読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ドント・ブリーズ』 感想

映画

こんにちは!

 

 

f:id:okureje:20170116122210j:plain

 

 

『この世界の片隅で』と同様、派手なプロモーションも上映館も少ないながら、口コミで話題となった本作。

しかしながら金沢市内ではどこも上映されず、しょうがないから隣県まで観にいこうか・・・と思った矢先に、ようやく県内のシネコンでも上映されたので、やっと観ることができました。
(とはいえ市外なので遠い・・・)

 

しかし金沢市内のシネコンも、もうちょっと考えたらどうなんだろう。
『土竜の唄 香港狂騒曲』とか『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』なんてやってる場合じゃな・・・(以下略)

 

ハリウッド映画ではすっかり犯罪都市でお馴染みのデトロイト州。
失業率・貧困率が高い、そんな希望の無い街から脱出する資金を得るために、軽微な強盗をくり返す若者3人組。
そして彼らが最後の強盗先に選んだのは、元陸軍の退役軍人で、盲目の老人が住むゴーストタウンの中の一軒家だった。
元軍人とはいえ、忍び込むのは夜中で、しかも相手は盲目。
チョロい仕事のハズだったが、それは大きな間違いだった・・・

 

イラク戦争で失明した元軍人、ノーマン・ノードストロームを演じたのは、『アバター』で、巨人ロボット兵器・AMPを操って主人公たちと死闘を繰り広げた傭兵部隊の隊長・クオリッチ大佐役のスティーヴン・ラング。

 

f:id:okureje:20170116122309j:plain

 

還暦を過ぎてなお逞しい筋肉で、老人というのはちょっと申し訳ない感じ。

 

f:id:okureje:20170116122328j:plain

 


★★★★★

 


一応ホラー映画と言われてましたが、いくらなんでも強盗のお話でホラーはないだろう。
盲目とはいえ、凄腕のアーミーだったスキルを活かしておバカな強盗を様々なトラップで撃退する、どちらかと言うとシリアス版『ホームアローン』的な作品だろうと思っていたのですが、悪い強盗をやっつける爽快感とかなく、、
・・・一応ホラーでした。

 

というか、強盗と視覚障害者の攻防を(無理やり)サイコホラー仕立てで描いたというか・・・

怖いじいさんが目の前からやってくるのに、盲目だから気付かないで通り過ぎるとか・・・
スーパーマリオのお化けかよ!

 

f:id:okureje:20170116122408j:plain

 

確かにアイデアは斬新だとは思いましたが、ちょっと演出過剰というか、老人を必要以上にモンスターっぽく演出したりとか、「えー、それ絶対死んでますやん!」みたいな状況でヌッと生き返ったりとか、とにかくアイデアありきで、後付で無理やりストーリーを練ったような無理な展開も多々あり。

 

低予算ながらよく頑張ったな、とは思いますが(上から目線で)、サイコホラー展開は確かに面白いのですが、もうちょっとホラー演出を抑えてシリアス、かつ勧善懲悪的なエンターテインメント性を持たせたら、自分的にはもっと面白い作品になったような気がしないでもない、です。

 

正直、そこまで世間が持ち上げるほどの作品でもないな、というのが感想。

 

 

f:id:okureje:20170116122439j:plain

 

 

それではー

 

 

アバター AMPスーツ

アバター AMPスーツ

 
アバタービークルアクションフィギュア/Avatar RDA Combat Amp Suit

アバタービークルアクションフィギュア/Avatar RDA Combat Amp Suit

 

 

【スポンサーリンク】