読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

海洋堂 阿修羅像 レビュー

海洋堂

こんにちは!

オープニング


興福寺創建1300年記念 国宝阿修羅展 公式フィギュア 阿修羅像(長い。)です。
要するに、国立博物館の阿修羅展と海洋堂のコラボ商品ですね。

メイン1

メイン2

メイン3

メイン5

メイン4

メイン10

メイン6

メイン8

メイン7

大きさ比較


前回紹介したリボルテックタケヤの阿修羅像は荒々しい、本来の阿修羅のイメージなんでしょうが、やはり日本人にとって阿修羅像といえばこの、興福寺の阿修羅像ですよね。

自分的にも日本で一番好きな仏(ブツ)は、この中世的な興福寺の阿修羅像です。
萩尾望の『百億の昼と千億の夜』の阿修羅王です、ハイ。

メイン9


★★★★★

そう言えば、このフィギュアを入手するのは、かなり大変だったことを思い出しました。

陰影3

陰影4

陰影2

陰影1


まず、2009年3月から6月まで、東京国立博物館で開催された、
興福寺創建1300年記念 国宝阿修羅展」の会場でしか販売されていませんでした。

箱裏箱表


欲しかったのですが、さすがにフィギュア1つ買うために東京まで出張るワケにもいかないのであきらめていましたが、たまたま東京へ商用で行く機会ができたため、仕事の合間を縫って上野まで足を伸ばすことにしました。

阿修羅像は奈良の興福寺で何度も観てるので、わざわざ国立博物館で改めて阿修羅像を観る気はありません。

あくまでフィギュア購入目的ですが、買うためには博物館への入場料金が必要です。
(なんと無駄な出費!)

しかも、この国宝阿修羅展、当時すごい盛況で、会場に入るまでメチャ大変でした。
スーツ姿で長い行列をイライラしながら並んで、やっと入場できて売店に走ったのですが・・・
売り切れでした(泣)。

モノクロ2

モノクロ1

モノクロ3


後から知りましたが、展示会開始から2週間で完売してしまったそうで、、
わざわざ上京して無駄な入場券買って無駄な時間を並んで、しかも売り切れとは!

。。ガックリしましたが、ウロウロ会場を歩いていたら、後日の発送で入手できるコーナーがありました。
まさに地獄で仏ですね。(地獄でなぜ悪い

まぁ、宅急便の発送料金を別途払う羽目になりましたが。。
(これまた、なんと無駄な出費!)

兎にも角にも購入できる目処がついてホッとしたため、とりあえず展示されてる阿修羅像でもチラッと観て帰ろうか、と心の余裕で。

興福寺とは違ったモダンなディスプレイで、また違った阿修羅像を堪能できましたが、

・・・しかし、東京はスゴイな、と改め思いました。
集客が。

プロモーション次第では、まさに「イワシの頭」でも、入場料1,200円くらいで50万人くらい軽く動員できますね。

平和な国に生まれることができて、本当に良かったです。

ラスト

なむー

それではー

【スポンサーリンク】