okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

HOTTOYS 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ジャンゴ・フェット レビュー

ジョージ・ルーカスが満を持して「ほら!このキャラクター面白いだろ~?」と、スギちゃんバリのドヤ顔で登場させたのに、全世界で「引っ込め!死ね!」と総スカンを食らってしまったジャー・ジャー・ビンクス。対照的に、単なる脇役のヴィランで、登場シー…

『リコリス・ピザ』 感想

ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)監督の最新作が上映されることを、公開日の前日に知った。しかも主演のクーパー・ホフマンは、なんとPTAの盟友である故・フィリップ・シーモア・ホフマンの長男であるという。・・しかし、予告編を観ても、イマイチど…

インフレームズトイズ 西遊記/唐三蔵 玄奘 三蔵法師 with 白龍馬 レビュー

西遊記や三国志など、中国古典のキャラクターのフィギュアを多く販売しているInflames Toys(インフレームズトイズ)の玄奘三蔵のフィギュア。西遊記/唐三蔵 玄奘 三蔵法師 with 白龍馬(IFT-013) 日本で販売開始された当初は8万円~9万円と高額商品だった…

神工意匠 長歌行 李長歌 レビュー

フィギュアショップのサイトで偶然見かけた綺麗な女性のフィギュア、いったい何のキャラクターなのかと思ったら、なんと、夏達(シャア・タア)先生の劇画『長歌行』の主人公、李長歌だとは! 「神工意匠」社製の長歌行(the long ballad(Changge Xing)) …

『トップガン マーヴェリック』 感想

前作『トップガン』が公開された1986年当時。高校生くらいだったが既に捻くれていたので、「ケッ!トムのチャラい映画なんて誰が観るか!」との心意気で今の今まで未見だった。しかし、社会現象ともなった続編『トップガン マーヴェリック』を観ないのも食わ…

S.H.Figuarts ゾーフィ(シン・ウルトラマン) レビュー

初代ウルトラマン放送時における児童雑誌等の誤植のおかげで、『シン・ウルトラマン』では、地球の滅亡を図る人類最大の敵として登場する、ゾフィーならぬ「ゾーフィ」! ゴールドに黒ラインのボディ・カラー、気品があって素敵! バンダイ製だけあってクオ…

『PLAN 75』 感想

麻生太郎が「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と発言して大いに炎上したが、・・正直、自分も同感ではある。昔は、「きんは100歳、ぎんは…

『私のはなし 部落のはなし』 感想

渋谷のユーロスペースにて、満若勇咲(みつわかゆうさく)監督作品『私のはなし 部落のはなし』を観た。 この手のミニシアター上映作品は大々的な宣伝は少ないとは思うが、本作については通常のインディーズ作品のなかでも、とりわけプロモーションが少なか…

20周年特別上映『六月の蛇』 感想

『六月の蛇』公開20周年上映ということで、新装なった新文芸坐にて鑑賞。 金沢のミニシアター、シネモンドで初めて鑑賞してから早20年・・月日の経つのは早いのだけど、久しぶりに劇場で観た本作、まったく色褪せておらず驚いた。 改めて鑑賞して、思ったよ…

threezero 『シン・ウルトラマン』フィグゼロS 6インチ ウルトラマン レビュー

すっかりシン・ウルトラマンが好きになったので、1/12スケール(6インチ)のフィギュアも欲しくなってしまった。 このサイズならバンダイのS.H.Figuartsシリーズを選ぶのが一般的だが、今回はあえてthreezero製品を選択。 1/12スケールでは、S.H.Figuartsシ…

『シン・ウルトラマン』2回目 感想

『シン・ウルトラマン』、なんだかんだで2回目の鑑賞。初回鑑賞時は、どうしても『シン・ゴジラ』と比較してしまって、当初に思っていたイメージと違うことに戸惑ってしまったが、とりあえず冷静になって再度鑑賞してみたら、思った以上に楽しめた。というか…

UNBOX INDUSTRIES 鉄男 藍鉄バージョン レビュー

TETSUO THE IRON MAN 'INDIGO IRON' クリエイターズ・ソフビなどを手掛ける「UNBOX INDUSTRIES(アンボックスインダストリーズ)」より、あの塚本晋也監督作『鉄男』モチーフのソフビが販売された。最初に販売された「黒鉄バージョン」は即完売したそうで、多…

threezero 『アベンジャーズ:インフィニティ・サーガ』DLX アイアンマン・マーク44“ハルクバスター” レビュー

DLX Iron Man Mark 44 “Hulkbuster” (DLX アイアンマン・マーク44“ハルクバスター”) 既に購入済みの「DLX アイアンマン・マーク43」とセットで、threezeroショップで予約購入したもの。threezeroショップで予約購入した場合、それぞれ単体で購入するよりも…

『シン・ウルトラマン』 感想

待ちに待った『シン・ウルトラマン』。さっそくIMAXで観てきました! 完全に『シン・ゴジラ』と同等の驚きを得ることを期待して観に行ったので、その観点では思ったのと違う印象を受けたが、結果的には好きな作品になった。ただ、どうしてもアレコレと違和感…

超合金×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM ‐Night illuminated ver.- レビュー

#違うんだよ母ちゃん!!・・いや、やっぱ違わない・・ 開催期間の終了が2022年3月31日(木)から、来年2023年3月31日(金)まで延長された「ガンダムファクトリーヨコハマ」で限定販売されている「超合金×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM」の、まさ…

吉岡里奈さん個展『幻の映画絵看板 卓上コレクション』 at カストリ書房

吉岡里奈さんのイラスト展『幻の映画絵看板 卓上コレクション』に伺った。場所はお馴染みのカストリ書房さん。 カストリ書房さんでの吉岡さんの個展は今回で4回目になるが、昨年はコロナ禍の渦中のせいか開催されなかったので、こちらでの開催は久しぶりとな…

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 感想

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画作品はなんだかんだで殆ど劇場で鑑賞しているが、思い返してみると、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、『ドクター・ストレンジ』、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の3作のみは未鑑賞だった。・・…

『少林寺 4Kリマスター版』 感想

1982年の『少林寺』初公開から、実に40年もの月日が経ったのか・・当時は中学生だったが少林寺ブームは凄まじく、学校に三節棍(さんせつこん)を持ってくるヤツまでいた。・・いったいどこで買ったんだよ! 時は隋朝末期。嵩山少林寺がある河南省を支配して…

HI-METAL R ソルティックH8 ラウンドフェイサー & インステッド 40th Anniv. レビュー

「HI-METAL R ダグラム 40th Anniv.」を注文したら、敵対する地球連邦軍のコンバットアーマーである「ソルティックH8 “ラウンドフェイサー”」もついでにポチリとやってしまった。 量産機ということで、ガンダムのザクっぽいデザインがそそられる。 それにし…

海洋堂 「六波羅蜜寺公認 空也上人立像」フィギュア レビュー

空也上人立像といえば、教科書でよく見る「貧相な老僧が口からヘンな物体を吐き出している」図柄が面白くて好きなのだが、空也上人本人がどういった事績を残した人なのかは全く知らない。 そんな空也上人立像が、3月1日から東京国立博物館で展示されているら…

HOTTOYS 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ハーレイ・クイン (ゴールド・サロペット版) レビュー

映画は残念な作品だったけど、フィギュア自体はまぁ、縁起物ということで購入。 こちらのゴールドのサロペットを身に着けたタイプが通常版で、ビニールジャケットを着たバージョン(コーションテープ版)も出ている。後から気が付いたんだけど、コーションテ…

『スペースクライングフリーセックス』 感想

あの問題作『クライングフリーセックス』シリーズの第三弾!『スペースクライングフリーセックス』を観てきた! ・・と言っても、記念すべき1作目である『クライングフリーセックス』を初めて観たのはその数日前、クリフラ公式HP上のネットショップで購入し…

超合金魂 GX-101 大鉄人17 レビュー

1977年に放送されていた特撮ドラマ『大鉄人17』。その後の戦隊シリーズの巨大ロボットものの走りとなった作品で、オンタイムで視聴していた我々世代が大好物の、いかにも昭和チックなデザインが泣かせる。 ワールドスコープ社製やアート・ストーム社製でもク…

『ガンパウダー・ミルクシェイク』 感想

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのネビュラ役としてお馴染みのカレン・ギラン主演のガン・アクション作品。 okureje.hatenablog.com ナヴォット・パプシャド監督の前作がタランティーノに絶賛されたという触れ込み通り、もろ女囚さそりの梶…

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』 感想

よくよく考えたら今まで仮面ライダーを映画館で観たことはなくて、そこらへんはさすがに大人としての矜持というか、そういう最低ラインは超えるべきではないと潜在意識にあったのだが、朝目覚めてYahoo!ニュースで、「仮面ライダーオーズ」の10年ぶりの新作…

『THE BATMAN -ザ・バットマン-』 感想

とにかくDCエクステンデッド・ユニバースが製作したDCコミックスの実写作品はクズばっかりな印象のなか、久しぶりに観るべき作品が登場した感じ。 ただ観るまでは少し不安で、まず予告編を観てもどんなバットマンを描こうとした作品かイマイチ伝わってこず、…

1/12 東亜重工製 合成人間(女型)  レビュー

なぜか異常な人気で再生産されてもすぐにプレ値になってしまうという東亜重工製 合成人間。デッサン人形としても人気商品で、世の中にはこんなに絵師が多いの?と思うくらい売れている。その女性版が販売された。 ただこの女性版、Amazonのレビューを読んで…

『親密な他人』 感想

あの一水会の創設メンバーであり現顧問である鈴木邦男氏に密着した『愛国者に気をつけろ! 鈴木邦男』の中村真夕監督の最新作が、あの黒沢あすか主演の劇映画だということで、ジャケ買い感覚で鑑賞。 中村真夕監督の作品は『愛国者に気をつけろ! 鈴木邦男』し…

HI-METAL R ダグラム & インステッド 40th Anniv. レビュー

バンダイの「HI-METAL R」ブランド商品は初めての購入。 思えば、1970年代後半から80年代初頭の日本サンライズ(現・バンダイナムコフィルムワークス)時代のアニメ作品はリアルタイムで視聴していた。『太陽の牙ダグラム』もオンタイムで観ていたけど、小学…

『アンチャーテッド』 感想

先週、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の2度目の鑑賞を終えたばかりなので、いくらなんでもトム・ホランドの別の作品を観ても、ピーター・パーカーにしか見えないだろうなと思っていた。というか、そもそも同時期に主演映画が2作も公開されているっ…

【スポンサーリンク】