okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

ベリークール(VERYCOOL)ベヨネッタ THE WITCH BAYONETTA VCF-2057 レビュー

 

ついにあのVERYCOOLから、ベヨネッタのアクション・フィギュアが登場。

 

 

1/6サイズでは他のメーカーでも販売されていたが、顔がイマイチだった。
しかし、さすがのVERYCOOL。素晴らしいヘッド造形。ベヨネッタ姐っぽい!

 

 

 

 

 

 

・・だがキャラクターの特性上、どうしても植毛ヘッドと植毛パーツにならざるを得ない。

 

 

眼鏡もこれ、気を付けないとすぐ破損するぞコレ・・

 

 

でも、スタイリッシュ!

 

 

 

 

 

というワケで、懸念した通り植毛パーツはボサボサ・・
仕方ないのでAmazonでウィッグ用ミストとドール用の櫛を購入し、最低限のヘアのお手入れを。

 

 

・・しかし、いきなりパーツ破損!
スカボロフェアをハイヒールの溝に装着する仕様なんだけど、うまく嵌らない。
強めに押し込んで装着しようとしたら溝部分がポッキリ・・
瞬間接着剤で無理やり接着するハメに・・・トホホホ😭

 

 

ちょっと触るだけですぐに破損しそうな造り。。
そもそもベヨネッタをゲームのキャラクター・デザイン通りに立体化することに無理があるのだけど、それにしても、これほど扱いに気を遣うフィギュアはかつてなかった。

 

 

スカボロフェアの持ち手用パーツもホールドが緩すぎて、すぐにポロリ。
というか、デザインナイフなどで指の部分をカットしないと銃を持たせられない。

ここら辺、やはり精巧かつそれなりに壊れにくいホットトイズのクオリティと、どうしても比べてしまう・・

 

 

 

とにかく、ポージングは最低限に!あまり調子に乗って可動させると絶対壊れる!

 

 

 

 

 

・・とはいえ、VERYCOOLのヘッド造形、素晴らしい。美しい・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお現在、『ベヨネッタ3』の販売と合わせて再販されたパッケージ版の『ベヨネッタ』を絶賛プレイ中なので、余計に上がる!

 

 

とにかくとにかく、ちょっと動かしただけですぐに壊れそうな扱いにくいフィギュアなのは間違いないんだけど、ヘッド造形とスタイルが素晴らしいので満足度は高い。ベヨネッタ最&高!

 

 

 

『ノースマン 導かれし復讐者』 感想

 

そもそも勘違いしており、本作はA24(エートゥエンティフォー)の製作だと思ってて、昨年観た『グリー・ナイト』のような一風変わったクセのある時代劇だと勝手に思ってて興味があったのだけど、全然違っていた。

 

10世紀の北欧、アイスランドが舞台。叔父に殺された父王の復讐と、叔父に攫われた母の奪還のため、幼い王子がヴァイキングの手下になって腕を磨き、成人してついに復讐を果たす物語。
ストーリーはめっちゃ直球。『コナン・ザ・グレート』みたいなお話。

 

というか、父王が殺されて逃げ出した時は少女と見紛うばかりにか弱い美少年だったのに、何をどうしたらどうしてこうなる?ってくらい逞し過ぎる成長を遂げ、もうそのまま誰でも殺せるくらいマッチョになってる!

 

 

そして、叔父の追っ手からやっとのことで逃れたときは何度も復讐と母の奪還を唱えてたのに、なぜか大人になったら復讐を忘れており、幻のように現れた巫女(ビョーク)に諭されてやっと本来の目的を思い出し、復讐の旅路に・・・てかアンタ、なんのためにそんなマッチョになったんや!?

 

・・で、ついに叔父のもとに辿り着いて、これだけのマッチョだからすぐに伯父一族を皆殺しにできるのに、なぜか奴隷に身をやつしてジックリと復讐する機会をうかがう・・ってアンタ、そんだけマッチョなんだからすぐに敵を全滅できるだろ!

 

・・ってことで、ラストの叔父との一騎打ちまでやたら話が長くて、どうやらこの作品、かのシェイクスピアの四大悲劇の一つである『ハムレット』の元ネタになった『デンマーク人の事績』という北欧神話を映画化したそうで、どうりでリアルな中世を再現しつつも戯曲みたいにまどろっこしいストーリー展開になっており、なんとなく中途半端な作品になってしまっていた。
そういえば作品中、主人公が復讐するか平和に生きるかに悩むシーンが何度かあったが、だいたいそんなマッチョなんだから復讐一択やろ!としか思えないのだが、なんか煮え切らないんだよね、この主人公。こんなにマッチョなのに!

 

「To be or not to be, that is the question.」ってことかと・・

 

監督のロバート・エガースは、かつて演劇でシェイクスピア作品を演じたこともあり、かつ黒澤明の『乱』などにも影響を受けたそうで、そういった監督の指向が表現された映画っぽくて、中世のリアルさを表現した作品としては『グリー・ナイト』には及ばなかったし、A24がプロデュースするよな作品でもなかった。

 

 

偽りの果て

偽りの果て

  • Monic Hendrickx
Amazon
ウィッチ(字幕版)

ウィッチ(字幕版)

  • アニヤ・テイラー=ジョイ
Amazon
ライトハウス (字幕版)

ライトハウス (字幕版)

  • ウィレム・デフォー
Amazon

 

【スポンサーリンク】