2が始まったら間違いなく継続して視聴しますけどね。

Amazonプライムいいぞ!

 

発端
 
始動
 
収穫
 
彼女
 
信念
 
無垢
 
防衛
 
発覚
 
ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)

ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)

 
ザ・ボーイズ 2 (G-NOVELS)

ザ・ボーイズ 2 (G-NOVELS)

 
ザ・ボーイズ 3 (G-NOVELS)

ザ・ボーイズ 3 (G-NOVELS)

 

 

【スポンサーリンク】