読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『龍三と七人の子分たち』 感想

こんにちは!


ポスター



本日、北野武監督最新作『龍三と七人の子分たち』を観てきました。

いやー、つまらない。

以上


★★★★★


というワケにもいきませんので少し感想を。


※以下、ネタばれありますのでご注意願います。


肩の力を抜いて老任侠コメディ映画を作ろうと思われたのだと思いますが、力を抜き過ぎたというか、どうにもユル過ぎる作品になってしまいました。


ビートたけしオールナイトニッポン」で聞いたようなネタのオンパレードで、殿のネタをよく知っている人だったら、「またかよ・・・」って感じで、正直しつこい。

たけしさんの師匠の深見千三郎さんが戦争で左手の指を何本か欠損していたため、「クロールで泳ぐと必ず横に曲がった」とか
「クロールで競争したら指が無い分の差で負けた」などの師匠ネタや、その他、
昔の足立区や浅草の面白い近所のヤクザの小ネタだけで脚本をつないだような印象。

おかしなヤクザネタを盛るのは、『菊次郎の夏』程度の量で十分だと思います。

老ヤクザたちもキャラが立っているようで立ってないし、まずオチが浮かんで、そこから脚本を書かれたようなので、オチまでの流れもイマイチどっちらけ。
カタルシスもなく、なんとも中途半端な作品でした。

正直、せっかくの北野作品に出演できた多数の大物俳優もこの程度の作品だったら浮かばれないな・・・



妻とも、この面白く無さを色々と話し合いましたが、

アウトレイジ ビヨンド』でさっさと殺してしまった中尾彬さんを、またまた殺しちゃう(だけが目的の)映画だ、という妻の分析には、思わず膝を打ってしまいました。


前作の『アウトレイジ ビヨンド』では、ベテラン俳優が「俺が俺が」と前へ出る芝居をしたがるなかで、中尾彬さんはそれが特に顕著でうるさかったため、作品の冒頭でとっとと殺してしまったそうですが(笑)、


本作でも、老ヤクザチームでは一番下っ端な情けないキャラで、しかも唯一殺されてしまって、さらには死体になっても「かんかんのう」を踊らされるというなんとも可愛そうな役柄でした。


ということで本作は、
「殿が中尾彬さんを作品中で酷い目にあわせて楽しみたかった作品」
というのが、我々夫婦が出した結論です。


そして、
「殿の映画に外れ無し!」という常識が覆される貴重な作品でもありました。


●予告編


●関連記事
ヘッドプレイ(HeadPlay) たけし風ヘッド レビュー
『戦場のメリークリスマス』 感想
寝正月映画鑑賞ベスト6



nakao


それではー

【スポンサーリンク】