okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

UNBOX INDUSTRIES 鉄男 藍鉄バージョン レビュー

 

TETSUO THE IRON MAN 'INDIGO IRON' 

 

 

クリエイターズ・ソフビなどを手掛ける「UNBOX INDUSTRIES(アンボックスインダストリーズ)」より、あの塚本晋也監督作『鉄男』モチーフのソフビが販売された。最初に販売された「黒鉄バージョン」は即完売したそうで、多くのリクエストにより再販されたのがこの「藍鉄バージョン」。このバージョンも現在は完売しており、入手は難しそう。

 

 

 

 

 

原型は織田尚さん。塚本晋也監督作ではお馴染みの特殊メイクアップ・アーティストの方で、『鉄男』の立体物のトイ・デザインをされるなら織田さんしかないだろう。

 

 

 

 

 

正直ソフビには全く興味がなく、『鉄男』でなければ購入しなかったのだけど、思ったより迫力がある商品だった。思ったより大きく、重かった。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく圧が強い!顔の圧!

 

 

 

 

 

『鉄男』は、グロさの中にユーモラスな面もあるのだが、そこらへんが上手く表現されていて、いい!

 

 


www.youtube.com

 

なにせ『鉄男』の造形物はとても貴重なので、ファンにはありがたい商品!

 

 

鉄男 THE BULLET MAN(字幕版)

鉄男 THE BULLET MAN(字幕版)

  • エリック・ボシック
Amazon

 

threezero 『アベンジャーズ:インフィニティ・サーガ』DLX アイアンマン・マーク44“ハルクバスター” レビュー

 

DLX Iron Man Mark 44 “Hulkbuster” (DLX アイアンマン・マーク44“ハルクバスター”)

 

 

既に購入済みの「DLX アイアンマン・マーク43」とセットで、threezeroショップで予約購入したもの。
threezeroショップで予約購入した場合、それぞれ単体で購入するよりも安価になるのでお得だった。

 

 

 

 

 

 

それにしても驚いた・・
まず、箱がデカい!そして重い!

 

 

 

パッケージ重量が1.5Kgとある。重いはず・・

 

 

 

 

 

それにしても、1/12スケールでもこれだけ大きいとは・・

 

 

 

 

 

スタイル、重量、可動、どれを取っても申し分がなくて、これはいい買い物ができた・・

 

 

 

 

 

デカいのに、ペイントも造形も手を抜いてないので好感。

 

 

 

 

とにかく重いのでポージングは疲れるんだけど、こんなデカくてゴッツいスタイルなのに可動範囲が広いので、思いの外いろんなポーズが取れるので楽しい。

 

 

 

 

ただし、プラスチック・パーツとの干渉も多いので、破損しないように慎重に動かさないと危険。
なお、LED発光用のボタン電池をセットするために、ヘッドパーツを外さないといけないのだが、外し方が説明書に書かれていなかったのでレビュー動画を参考にさせてもらった。ヘッドパーツを外す場合は要注意!

 

 

アイアンマン・マーク43と並べても大きさが際立つ。

 

 

 

1/12スケールでも、1/6スケールのホットトイズのアイアンマンくらいの大きさ。
この様子だと、ホットトイズ製のハルクバスターは実物を見たことないけど、相当大きいんだろうな・・

 

 

なんと、アイアンマン・マーク43を収納可能!とのことだったので、ホットトイズみたいに全身をセットできるのかな、と最初は思ってたんだけど、世の中そんなに甘くない。

 

 

収納できるのはこの部分のみ。
「ジョニーは戦場に行った」レベル・・

 

 

 

 

 

ということで、思った以上にクオリティの高い商品。

 

 

とにかく、これはいい商品!

threezeroはロボ系のフィギュア、間違いない!

 

 

 

【スポンサーリンク】