okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

追悼ジョナサン・デミ 『ストップ・メイキング・センス』〈スタンディング強制上映〉 感想

f:id:okureje:20170717213316j:plain

 

『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミがメガホンを撮ったライブ映画の名作『ストップ・メイキング・センス』。

2017年4月26日に73歳で亡くなったデミ監督を偲んで、池袋は新文芸坐にて、2日間に渡って『ストップ・メイキング・センス』の追悼上映が行われるという。

1日目は「オール・シッティング上映」(通常の着席上映)で、2日目は拍手・歓声・合唱可能な「スタンディング強制上映」という物騒な企画だが、あえてスタンディング強制上映に参加してみることにした。

 

f:id:okureje:20170717213257j:plain

 

トーキング・ヘッズが大好きで、高校時代に『ストップ・メイキング・センス』(もちろんアナログレコード)をダビングしたカセットテープを、それこそテープが擦り切れるほど聴いたものだが、まさか現代の映画館で、しかも強制スタンディングで鑑賞することになろうとは!

それにしてもいくら名作とはいえ、そしていくら東京だからって、スタンディングで『ストップ・メイキング・センス』を観たいという奇特な人間なんているのだろうか?
チケットぴあで事前購入した入場券の整理番号が35番台だったので、少なくとも30人は観客が来るんだろうな。

 

f:id:okureje:20170717213312j:plain

 

さて新文芸坐。

池袋駅東口から徒歩5分ほど、アニメイト本店の近く。初めての映画館だが、マルハンが新装した外観はキレイで、館内もキレイだった。

しかし、館内に入って驚いた!

どうせ自分と同年代の40代か50代のオッサンが30人程度しかいないと思っていたら、既に老若男女が入り乱れての大行列!もちろん劇場内も、ほぼ満員状態だった。

なお上映前に、新文芸坐のスタッフの方(花俟良王さんと思われる)の解説があったのだが、「昨夜のオール・シッティング上映では、上映中お客様の手がウズウズしており、正直、昨夜のお客様は可哀相だと思った。この映画を観るならやっぱりスタンディング!」とのことで、こちらのテンションもいや増した。

 

そして上映開始。

1曲目の『サイコ・キラー』からお客さんのテンションはめちゃくちゃ高くて、合唱、歓声、拍手しまくり。あらかじめアルコール注入済みだった自分も、ありえないくらいテンションが上がって、結局ラストまで一度も座ることなく唄い続けた。

おそらく観客の中で一番大声を張り上げて、かつオーバーアクションだったという自覚がある。

結局ラストまで殆どのお客さんが立ちっぱなし、かつ最後までアゲアゲ状態で、エンド・クレジットが終わってもアンコールの拍手をしそうな勢いだった。

 

f:id:okureje:20170717213400j:plain

 

f:id:okureje:20170717213354j:plain

 

それにしても「大声でトーキング・ヘッズの楽曲を思うさま唄う」行為がこれほど気持ちいいとは!10年分くらいのストレスが解消された感じ!

しかし鑑賞後、「もう、声がデカ過ぎて死ぬほど迷惑だった!」と妻に言われた。申し訳なかった。

 

f:id:okureje:20170717213351j:plain

  

ストップ・メイキング・センス [Blu-ray]

ストップ・メイキング・センス [Blu-ray]

 
ストップ・メイキング・センス [Blu-ray]

ストップ・メイキング・センス [Blu-ray]

 
ストップ・メイキング・センス

ストップ・メイキング・センス

 
ストップ・メイキング・センス ~オリジナル・サウンドトラック(完全版)~-トーキング・ヘッズ

ストップ・メイキング・センス ~オリジナル・サウンドトラック(完全版)~-トーキング・ヘッズ

  • アーティスト: トーキング・ヘッズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
ネイキッド

ネイキッド

 

【スポンサーリンク】