okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『フリー・ガイ』 感想

f:id:okureje:20210821224221j:plain

 

自分的にはそれこそ「モブ」映画だったので完全スルーのつもりだったが、ツイッターのタイムラインで面白かった!という感想が多く流れてきたので、じゃぁ行ってくっか!となった。

 

 

人気ネットゲーム上のNPC(ノンプレイヤーキャラクター)が実は進化したAIで、創造主である人間のプレイヤーと共にゲーム上で冒険を繰り広げるというSFアクションで、主人公のNPC「ガイ」を演ずるのは、デッドプールのライアン・レイノルズ。

 

奥浩哉先生も仰っているが、本作はまるで、ピクサーなどのCGIアニメーションを実写で表現したような作品。
『レディ・プレイヤー1』では、ゲーム上の仮想世界でプレイヤーが縦横無尽にバトルを展開するシーンはCGだが、ゲーム上の世界も実写で表現したのが『フリー・ガイ』といえる。


なおストーリーだが、天才プログラマーが、自作ゲームのプログラムを盗用して成功した社長の悪事を暴くため、自分が作ったプログラムのキャラクターと共闘する・・って、まんま『トロン』(1982年版)そのものだが、NPCのAIが進化して独自の思考を持つようになった、というアイデアは現代的で面白い。
また、最初はレベル0だったキャラクターが、何度も失敗したり殺されたりしながら自身のレベルを上げていくのは、『コンティニュー』で観た・・って、・・・割と既視感あるなこの映画・・・

 

まぁハッキリ言えばこの作品、『レディ・プレイヤー1』とか『トロン』とか、『コンティニュー』や『マトリックス』など、いろんな名作SF映画を足して割って、薄~く伸ばしてマイルドにしたような、、要するにパンチの弱い作品だった。

 

あと観終わってモヤっとしたのは、テーマ曲なのか、トム・トム・クラブの名曲『Genius of Love』のイントロだけが頻繁に流れて、なかなかセンスのある選曲してるな・・と思ったんだけど、なぜかイントロしか流れないので欲求不満だったのだが・・・一緒に観た妻が、映画はそれほどでもなかったけどマライア・キャリーの曲は良かった!と言ってたので、「へー。マライア・キャリーの曲が使われてたのか・・・(マライア・キャリーの楽曲は一つも知らないけど)」と思ったが・・・
なんと!マライア・キャリーの『Fantasy』って曲で、『Genius of Love』をサンプリングした楽曲だったという・・
いやいや、サンプリングして作った曲じゃなくてオリジナル曲を使えよ!

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

f:id:okureje:20210821224331j:plain

 

Tom Tom Club (Dlx) (Exp)

Tom Tom Club (Dlx) (Exp)

Amazon
Tom Tom Club

Tom Tom Club

Amazon
おしゃべり魔女

おしゃべり魔女

Amazon
Tom Tom Club

Tom Tom Club

Amazon
Genius Of Live

Genius Of Live

  • Nacional Records
Amazon

 

【スポンサーリンク】