okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

西田善太×中川淳一郎×嶋浩一郎「ビジネスで大事なことはすべて西田善太さんに教わった」 at 本屋B&B

f:id:okureje:20200529141856j:plain

 

西田善太×中川淳一郎×嶋浩一郎
「ビジネスで大事なことはすべて西田善太さんに教わった」
セミリタイアファイナルカウントダウンイベントvol.6

 

中川淳一郎さんのB&Bでのセミリタイア・ファイナルカウントのイベントも第6回を迎えて、なんと今回が最終回とのこと。
ただ、時勢のためオンラインのリモート配信のみの開催となり少し残念だったが、インストールしたものの、リモート飲み会に誰も誘ってくれず使わずじまいだったZoomを初めて使えるので少し嬉しかった。

 

記念すべき最終回のゲストは、元博報堂のご出身で嶋浩一郎さんの先輩であり、また同じく4年で博報堂を退社されたということで、名実ともに中川さんの大先輩にあたられるという、BRUTUS編集長の西田善太さん。
中川さんの大恩人である、ボスと大ボスとのお三人でトークを繰り広げるという内容。

 

なお今回のイベント、開催自体は新装なったという本屋B&Bの屋内で行われるのかと思っていたが、登壇者も自宅から参加する形式であり、これはお三方も直前までご存じなかったらしい。

ということもあって、西田さん、嶋さんともご自宅でリラックスされた状況下、杯をグイグイと上げられ、最初の頃は普通にお話されていたが、中盤以降は酔いが回られたのか、なかなかにグダグダなトークとなってしまった。
こちらも自宅にいながらの視聴ということもあり、缶チューハイ片手に同じくリラックス状態、イイ感じで酔っ払ってしまって、出演者、視聴者とも酩酊するという、なかなかカオスな状態に。

 

西田さんもお話の内容が行ったり来たりしてワケがわからず、嶋さんに至っては話されている内容自体がさっぱり意味がわからずで、さてこうなると、普段はイベントが進むごとに杯を重ね、イイ感じに酔いが回ってくる中川さんだが、今回ばかりは両先輩のほうがヤバいと察せられたのか、途中から、ビールからソフトドリンクに切り替えられるという異常事態に!

 

・・すっかり、西田さん、嶋さん、中川さんが、
 「部下にご高説を垂れる昭和のガハハオヤジ」、
 「上司に意見できず部下もフォローしきれない平成の中間管理職」、
 「目が死んだ魚のようになって上司の説教を拝聴する令和の新入社員」、

みたいな図式になってしまった。

 

f:id:okureje:20200529141850j:plain

 

・・いやーでも面白かった。

正直、こちらも酔っ払ってしまって中盤以降のトーク内容はさっぱり覚えていないし、いや、一部の会話で覚えてるのは、「修羅場ラバンダ」とか「親分小瓶」など、ダジャレーヌーヴォー満載の西田さんのオヤジギャグくらいなんだけど、こんなカオスな展開も中川さんのイベントっぽくて良い!

またお三方の(もう少し素面の)トークを見たい!そして西田さんのオヤジギャグを、メモりたい!コピりたい!

 

f:id:okureje:20200529141842j:plain

 

僕と広告

僕と広告

 
嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

  • 作者:嶋浩一郎
  • 発売日: 2013/02/04
  • メディア: Kindle版
 
アイデアはあさっての方向からやってくる

アイデアはあさっての方向からやってくる

  • 作者:嶋 浩一郎
  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
企画力

企画力

  • 作者:嶋 浩一郎
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

 
電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書)

電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書)

 
ダジャレヌーヴォー―新しい駄洒落 (扶桑社文庫)

ダジャレヌーヴォー―新しい駄洒落 (扶桑社文庫)

  • 作者:石黒 謙吾
  • 発売日: 2005/09/01
  • メディア: 文庫
 

 

【スポンサーリンク】