okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『ヒルコ/妖怪ハンター レストア&リマスター版』 感想

f:id:okureje:20210719150631j:plain

 

塚本晋也監督の第2作目で初のメジャー作品である『ヒルコ/妖怪ハンター』が、公開から30周年を記念してレストア&リマスター化され、テアトル新宿で公開されるということで、舞台挨拶つきの初回上映を鑑賞してきた。

 

f:id:okureje:20210719150635j:plain

 

初めて本作を観たのは少なくとも初公開時の1991年ではなく、おそらくその10年後にリリースされたDVDを購入した際だったと思うが、かねがねこの名作をちゃんと劇場で鑑賞したいと思っていたので、本企画は何ともありがたかった。

だいたい諸星大二郎先生のコミックが映画化されるのが稀有なことだが、なんと塚本監督は、その代表作である妖怪ハンターシリーズの主人公・稗田礼二郎役に沢田研二を起用(ビジュアル・イメージが真逆!)、そしてあろうことか、ちょっとおっちょこちょいで三枚目のキャラクターに改編してしまう。劇中での稗田礼二郎は何とも頼りなく、しかもゴーストバスターズばりのチープな妖怪センサーや対妖怪兵器まで持ち出してヒルコと対決するという・・・諸星ファンとしては、まさに目を覆いたくなるような設定になっているにも関わらず、誰が観ても本作は諸星大二郎テイストが充満した作品で、しかもほろ苦い青春映画の名作にまでなっているという・・ 塚本晋也監督、恐るべし!である。

 

f:id:okureje:20210722103354j:plain

 

初公開から30年も経過している作品ではあるが、改めての劇場鑑賞でも古さをあまり感じさせなかった。
ヒルコ視点のカメラワークは迫力があるし、何と言っても特殊メイク担当の織田尚(たかし)氏のヒルコは和テイスト満点の不気味な造形で、諸星大二郎っぽさが滲み出ている。諸星ファンとしても納得だと思う。

 

f:id:okureje:20210719150646j:plain

 

f:id:okureje:20210719150651j:plain

 

役者さんも皆さんいい演技をされているが、不気味な用務員役の室田日出男は渋いし、なんといっても八部まさおを演じた工藤正貴の熱演は素晴らしい。そして、ついにヒルコに肉体を乗っ取られるシーンの竹中直人の顔芸は、もう笑っていいのか怖がっていいのか何度観ても判別がつかないほど衝撃的で、まさに、恐怖あり笑いあり涙ありのエンターテインメント作品である。何度でも観たくなる不思議な映画だ。

 

f:id:okureje:20210719150657j:plain

 

舞台挨拶には織田尚氏が登壇されたが、通常、映画の舞台挨拶に造形師の方が出られるのは稀だと思うのだが、本作に関してはヒルコの造形が作品の魅力の多くを占めているので、氏の登壇は妥当だし、しかも、月島令子を演じた上野めぐみさんを舞台挨拶に呼ばれたのも織田尚氏であるという。20代後半に中国留学を機に役者業を引退されて久しい上野さんをこうして拝見できるだけでも貴重な舞台挨拶といえる。

 

www.youtube.com

 

なお、塚本晋也監督の初期の名作であるこの作品、当然、販売される2Kレストア版のBluーrayも予約済みで、収録特典はDVDからの完全移植らしいので、じゃDVDは処分していいかと思ってたら、なんとDVDに収録されていた「絵コンテ付き本編」は未収録だという・・・ これじゃDVDを処分できないじゃないか!

 

f:id:okureje:20210722105306j:plain

 

www.youtube.com

 

f:id:okureje:20210719150705j:plain

 

 

【スポンサーリンク】