okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

マーベルレジェンド アイアンマン(80周年記念アレックス・ロス版) レビュー

f:id:okureje:20210918074046j:plain

 

前回と同じく、米国ハズブロ社はマーベルレジェンドのクラシック・アイアンマン(Marvel Comics 80th Anniversary)。
マーベルコミックの80周年を記念して販売されたメモリアル版とのこと。

 

f:id:okureje:20210918074057j:plain

 

有名アメコミ作家であるアレックス・ロスのデザインだそうで、2019年秋頃に発売された際は日本でも3,000円程度だったが、最近ではかなりプレ値になって手が出なかった。
再販されたのか、5,000円以内になっていたので購入。

 

f:id:okureje:20210918074107j:plain

 

f:id:okureje:20210918074119j:plain

 

f:id:okureje:20210918074130j:plain

 

f:id:okureje:20210918074142j:plain

 

さすがメモリアル版ということで、社長と鼻ありの2種ヘッドが付属している。コミック版のトニー・スタークの素顔ヘッドが欲しかったので、これは嬉しい!

 

f:id:okureje:20210918074154j:plain

 

f:id:okureje:20210918074206j:plain

 

いやー、やっぱり味があるなー

 

f:id:okureje:20210918074216j:plain

 

f:id:okureje:20210918074226j:plain

 

f:id:okureje:20210918074237j:plain

 

f:id:okureje:20210918074248j:plain


ホットトイズでもダイキャストでコミック版アイアンマンを販売予定だけど、さすがホットトイズだけあってクオリティは高いが、なんかシャープ過ぎて(もちろん高額過ぎて・・もあるが)購買意欲が湧かなかった。

 

f:id:okureje:20210918074258j:plain


コミック版のアイアンマンは、これくらい雑な造形でチープなほうがフィットする。こればっかりはアメトイに軍配が上がるな。

 

f:id:okureje:20210918074308j:plain

 

f:id:okureje:20210918074318j:plain

 

f:id:okureje:20210918074329j:plain

 

とは言え、造形も塗装もそんなに悪くない。可動域も広く自由なポージングが可能。

 

f:id:okureje:20210918074339j:plain

 

アメコミ版の社長ヘッドがいい。

 

f:id:okureje:20210918074349j:plain

 

f:id:okureje:20210918074400j:plain

 

f:id:okureje:20210918074411j:plain

 

f:id:okureje:20210918074422j:plain

 

鼻があるヘッド、黒歴史と言われてるらしい。確かに若干の違和感があるが、これはこれで味がある。

 

f:id:okureje:20210918074433j:plain

 

f:id:okureje:20210918074445j:plain

 

モジュラーアーマー版と。
いや、こうして並べても、意外とカッコいいな・・マッシブだし。マーベルレジェンドいいな。

 

f:id:okureje:20210918074455j:plain

 

シーハルクと。シーハルクでっけー。

 

f:id:okureje:20210918074504j:plain

 

しかし、なんでこんなにアイアンマンに惹かれるのか・・・
そもそものコミック版のデザイン、決してカッコよくない・・というか、むしろダサい。
このデザインをそのまま実写化したら、MCUもここまで世界的にメジャーにならなかったと思うので、MCU第1作目『アイアンマン』(2008年公開版)、本当にエポックメイキングな作品だったな、と改めて感じた。

 

f:id:okureje:20210918074514j:plain

 

 

【スポンサーリンク】