okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

「BLADE RUNNER COLLECTOR'S BOX」の”オマケ”のポリススピナー レビュー

f:id:okureje:20171029012320j:plain

 

『ブレードランナー ファイナル・カット 爆音映画祭』で久しぶりに大スクリーンで観たポリススピナー、未来的なフォルムは今観ても色褪せておらず、印象に残った。

 

 

スピナーとはシド・ミードがデザインした近未来の飛行自動車のことなんだけど、コアなブレードランナー・ファンじゃなくても一般的なファンにとって、”ブレードランナー三種の神器”といえば、デッカードの銃・通称「デッカード・ブラスター」と「スピナー」、そして「ふたつでじゅうぶんですよ」である。

 

f:id:okureje:20171029012322j:plain

 

ただ、ブラスターのモデルガンは入手困難、スシマスターも完売御礼。現時点でプラモデルやフィギュアなどで入手可能なホビー商品はポリススピナーのみ。『ブレードランナー』は版権の取得が異常に難しいらしい。

ということで爆音上映『ブレードランナー』の余韻が覚めやらないなか、へっぽこメーカー・メディコム・トイが2010年に販売した『BLADE RUNNER COLLECTOR'S BOX』をAmazonでポチってしまった。

 

f:id:okureje:20171029012321j:plain

 

妻には「Blu-rayを購入する」ということでちろん事前に了承は得ている。
なのでLINEで、「なんかでっかいダンボールが届いた!(怒)」と連絡があった際も、「いや、ブレードランナーのBlu-rayなので問題ないです」と言い張った。(ゴメンやで)

いやでも実際、本商品のメインはBlu-rayで、ポリススピナーはあくまでオマケの扱いであるらしいので、嘘は言っていない。

 

f:id:okureje:20171029012323j:plain

 

『ミラクルアクションヴィークル No.04 BLADE RUNNER COLLECTOR'S BOX 』

外箱は思ったより大きい。そして、パッケージはなかなかブレランブレランしててカッコイイし。

 

f:id:okureje:20171029012324j:plain

 

f:id:okureje:20171029012325j:plain

 

f:id:okureje:20171029012326j:plain

 

f:id:okureje:20171029012327j:plain

 

f:id:okureje:20171029012328j:plain

 

f:id:okureje:20171029012329j:plain

 

f:id:okureje:20171029012330j:plain

 

f:id:okureje:20171029012331j:plain

 

f:id:okureje:20171029012332j:plain

 

f:id:okureje:20171029012333j:plain

 

Blu-rayはちゃんと同梱されている。こちらがあくまでもメイン。

 

f:id:okureje:20171029012334j:plain

 

f:id:okureje:20171029012335j:plain

 

ポリススピナーの本体も意外と大きい。だいたい1/18スケールくらいかな?

 

f:id:okureje:20171029012336j:plain

 

f:id:okureje:20171029012337j:plain

 

f:id:okureje:20171029012338j:plain

 

f:id:okureje:20171029012339j:plain

 

f:id:okureje:20171029012340j:plain

 

f:id:okureje:20171029012341j:plain

 

f:id:okureje:20171029012342j:plain

 

f:id:okureje:20171029012343j:plain

 

値段の割にはチープだという情報は事前にネットで得ていたんだけど、確かに軽い!

 

f:id:okureje:20171029012344j:plain

 

f:id:okureje:20171029012345j:plain

 

f:id:okureje:20171029012346j:plain

 

f:id:okureje:20171029012347j:plain

 

f:id:okureje:20171029012348j:plain

 

f:id:okureje:20171029012349j:plain

 

f:id:okureje:20171029012350j:plain

 

f:id:okureje:20171029012351j:plain


ビークルモードにもなる。意外と芸が細かい。

 

f:id:okureje:20171029012352j:plain

 

1/18フィギュアのミクロマンが丁度いい感じに合ったりする。

 

f:id:okureje:20171029012353j:plain

 

f:id:okureje:20171029012354j:plain

 

f:id:okureje:20171029012355j:plain

 

f:id:okureje:20171029012357j:plain

 

確かに値段の割には軽くてチープなんだけど、意外と細かい造り込みで、デカールはかっこいいのでまぁ、とりあえずはイイんじゃないでしょうか。

 

f:id:okureje:20171029012356j:plain

 

さて、いよいよ明日、新作の『ブレードランナー2049』を観に行く。
全米で大コケしたっていう前評判を打ち消すかのように、日本ではやたら力の入ったCMを流しているが、町山智浩氏が絶賛するのはいいとして、「絶対に観るべき映画」(藤井フミヤ/歌手)ってのはちょっと・・・チェッカルズに言われてもな、みたいな。

 

f:id:okureje:20171029012358j:plain

 

ちなみに、久しぶりに旧作の『ブレードランナー』を観た感想をもう少し。

あまりに伝説的な作品になり過ぎて言いづらい感あるけど、あえて突っ込むと・・・

まず冒頭のレプリカント・リオンの取り調べシーンだが、そもそも素手で人間を殺傷するほど身体能力が高く、人間に反抗的なレプリカントの疑いがある人間を、なんで捜査官が単独で、しかも事前のボディチェックもせずに取り調べてるのか。
よしんばボディチェックはせずとも、銃器などの危険物センサーくらい室内にありそうなもんだけど。


また前回も書いたけど、デッカードがあまりに無能過ぎ。ハメットやチャンドラーの探偵小説に出てくるタフな主人公をイメージしたのはわかるんだけど、相手は街のゴロツキやマフィアではなく、殺人マシーン。ニヤニヤ笑いながら「芸人組合(の方)から来ましたー」とか言ってノコノコ一人でレプリカントに向かっていくの、かなり無防備な気がする。
あとラスト近く、ロイ・バッティがタイレル社員のセバスチャンを伴ってエレベータでタイレル社社長に会いにいく場面。未来社会のエレベータには、監視カメラや人感センサーみたいなのは無いのか?


・・・これ、1980年代当時の映画だから許せるけど、2017年の作品だったら、アレって思ってしまう。

『ブレードランナー2049』はリドリー・スコットが監督しないからたぶん大丈夫だろうけど、もし彼自身がメガホンを撮ったとしたら、相当危なかったかもしれない。
未だに登場人物がタバコ吸うシーンとか出てきそう。

 

f:id:okureje:20171029012359j:plain

 

BLADE RUNNER COLLECTOR'S BOX

BLADE RUNNER COLLECTOR'S BOX

  • 作者: 洋画≪完全初回限定生産版≫
  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2010/12/24
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 
ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

 

  

フジミ模型 1/24 スピナー

フジミ模型 1/24 スピナー

 
フジミ 1/43 スピナー

フジミ 1/43 スピナー

 

 

【スポンサーリンク】