okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

巡(めぐる)さん個展 「次ノ間」 at ギャラリーめばちこ

f:id:okureje:20171218083700j:plain

 

巡(めぐる)さん初の個展であるという「次ノ間」に伺った。

 

f:id:okureje:20171218083702j:plain

 

巡さんは「緊縛と責め」をモチーフにした、和風小物「緊縛的布小物」の製作とセルフポートレートを撮られているアーティスト。

今年の10月に「カフェ百日紅」で開催されていた「秋の熟女まつり」で初めてお目にかかるまで失礼ながら存じ上げなかったんだけど、当日会場にて色々とお話して頂いて、またそれ以来、ツイッターのつぶやきなど拝見させて頂いて、すっかりファンになってしまった。

 

f:id:okureje:20171218083701j:plain

 

場所は「ギャラリーめばちこ」。

 

 

高円寺にある家庭料理の「みじんこ洞」さんの、なんと屋根裏にあるギャラリーだという。

 

f:id:okureje:20171218083703j:plain

 

家庭料理 まんま みじんこ洞 - 高円寺のてづくり家庭料理店 フリーペーパー ミニコミ ギャラリー

 

高円寺駅南口からガード下沿いにまっすぐ進んで、路地を右手に曲がったところ。
駅からすぐの場所ながら、賑やかな高円寺商店街の喧騒がウソのように静かな場所。

 

f:id:okureje:20171218083704j:plain

 

こちらに伺ったのは初めて。
女性お二人で経営されているお店で、美味しいとの評判だったが(巡さん情報)、確かに。
噂に違わず本当に美味しかった。高円寺に行った際は、是非また再訪したいと思います。

 

f:id:okureje:20171218083705j:plain

 

f:id:okureje:20171218083707j:plain

 

ランチを頂いたあと、「屋根裏」にあるという「ギャラリーめばちこ」へ。


ちょっとだけ急な階段を上がると、おお。確かに屋根裏部屋。

一間の和室で、屋根裏部屋なので場所によっては頭を打ちそうな低いところもあるけど、確かに巡さんの個展にはふさわしい、ひっそりと静かな場所。
「是非とも個展はここでやりたい!」と一目惚れされたそうだ。
巡さんの妖艶で繊細な作品がすごくマッチする、まさに「次ノ間」。

 

都内の古風なラブホテル・・・というか昔ながらの「連れ込み宿」に、一人だけで入室し撮影されたと聞いて驚いた。
自分のフィギュア撮影と比べるのは申し訳ないんだけど、やはり撮影って大変。
同じ構図でも微妙に色や印象が違ったりするため、ブログにアップするのはせいぜい30枚くらいだが、最低でも200枚は撮っている。
それでも被写体と撮影者は別だからまだ楽だが、巡さんの場合は全て一人で撮影(もちろん被写体も)されてるんだから、本当に大変だ。

 

f:id:okureje:20171218083708j:plain

 

その苦労されたセルフポートレートと、またまた素敵な緊縛的ピアスを購入させて頂いた。

 

f:id:okureje:20171218083709j:plain

 

ちなみに、ちょうど我々が伺った同じ時間帯に、吉岡里奈さんも来られたのでビックリした。

 

f:id:okureje:20171218083706j:plain

 

なお巡さんのツイッターだが、納品や製作でのご苦労が伺われるような「弱音」を、上品な語り口でつぶやかれることも多く、傍で眺めている分には「おー、大変だなー」てな感じで、ちょっとだけ加虐的な気分にもさせられる。しかし絶対に愚痴は吐かれない。
思わず「巡!がんばれ!負けるな!」と応援したくなるようなツイートで、申し訳ないが楽しませて?もらっている。

 

 

開催は2日間のみで、残念ながら昨日で終了。
しかしこの不思議な空間で作品を鑑賞できてよかった。
貴重な一日になりました。

 

f:id:okureje:20171218083711j:plain

 

神戸の世界一のクリスマスツリーの一件でざわついてしまったこと #世界一のクリスマスツリー

f:id:okureje:20171213202950j:plain

 

先日の中川淳一郎氏と山本一郎氏の2017年ネットニュースMVP決定祭でも当然話題になったが、最近ネットを大いに騒がした、神戸に世界一のクリスマスツリーをプロジェクトの件。


イキった感満々な「プラントハンター」なる青年が、阪神・淡路大震災被災者の鎮魂のために世界一高いクリスマスツリーを植樹したい!ってことで、富山県氷見市から樹齢数百年を経た木をズバッと引っこ抜いて神戸ルミナリエにおっ勃てた。

「ほぼ日」の糸井重里氏やTBSなんかもバックアップして、さぁ大々的に盛り上げよう!と思った矢先、ネット民からはまさかの大反発。


「プラントハンターの売名が目的のくだらないイベントのために貴重な霊木の命を犠牲にするな!」

「そもそもハウステンボスの企画がコケたので神戸の慰霊イベントに後付けですり替えただけだろ!」

「実の父親との確執とか、なんかこのプラントハンターの人、怪しいぞ!」

「糸井さんが好きだったのに、「冷笑的な人たちが自分の低みに引きずり落とす」って人を上下で判断する人だったなんて!ほぼ日手帳なんてもう絶対買わない!」


などなど、まさかの大炎上。さんざんな言われよう。


「鎮魂」って言葉がいかにも薄っぺらい、美談を無理やりしたてて金儲けしようってのが透けて見えるこの企画、よっぽどうまく隠して進行しないと反発くらうのは当然なプロジェクトと思われる。

しかも批判を受けた後のプラントハンターや糸井さんの対応が悪手の見本みたいで、ネット民の怒りに油をそそぐ。


自分もつい脊髄反射的に批判的なツイートを連発してしまったが、しかし。

妻のこの一言でちょっとだけ冷静になった。

「氷見にはまだまだ木が生えてるし、一本くらい抜いたからって何をみんなで騒いでるのか意味不明」

・・・確かにそうだ。

震災に見舞われた被害者や遺族でもなし、この件で自分自身に不利益を被るわけでもない全く部外者のオレが憤ってみたところで大きなお世話だ。


ということで本事案を、国民的アニメ「サザエさん」に置換えて考えてみた。


まず「あすなろの樹」を、磯野波平の頭頂部の毛髪と考える。

1本しかない毛を引っこ抜いて死滅させるのは確かに忍びないが、でもまだ後頭部には毛髪がいっぱいあるじゃないか!頭頂部の1本くらいで文句を言うな。

しかも、身内の磯野フネ(富山県氷見市市長)が「頭髪の1本くらい持ってけ持ってけ!ガハハ」と言ってるんだから、他人のオレらがどうこう言ってもしょうがない。

じゃTBSは何に見立てるの?となったら、それはもう当然、製作のフジテレビでしょう。フジテレビ、韓流ドラマの悪手がきっかけで堕ちるとこまで堕ちたんだから、もう勘弁してあげようよ。

ほぼ日と糸井さんは、スポンサーを降りた東芝だ。今回の件でほぼ日手帳が売れなくなって、東芝みたいにきっと大変になるだろう。

となると本件、最後はやっぱり高須院長におさめて頂くしかない!


Yes!高須クリニック!


ということでオレを含めたネット民のみなさん。所詮は自分自身には直接的に被害がない案件。もう少し冷静になったほうがいいかもしれません。

なので年末スペシャルの「情熱大陸」を生暖かい目で視聴しましょう!

 

f:id:okureje:20171215185706j:plain

 

 

プラントハンター 命を懸けて花を追う

プラントハンター 命を懸けて花を追う

 

  

教えてくれたのは、植物でした: 人生を花やかにするヒント

教えてくれたのは、植物でした: 人生を花やかにするヒント

 

 

ほぼ日5年手帳

ほぼ日5年手帳

 
ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

 
ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK

ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK

 
【Amazon限定】ほぼ日手帳 weeks 下敷き&クリアカバーセット 手帳アクセサリー
 

   

【スポンサーリンク】