okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 感想

 

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画作品はなんだかんだで殆ど劇場で鑑賞しているが、思い返してみると、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、『ドクター・ストレンジ』、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の3作のみは未鑑賞だった。
・・『ドクター・ストレンジ』は後にアマプラで鑑賞したが、マイティ・ソーの2作目以降は未だに観ていないし観る気も起きない。
いくらマーベル実写作品とはいえ、さすがに神様と魔法使いがヒーローの映画なんて勘弁してくれよ、という感じだったのだけど、ではなぜ本作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』を劇場鑑賞する気になったのか?

 

アマプラで『ドクター・ストレンジ』を観たが、さすがに名優ベネディクト・カンバーバッチである。プライドが高く高飛車で威圧的だが人情にも厚いヒーロー像を見事に演じている。なので意外にも「魔法使い」というファンタジーかつ少々子供っぽい設定にも関わらず、大人でも楽しめる作品になっており、これは単体作品を観てもいいかな、という気になった。
あとは何と言っても『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が良作だったので、おなじマルチバースがテーマのドクター・ストレンジにも当然ながら期待してしまった、とうこともある。
しかもメガホンを撮るのは、あのサム・ライミ監督だ。
そもそも最初にスパイダーマンを見事に実写化したことにより、マーベルのヒーロー実写映画をここまで世界的な人気作品に仕上げた最大の功労者である。そんなレジェンドが現代でマーベル作品をどのように演出するのか、期待するなというほうが無理があるだろう。
・・ただ近年、大御所監督が満を持して世に出した往年の名作の新作が、ことごとく出来が悪かった・・リドリー・スコットのエイリアンやジェームス・キャメロンのターミネーターなど・・例もあるので、多大の期待は禁物ではあったが・・

 

で、本作の感想。
正直なところ、オープニングのアクションこそ目を見張るものもあったが、序盤から中盤を過ぎても「とてつもなく」面白くない。何度もあくびを噛み殺してしまった。
それというのも本作は、「Disney+」で配信されたドラマ『ワンダヴィジョン』をあらかじめ観ていないと、なぜスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフがあんなに荒ぶっているのかさっぱりわからない。また、キーとなるキャラクターであるアメリカ・チャベス(ミズ・アメリカ)についても、本国の原作コミックにそれほど精通していないので、「誰これ?」的な感じだった。なので、どうも物語自体に終盤まで乗り切れなかった感があった。

 

・・しかし。
ラストバトルの趣向がとっても面白くて、一気に引き込まれてしまった。
まるでサム・ライミ監督の往年の名作『死霊のはらわた』と、トッド・マクファーレン原作の『スポーン (Spawn) 』を足したような作風になっており、「そうか!この作品って、そもそもがサム・ライミの映画だったんだ!」と改めて思い知らされた。またエンドロール後の映像を観るまで全く気が付かなかったのだが、サム・ライミ監督の盟友であるブルース・キャンベルも、とある重要な役でしっかりちゃっかり出演している。
・・いや、それなら最初から言ってくれよ。ちゃんとサム・ライミ作品だとわかっていれば、こちらもその認識でオープニングから楽しめたのに・・
ということで、まさに「終わり良ければ総て良し」な作品ではあった。


ただ、およそ5年ぶりのドクター・ストレンジの単体作品として観たら、マルチバースの設定が勝ちすぎるせいか、ドクター・ストレンジの掘り下げが浅くなって、少しとっ散らかった印象となってしまった。ここは惜しいところ。
当然、同じマルチバースをテーマとした作品としても、残念ながら『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と比べると小粒な印象がぬぐえなかった。
というか、マルチバースは便利な設定ではあるけれど、なんでもありなチート感も透けて見えて、そろそろ止め時かもしれないな。

 

それにしてもMCU、とうとう作品世界にドラマのストーリーも取り込んできたのか・・
NHKが押し売り受信料を廃止してくれたら「Disney+」に加入してもいいが、とりあえず動画配信サービスはアマプラで十分なので、わざわざ月額990円を払ってまで「Disney+」に加入する気はなく、そうなると今後は、「Disney+」未加入者のMUC映画作品へのハードルがますます高くなりそうな予感。
フェーズ4以降のMCU作品には、スパイダーマンを除くと魅力的なヒーローが少ない感じもして・・というかアイアンマンがいないとやっぱり物足りない感じ。これからMCUは上向くのか下降していくのか。

 

 

ドクター・ストレンジ (字幕版)

ドクター・ストレンジ (字幕版)

  • ベネディクト カンバーバッチ
Amazon
死霊のはらわた [Blu-ray]

死霊のはらわた [Blu-ray]

  • ブルース・キャンベル
Amazon
死霊のはらわたII [Blu-ray]

死霊のはらわたII [Blu-ray]

  • ブルース・キャンベル
Amazon
ダークマン [Blu-ray]

ダークマン [Blu-ray]

  • リーアム・ニーソン
Amazon

 

【スポンサーリンク】