okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『極私的エロス・恋歌1974』 感想 #原一男

f:id:okureje:20180819160006j:plain

 

渋谷アップリンクにて、8月4日から8月24日まで開催されている、原一男監督特集「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」。

前回は『ゆきゆきて、神軍』を鑑賞したが、今回は1974年の作品である『極私的エロス・恋歌1974』。もちろん、本作終了後の監督のトークショーも楽しみ。

 

f:id:okureje:20180819155935j:plain

 

・・・しかし、これだけ原監督、原監督と言ってるんだけど、実は恥ずかしながら、原監督作品は神軍しか観たことがなくて・・・
なにせ劇場はおろか、レンタルビデオショップでも神軍以外の作品は皆無、DVD発売もつい最近だったので、なかなか鑑賞する機会がなかった。言い訳ですけど。

 

ということで、この作品。

原監督がかつて付き合っていた武田美由紀さんという女性の生き様を撮ったドキュメンタリー作品。
とにかくこの武田美由紀さんが、まぁ強烈なキャラクターで、しかもなかなか突飛で驚くようなシーンも多いので、鑑賞中は、ほぼ口があんぐりと開いてしまっていた。

 

モノクロだし、音声もよく聞こえないし(低予算作品なので録音はテープレコーダーだったそうだ)、劇中での説明も少ないので、まぁ正直いって事前情報が無ければ何の映画かさっぱりわからない。
でも退屈な作品かと言うと決してそうではなく、現代で観ても十分に衝撃的で面白い作品であることは間違いない。

 

原監督によると、初監督作である前作『さようならCP』と本作までは、映画の撮り方なんて全く知らずに撮った作品であり、3作目である『ゆきゆきて、神軍』が、映画製作のノウハウを得てから撮った「劇映画」である、とのことだった。
そういわれると確かに、神軍はドキュメント映画ではありながらエンタメ感があった。
監督が作品を撮る上で一貫したストーリーを構築してから撮影されたからだろう。
しかし『極私的エロス・恋歌1974』は、ヒロイン武田美由紀をただ撮り続けていたら、勝手にとんでもない映像が次々と撮れてしまった、という感じだろうか。
もちろん監督なりの計算はあったに違いないけど。

 

あとこの作品で感じたのは、モノクロ映像がとてもキレイというか、アートだったこと。衝撃的なドキュメントリー作品であり、かつアート作品でもあった。

 

ラスト、キャバレーで武田美由紀さんがストリップで踊るシーンで、クエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』のサントラで印象的な曲、ジョー・テックスの「I Gotcha」が流れていて、メッチャカッコよかった。
もしかしたらタランティーノ監督、本作を観てこの曲を自作に使ったのでは?なんて思ってしまったり。

 


アイ ガッチャ  ジョー・テックス

 

上映後の原監督のトークショーによると、「世界で初めてのハメ撮り作品」と言われている本作のハメ撮りシーンでは、無理な体勢で撮影したせいで、現在までも続く腰痛を患い、神軍では悪魔の奥崎謙三に振り回されて精神を病み、さらに現在、鋭意撮影中である新作では、水中シーンを撮るためにスキューバダイビングの免許まで取って、過去に中耳炎を患ったことがあるのに、100回近くのダイビングを重ねたため、右耳が完全に聴こえなくなるという障害を負ったそうだ。
まさに満身創痍になりながらも衝撃的な作品を撮り続ける原一男監督。
もうリスペクトしかないわ。。

 

f:id:okureje:20180819155955j:plain

 

今回も著作にサインを頂いた!今回は妻の名前で書いて頂きました。

 

f:id:okureje:20180819155943j:plain

 


原一男監督『極私的エロス・恋歌1974』再DVD化予告編

 

極私的エロス・恋歌1974 [DVD]

極私的エロス・恋歌1974 [DVD]

 
タブーこそを撃て!  原一男と疾走する映画(ムーヴィー)たち

タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画(ムーヴィー)たち

 
ドキュメント ゆきゆきて、神軍[増補版]

ドキュメント ゆきゆきて、神軍[増補版]

 
『ニッポン国VS泉南石綿村』製作ノート: 「普通の人」を撮って、おもしろい映画ができるんか?

『ニッポン国VS泉南石綿村』製作ノート: 「普通の人」を撮って、おもしろい映画ができるんか?

 
ゆきゆきて神軍―製作ノート+採録シナリオ

ゆきゆきて神軍―製作ノート+採録シナリオ

 
観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88

観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88

 

 

【スポンサーリンク】