okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

threezero 『アベンジャーズ:インフィニティ・サーガ』DLX アイアンマン・マーク43 レビュー

Infinity Saga 1/12 Scale DLX Iron Man Mark 43 アイアンマンのフィギュアはホットトイズがあれば十分満足なので、一部のマーベルレジェンド商品を除いて1/12スケールのフィギュアには興味がなかったが、同じシリーズのハルクバスターに搭載可能かつ、three…

サムライドール - 坂本龍馬 (通常版) レビュー

元アルフレックスの造形師であった高橋渉氏が独立し2011年にリリースした、坂本龍馬の1/6アクションフィギュア。 先日、数十年ぶりに読み直した司馬遼太郎『竜馬がゆく』が面白かったので、坂本龍馬のアクションフィギュアが欲しい!となってしまった。ただ…

『赤ひげ』 感想

「午前十時の映画祭11」にて、黒澤明監督『赤ひげ』を鑑賞。 前回の『隠し砦の三悪人』はTOHOシネマズ新宿で鑑賞したが、10時50分からの上映だったので朝は余裕があったのに、なんと今回は上映開始が9時だと!さすがに9時はムリ!ってことで、今回はちょっと…

DYNACTION ウルトラマン(シン・ウルトラマン) レビュー

BANDAI SPIRITS DYNACTION ウルトラマン(シン・ウルトラマン) 相変わらずデカい! 2021年初夏の上映がコロナ禍で延期され、未だ公開日も未定ながらフィギュアだけは続々リリースされているが、どうせ買うなら一番おっきいマンを買ったれ!とばかりに購入。…

『隠し砦の三悪人』 感想

2019年度の「午前十時の映画祭10-FINAL」をもって終了となった「午前十時の映画祭」が、「午前十時の映画祭11」として早々に復活した。ただ「午前十時」と一口で言うが、実際に最寄りの映画館までは自宅からドア・ツー・ドアで最低1時間はかかるだろう。休日…

マーベルレジェンド アイアンマン(80周年記念アレックス・ロス版) レビュー

前回と同じく、米国ハズブロ社はマーベルレジェンドのクラシック・アイアンマン(Marvel Comics 80th Anniversary)。マーベルコミックの80周年を記念して販売されたメモリアル版とのこと。 有名アメコミ作家であるアレックス・ロスのデザインだそうで、2019年…

マーベルレジェンド アイアンマン モジュラーアーマー レビュー

米国ハズブロ社はマーベルレジェンドのモジュラーアーマー版アイアンマン(原作コミックではマーク13)。 カプコンの対戦格闘ゲーム「MARVEL SUPER HEROES」にも登場したアイアンマンだそう。 マーベルレジェンドのクラシック版アイアンマンは日本ではプレ値…

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 感想

主演のシム・リウだが、マーベルヒーローなのにまるで、三宅裕司か赤井英和を若くしてさらにさらに地味にしたようなヴィジュアル。こんな人を主役に据えて大丈夫なのかマーベル?と他人事ながら心配になった。しかも原作を全然知らないという、自分的にはあ…

『フリー・ガイ』 感想

自分的にはそれこそ「モブ」映画だったので完全スルーのつもりだったが、ツイッターのタイムラインで面白かった!という感想が多く流れてきたので、じゃぁ行ってくっか!となった。 映画、フリー・ガイ観て来た!元来ピクサーなどに採用されるようなアイディ…

HOTTOYS 『アベンジャーズ/エンドゲーム』レスキュー レビュー

エンドゲームにも数分しか登場しなかったのでさっぱり記憶にないが、ペッパー・ポッツ用のパワードスーツ、レスキュー。 ・・デザイン的にはイマイチかっこよくないんだけど、女性用アイアンマン・スーツ自体が珍しいので購入してみた。 DICASTは全般的に付…

『パンケーキを毒見する』 感想

ネット上の映画レビューサイトではアベ応援団がこぞって記入しているのか、当然のごとく星1つで批判の嵐。「反安部~菅政権の人物にばかり取材した偏った作品、観る価値なし!」 ・・まぁここ数年、なにかと政権サイドと揉めてきた河村光庸氏のプロデュース…

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』 感想

本作、DCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)の10作目の作品になるそうだが、とにかくDCEU作品はどれもこれも子供だましのダメ作品ばかりで、今どきのスーパーヒーロー映画を製作するにはあまりにもセンスが無さ過ぎると言わざるを得ない。 とりわけDCUE3…

『アメリカン・ユートピア』 感想 ~素晴らしい作品

遅ればせながら話題作『アメリカン・ユートピア』を観たのだが、コレ、ここ数年間観た映画の中でも出色の出来だと思った。 観るまでは正直、ふーん、デヴィッド・バーンのライブ映画か~。そして予告を観たらトーキング・ヘッズの楽曲だったので、あ~また『…

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉 at 三鷹市美術ギャラリー

三鷹市美術ギャラリーで開催されている、諸星大二郎先生デビュー50周年を記念した豪華大展覧会『諸星大二郎展 異界への扉』に行ってきた。 mitaka-sportsandculture.or.jp ただ諸星先生の原画展といえば、4年前に銀座のスパンアートギャラリーには伺ったが、…

figma 竈門炭治郎 レビュー

みんな大好き!『鬼滅の刃』より、かまぼこ権八郎・・じゃなくて、竈門炭治郎! 『鬼滅の刃』グッズ展開があまりに多すぎて、フィギュアも有名無名あらゆるメーカーから販売されているが、どうせ買うならfigmaでしょ!っとことで。「DXエディション」と迷っ…

『サイコ・ゴアマン』 感想

B級感タップリな、往年のトロマ映画のようなゴアSF作品を期待して鑑賞。 マイナー作品ながらネット上では結構話題になっているが、現時点では都内の上映館は3館のみなので、シネマート新宿の熱気は想像以上だった。 シネマート新宿も、「力入れ過ぎだろ・・…

マーベルレジェンド シーハルク レビュー

Marvel Legends She-Hulk (Comic Version) 米国ハズブロ社はマーベルレジェンドのシー・ハルク。 やはりアメトイといえばチープで大味なイメージで、同じ6インチ(1/12サイズ)のフィギュアを購入するなら、どうしてもS.H.Figuarts(バンダイ)やMAFEX(メデ…

徒花ブルームさん個展『愛の小部屋』展 at カストリ書房ギャラリー

2019年11月に初の個展が開催されたカストリ書房ギャラリーで、2度目となる徒花ブルームさんの個展『愛の小部屋』展に行ってきました 昨年の個展にはコロナ禍真っ只中で伺えなかったので、約1年8か月ぶりに徒花ブルームさんにお会いできて感激。相変わらずの…

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 感想

主演のキャリー・マリガンが演技上手で、演じたキャラも立っていたので観終わった後もなんとなく面白い映画に錯覚してしまうが、しかし粗の多いストーリーはいかにも新人監督の作品って感じで、なんでこんな映画がアカデミー賞脚本賞を受賞したのか甚だ疑問…

『ブラック・ウィドウ』 感想

絶対おもんない映画やろな・・と期待値ゼロで観に行ったら、意外と面白かった・・・の巻。 マーベルのにぎやかし映画アベンジャーズ・シリーズのにぎやかしの中でも、なんで単なる人間でパワードスーツも着ていないのに、神様とか宇宙人とかモンスターとか魔…

『ヒルコ/妖怪ハンター レストア&リマスター版』 感想

塚本晋也監督の第2作目で初のメジャー作品である『ヒルコ/妖怪ハンター』が、公開から30周年を記念してレストア&リマスター化され、テアトル新宿で公開されるということで、舞台挨拶つきの初回上映を鑑賞してきた。 初めて本作を観たのは少なくとも初公開…

『ぼんとリンちゃん』 感想

もう先月になってしまったが、渋谷シネクイントで開催されていた小林啓一監督作品特集上映より、舞台挨拶つき『ぼんとリンちゃん』を鑑賞した。 『ぼんとリンちゃん』が劇場公開されたのは2014年9月。公開当時は作品について全然知らず、後に名作とのうわさ…

ハセガワ レトロ自販機(ハンバーガー) プラモデル レビュー

ハセガワ 1/12 フィギュアアクセサリーシリーズ レトロ自販機(ハンバーガー) プラモデル FA11 昔は街中やドライブインなどでよく見かけた懐かしの自動販売機。食べたことあると思うのだが相当前なので、味の記憶が一切ない。 ・・作るの面倒なプラモデル。と…

ミニチュア ルーレット式おみくじ器(カプセルトイ) レビュー

昭和の昔、喫茶店や食堂など、多くの飲食店の卓上に置かれていたルーレット式のおみくじ器。なんと現在でも製造しているという。その、唯一の製造元であるという「有限会社北多摩製作所」とバンダイのコラボ商品、カプセルトイのルーレット式おみくじ器! 最…

『コンティニュー』 感想

他の映画鑑賞時に映画館で初めて予告編を観たとき、あまりに『All You Need Is Kill』過ぎてさっぱり興味が沸かなかったが、「意外と面白い」という評判だったので観てきた。あの奥浩哉先生も絶賛してたし。 映画、コンティニュー観て来た!オールユーニード…

figma 馬[白] ver.2 レビュー

マックスファクトリー figma 馬[白] ver.2! 馬かわいいよ馬 出来がいい割に安価だったので購入してみたが(定価4,500円 …ただし現時点ではネット上で定価での購入は難しくなっている・・)、思ったより大きくて迫力ある。 そして、思ったより可動箇所も多い…

threezero 『ドロヘドロ』カイマン(アニメバージョン) レビュー

アニメ版『ドロヘドロ』より、殺し屋「心」に続いて、いよいよ主役カイマンの登場! しかしなぜ、主役のカイマンより先に心が販売されたのか・・・そしてなぜ、次にフィギュア化されるキャラクターがニカイドウでも能井でもなく恵比寿なのか・・・ 付属品もt…

超合金×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM レビュー

昨年2020年12月19日(土)から2022年3月31日(木)までの期間限定で開催されている「ガンダムファクトリーヨコハマ」で限定販売されている「超合金×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM」 本来は会場のみで販売されている商品だが、プレミアムバンダイでネ…

figma 兵馬俑 レビュー

figmaより、「テーブル美術館-分館-」シリーズの第2弾、兵馬俑 テーブル美術館シリーズのフィギュアは5作目までは収集していたが、以降は飽きてしまって買わなくなってしまった。「-分館-」シリーズは、アートでなく遺跡などを可動フィギュア化したシリーズ…

S.H.Figuarts アンク(人間態) & S.H.Figuarts(真骨彫製法)アンク レビュー

三浦涼介さんが演じた『仮面ライダーオーズ/OOO』のアンク(人間態)。バンダイのWebショップ『魂ウェブ』限定商品で、入手したのは昨年6月なので1年前にもなるが、なぜ今更のレビューになったかというと・・・ 本来ならアンク(人間態)の付属品でしかるべ…

【スポンサーリンク】