読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『FOUJITA』 感想

こんにちは!

 

 

f:id:okureje:20151230132220j:plain

 

 

昨日ですが、小栗康平監督作品『FOUJITA』を観てきました。

 

主演がオダギリジョー中谷美紀という、いかにもなキャスティング
日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた作品ということで、こんな感じのお話を想像していました。

 

東北のど田舎から花の都パリに降り立った藤田嗣治(牛乳瓶メガネの田舎者イメージ)。
 「う~ん、さすがパリはすごか都会ですたい…」
そんな藤田だったが画家として次第に頭角を現し、フランス画壇でも著名な存在に。
モンパルナスで酒と薔薇と狂乱の日々を送りながらも、次第にパリの街を覆うナチス・ドイツの影。
そしてヨーロッパの戦火を避けるように軍国主義まっただ中の日本に戻ってくるも、軍部から戦争協力を依頼され苦悩する藤田…

 

※あくまでイメージです。藤田嗣治は東京出身で、下戸だったそう。

 

 

…という、わかりやすい文芸大作かと思っていたのですが、これが甘かった!


ルノアールのココア以上に甘かった!

 

 

物語は前半の1時間をパリでの、後半1時間は日本での藤田の生活を描くのですが、ストーリー性は殆ど皆無で、それぞれの国での日々の淡々とした生活を絵画のように切り出すのみ。
画面も暗く、登場人物も背景の一部として撮影されているせいか引きの絵が多く、それなりに有名な役者も多く出ているのに、殆ど誰だかわかりませんでした。
しかし絵はとても綺麗で、そしてオダギリジョー中谷美紀とも、佇まい(たたずまい)がすごく良かったです。

 

…そうは言っても、2時間の上映時間は、まさに「寝堕ち」との戦いになりました。

 

 

f:id:okureje:20151230135546j:plain

f:id:okureje:20151230135604j:plain

 


★★★★★

 


この作品は、レオナール・フジタ映画芸術について、相当の見識を持っていないとさっぱりワケが分からないという、上級者向けの作品かと思われます。
(決して、ダメな作品というワケではありません。我々夫婦の知能不足のせいで監督の意図が読めなかっただけと認識しています)

 

なので、素人がスター・ウォーズでも観に行くように、「ちょっと覚醒してきますわー」みたいなノリで行くと、ホント痛い目…というか眠い目に会いますので注意が必要です!
マジで鑑賞者を選ぶ作品です。

 


…そして、映画が終わって妻と顔を合わせた途端に、思わず爆笑してしまいました。

 

「モンスター級に意味がわからん映画やったw」

 

劇場横のサイゼリアでワイン飲みながら夫婦ですっかり、
「あのシーンは全然意味がわからなかった」
「そのシーンは寝てたので気づかなかった」
「そんな俳優、どこに出てたんだ」
みたいなバカ談義で盛り上がってしまいました。

 


あまりに監督の意図がわからなかったので、思わずパンフレットを買ってきたという。


今年最後の劇場での鑑賞作として、ある意味とても貴重な作品でした!



f:id:okureje:20151230132506j:plain

 

 

それではー

 

 

藤田嗣治「異邦人」の生涯 (講談社文庫)

藤田嗣治「異邦人」の生涯 (講談社文庫)

 
藤田嗣治画文集 「猫の本」

藤田嗣治画文集 「猫の本」

 
藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)

藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)

 
腕一本・巴里の横顔 (講談社文芸文庫)

腕一本・巴里の横顔 (講談社文芸文庫)

 
もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

 
限定版・藤田嗣治画集ボックスセット 特製複製画付

限定版・藤田嗣治画集ボックスセット 特製複製画付

 
評伝 藤田嗣治〔改訂新版〕

評伝 藤田嗣治〔改訂新版〕

 

 

 

【スポンサーリンク】