okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『アリータ: バトル・エンジェル』 感想

f:id:okureje:20190303230822j:plain

 

『アリータ: バトル・エンジェル』は、日本のSFマンガ『銃夢(がんむ)」』が原作。
かつて、1巻がkindleで無料だったので読んでみたのだが、続巻を買いたいと思うほどの内容では無かったと記憶しており、キャメロンがなぜ、この作品をわざわざ実写映画化しようと思ったのか疑問だった。
で先日、もう1度原作を読んでみたのだが、再読しても、やはりそれほどの作品とは思えなかった。

 

まず、1990年の作品なので、今読むとさすがに古臭い印象が拭えない。
確かに作画は細かくてキレイなのだが、ストーリーが直球過ぎるというか、中学生が思い付きで考えたようなお話で、単なるバトル・アクション作品の粋を出ておらず、間違いなく日本の代表的なサイバーパンク作品『攻殻機動隊』に比べたら、少し子供向けなストーリーに思える(1巻しか読んでないけど)。

 

しかし、わざわざ30年越しで実写映画化されたほどの作品だし、何と言っても、製作と脚本がキャメロンで監督がロドリゲスなんだから、きっと面白いんだろう、と楽観してたら、なんともイマイチな作品だった。

 

そもそもタイトルや、主人公の名前とビジュアルをも原作から変えているので(原作では「アリータ」ではなく「ガリィ」)、ストーリーや設定も現代的にアレンジしているのかと思いきや、基本プロットはほぼ原作に忠実っぽい。
なのでなんだか古臭いというか、ストーリーも今時の作品とは思えないほど、深みがなくて陳腐で、かつ子供っぽい。
だいたい今時、頭部だけが生身の人間であとは全て機械という敵サイボーグのデザインが、もうとてつもなく時代遅れというか、ダサい。
CGはさすがに素晴らしかったが、ビジュアル・デザインが30年前なので、ダサい。
「ダサい」の語源になった埼玉が舞台の日本映画『翔んで埼玉』を観に行った方が良かったのでは・・と思った。

 

話題になったアリータの、日本のコミックを意識した大きな瞳のデザイン。瞳は日本風だが顔は思いっきりバタ臭いのはご愛敬だが、確かにCG表現は素晴らしく、ヒロインのビジュアルとアクションは物凄く楽しめた。
しかし、キャメロンの「おこだわり」は良くわかるんだけど、いかんせんストーリーがチープで既視感ありありなので、映画作品としては楽しめなかった。

 

同じく日本のコミックを映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、原作の『攻殻機動隊』は名作なのにハリウッド実写版はやっぱりダメ映画といういつものパターンだが、本作は原作もハリウッド実写版もイマイチという、自分的にはある意味、新しいパターン。

ジェームス・キャメロンが何ゆえにこんな作品を製作したのか、まことに意味不明。
せめて30年前に映画化していたら・・
まぁよく考えたらキャメロン作品でも『トゥルーライズ』とかあるので、全部が全部、名作ばかりとは限らないんだよな。

 

なお、ラストにラスボスみたいなキャラが眼鏡を外した顔がエドワード・ノートンっぽかったが、クレジットに名前が無かったので違ったかな、と思ったが、やはりノンクレジットだがエドワード・ノートンだった。また、本編では気が付かなったけど、同じくノンクレジットでミシェル・ロドリゲスも出てたらしい。
なんか、名優の無駄遣い感があるな。


てか、続編ありきの作品だったけど、これ続編が製作されるのかな?中国ではヒットしてるそうだけど、北米の興行収入が振るわないらしいし。

単なるアクション作品と割り切って何も考えずに観るならいいけど、サイバーパンクっぽい渋い作風を期待してたら、見事に肩透かしを食らうのでお勧めできません。

 

f:id:okureje:20190303230802j:plain

 

アート&メイキング・オブ・アリータ:バトル・エンジェル

アート&メイキング・オブ・アリータ:バトル・エンジェル

 
アリータ バトル・エンジェル アリータ バーサーカー プレミアムマスターライン スタチュー PMABA-01

アリータ バトル・エンジェル アリータ バーサーカー プレミアムマスターライン スタチュー PMABA-01

 
アリータ バトル・エンジェル (竹書房文庫)

アリータ バトル・エンジェル (竹書房文庫)

 
アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)

アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: サントラ,ケネディ・リッケン,マティアス・ラーソン,ロビン・フレドリクソン,トム・ホーケンバーグ,デュア・リパ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
新装版銃夢(1)錆びた天使 (KCデラックス)

新装版銃夢(1)錆びた天使 (KCデラックス)

 
新装版銃夢(2)殺戮の天使 (KCデラックス)

新装版銃夢(2)殺戮の天使 (KCデラックス)

 
新装版銃夢(3)復讐の季節 (KCデラックス)

新装版銃夢(3)復讐の季節 (KCデラックス)

 
新装版銃夢(4)機甲花嫁 (KCデラックス)

新装版銃夢(4)機甲花嫁 (KCデラックス)

 
新装版銃夢(5)ザレム征服 (KCデラックス)

新装版銃夢(5)ザレム征服 (KCデラックス)

 

 

【スポンサーリンク】