okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

藤井聡子×絲山秋子 「富山⇄東京 地方で生きる、地元で書く。 at 本屋B&B

f:id:okureje:20191209075240j:plain

 

まさか、本屋B&Bで藤井聡子さんのイベントを拝見できるとは思いもよらなかった。

 

f:id:okureje:20191209075250j:plain

 

藤井聡子×絲山秋子
「富山⇄東京 地方で生きる、地元で書く。」
『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』(里山社)刊行記念

 

f:id:okureje:20191209075300j:plain

 

前夜の早春書店さんのイベントに引き続いて、藤井聡子2DAYSのラストは、なんとあの、下北沢は本屋B&B。

しかもゲストに、人気作家の絲山秋子さんまでブッキングしてくるとは・・
藤井聡子さんとは編集プロダクション時代の同僚であり友人でもある、ひとり出版社「里山社」の清田麻衣子さんの辣腕ぶりがうかがえる・・

 

前夜と同様、最前列にストーカーのように陣取って開演前から注視していたが、出番前にトイレに入った藤井さんの形相が鬼のように緊張されていたので、こちらまで緊張してしまった。そりゃ、B&Bでこれだけの満員のお客さんと有名作家を前にしたら、どう考えてもガチガチになるわ・・・藤井さん可哀相・・・

 

しかしイベント開始後は、緊張しまくる藤井さんを察して「みなまで言うな」とばかりに、手慣れた余裕のトークで会場を沸かす絲山パイセンのお陰で、藤井さんもだんだんリラックスした雰囲気で発言することができて、本当に楽しいトークイベントになった。

世田谷生まれだが現在は群馬県に在住されている絲山さんだが、富山を舞台とした小説を執筆されているのと、富山の北日本新聞で紀行エッセイも書かれていたこともあって、地元の藤井さん以上に富山には詳しいほどで、他県在住者目線で語る富山論はとても興味深かった。

 

また藤井さんがかねがね、東京発の大型ショッピングモールやシネコンが地方に次々と進出して、地元の独自色が失われていくのを苦々しく思っていることに対して、絲山さんは、別に街の区割りや土地の高低が大きく変わるワケじゃなし、都会と同じようなハコものが地方都市に出来たとしてもあまり気にならない、街そのものは変わらない、と仰っていたのには、確かに目からウロコというか、仰る通りだな、と思った。
自分としても、地元の金沢に大型ショッピングモールが出来たら便利だと思うし、ネットで座席予約できて綺麗な施設で映画鑑賞できるシネコンはありがたみしか感じない。
もちろんミニシアターはいいのだが、シネモンドなどは未だにネット予約ができないのは本当に不便で、どうしても足が遠のいてしまう。
「昭和の時代は良かった」というが、ウォシュレットもなく、道路はおろか施設内や電車内でも喫煙者がいた昭和の時代に戻れるワケもなく、画一的とは言っても、都会と同じような施設が地方都市にもあるほうがありがたいのだ。
ただ、やはり地方に関しては地域住民の考え方が従来通りで、思考がアップデートされていかないのは間違いない。親類付合いなどのしがらみも多く、東京に住んでいると地方のある種の煩わしさを感じないのですむので、生きやすい。
なので、『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』で描かれる、地方の閉塞感に抗い、逡巡する藤井さんの姿には共感を覚える。

 

それにしても、前夜の早春書店でのイベントでも感じたのだが、B&Bのお客さんにしても、富山での「ピストン藤井」としての活動を昔から知っている人たちではなく、純粋に藤井さんの新著の内容に感銘して訪れたお客さんが少なからずいたことに、正直驚いてしまった。
イベントのラスト、お客さんからの質問コーナーで、おそらく新著で藤井さんのことを初めて知ったと思しき女性の方が、本書を読んで本当に感銘を受けたとコメントされているのを聞いて、藤井さん自身も泣きそうになっていたが、(藤井さんとは直接お話したこともないのに、すっかり保護者目線で)こちらまで思わず目頭が熱くなってしまった。それだけ、今回の著作には力があるんだな、と改めて実感した次第でもある。

 

そして今まではネット上でしかお話したことがなかったが、念願叶って、初めて藤井さんに面前でご挨拶できて感無量。

サインには、藤井さんの座右の銘であるという、丹下段平の名台詞を書いて頂いたのだが、『明日のジョー』ちゃんと読んでないので意味わからなくてすいません!

 

f:id:okureje:20191209075311j:plain

 

ということで、東京での藤井さんの2DAYS、どちらも素晴らしいイベントで、本当に楽しかった。そして藤井さん、大変なイベントをこなされて本当にお疲れさまでした。でも、次のコンテンツにも大いに期待しています!

 

f:id:okureje:20191209075321j:plain

 

どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜

どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜

  • 作者:藤井 聡子
  • 出版社/メーカー: 里山社
  • 発売日: 2019/10/16
  • メディア: 単行本
 
薄情 (河出文庫)

薄情 (河出文庫)

  • 作者:絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 文庫
 
小松とうさちゃん (河出文庫)

小松とうさちゃん (河出文庫)

  • 作者:絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 文庫
 
沖で待つ (文春文庫)

沖で待つ (文春文庫)

  • 作者:絲山 秋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/02/10
  • メディア: 文庫
 
絲山秋子の街道を行ぐ

絲山秋子の街道を行ぐ

  • 作者:絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 上毛新聞社出版部
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 単行本
 
ばかもの

ばかもの

  • 作者:絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/01/11
  • メディア: Kindle版
 

 

藤井聡子×清田麻衣子「ケレン味と正直さの狭間で」 at 早春書店

f:id:okureje:20191209075140j:plain

 

国分寺に今年3月にオープンしたばかりの古書店「早春書店」で開催された、藤井聡子さんと清田麻衣子さんのトークイベント「ケレン味と正直さの狭間で」。

富山県在住の人気ライター「ピストン藤井」こと藤井聡子さんが今年の10月に上梓された最新書籍『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』の出版記念イベントということで、著者の藤井聡子さんと、出版元である里山社の清田麻衣子さんをゲストに、早春書店のオーナー下田裕之(コメカ)さんが聞き手となって、出版までの経緯や執筆中の苦労話などのトークが展開された。

 

f:id:okureje:20191209075151j:plain

 

本書『どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜』は、藤井聡子さんが大学卒業後、上京して雑誌編集者として活動後、30歳を手前に地元である富山県富山市にUターンするも、地方独特の閉鎖性、閉塞感に生き辛さを感じつつ、それでも個性的な人たちとの出会いから、ミニコミ誌の出版、イベント開催などユニークな活動を行うまでとなって、自分なりの地元との関わり方を見出していく現在までが綴られている。

 

里山社のホームページでWeb連載されていた頃に読んではいたのだが、こうやって1冊の書籍としてまとまった形で読んでみると、文章の巧さ、テンポの良さが相まって、想像以上に面白く読むことができた。
藤井さんが東京と地元・富山で文字通り「逡巡」するようすは、同じ地方出身者としてものすごく「わかりみ」があり、かつ感銘を受けた。
そしてこの本、装丁もとても素敵で、藤井さんの著作といったら『文芸逡巡 別冊 郷土愛バカ一代!』シリーズしか知らなかった身からすると、まさに信じられない「奇跡の一冊」のような気がしたのだが、今回のトークショーを拝見させて頂いて、本書が世に出れたのは、執筆された藤井さんの尽力はもちろんだが、版元である里山社の清田さんのお力が想像以上に大きかったことがよくわかった。

自分が一冊の単行本を世に出すなんて「烏滸がましい」と感じていた(・・出版された今でも同じ心持ちなのは藤井さんの表情を見ればわかる)藤井さんの背中を押して、叱咤激励を繰り返して出版までこぎつけ、出版後も様々なイベントを企画し、あまつさえアウェイである金沢や東京にまで藤井さんを引っ張って来てプロモーションに尽力されている清田さん・・
・・なんなら作者名を「清田麻衣子」にしてもいいくらいだ。

 

なおイベント名である「ケレン味と正直さの狭間で」は、早春書店オーナー下田さんがご自分で付けられたそうで、「ケレン味」とは、「ピストン藤井」という、性別も不明な風変りなペンネームと、工事用のヘルメットと作業服というユーモラスな衣装で個性的な活動を行ってきた藤井さんをあらわし、「正直さ」とは、素の藤井聡子をあらわしているそうで、まさに言い得て妙と感じた。
また下田さんが、今でも「逡巡」し続けている藤井さんが一番、藤井さんらしい、と仰っていた言葉が印象に残った。

 

それにしても下田さん、トークがとても知性的で司会も堂に入っていたので驚いてしまった。聞けば今回のイベントが、早春書店での第2回目のトークイベントになるということだったが、書店オープンから1年にも満たないのに様々なイベントを企画されており、これからも楽しみな古本屋さんだと思った。

 

ところで国分寺と言えば椎名誠『さらば国分寺書店のオババ』を思い出すが、聖地巡礼ではないが、かつて国分寺書店があった跡地に行ってみた。
・・というか、国分寺駅南口のすぐ前だったので驚いてしまった。

 

f:id:okureje:20191209075201j:plain

 

f:id:okureje:20191209075212j:plain

 

国分寺は古書店の町として有名らしいが、実は国分寺に訪れたのは今回が初めてだったのだが、バスを利用すれば自宅から意外と近いことを発見できたので、今後も早春書店さんや、他の古書店にも訪れてみたい。

 

小規模ながら楽しくほのぼのとした雰囲気で、楽しいトークショーでした。

 

どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜

どこにでもあるどこかになる前に。〜富山見聞逡巡記〜

  • 作者:藤井 聡子
  • 出版社/メーカー: 里山社
  • 発売日: 2019/10/16
  • メディア: 単行本
 

 

【スポンサーリンク】