読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

いぬねこなかまフェス 2016 に行ってきました

こんにちは!



f:id:okureje:20160913010910j:plain

 


いぬねこLOVEなご夫妻にお誘いされて、『いぬねこなかまフェス 2016 ~動物愛護週間に集まろう~』に行ってまいりました。

 

場所は三軒茶屋昭和女子大学人見記念講堂

 

f:id:okureje:20160913010911j:plain

 

f:id:okureje:20160913010912j:plain

 

このイベント、捨てられた動物を保護して新しい里親を見つける活動をされてる「ランコントレ・ミグノン」が主催されている音楽フェスで、今回で3回目だそうです。

 

一般社団法人 ランコントレ・ミグノン Recontrer Mignon

 

ということは、ペットも飼っておらず、動物愛護にもそれほど関心がない我々が行くのは、実は場違いなイベントなのでは?

会場には、目がキラキラした、いかにもペット愛に溢れたお客様ばかり。

 

f:id:okureje:20160913010913j:plain

 

f:id:okureje:20160913010915j:plain

 

物販コーナーもすごい人だかり。

 

f:id:okureje:20160913010914j:plain

 


なんとなくアウェー感を抱きながら座席に。

そしてシートに座ってからも、当日のお昼に観た『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインのことばかり考えていました。

 

okureje.hatenablog.com

 

 

しかし、のっけから矢野顕子大センセイのパワフルなステージ。
その後も、椿鬼奴さんのウイットに富んだ楽曲、akikoさんと坂本美雨さんのデュエット、浅田美代子さんの赤い風船(歌詞間違いあり)、KYON2(小泉今日子さん)の夜明けのMEW鈴木杏さんの朗読、町田康さんの「名前のうた」・・・

 

なんでもかんでも「コスパ」で語るのはみっともないっていう風潮ではありますが、
・・・これ、チケットの値段(4,320円(税込))を考えたら、すごいコスパが良いイベントなのでは?・・・

 


★★★★★

 


とは言え、それなりに難しいテーマを持つイベントでもあり、印象深かったテーマとしては、ペットショップの「生後8週齢」規制問題。

「生後8週齢」とは、ワンちゃんネコちゃんは生後8週(56日)齢を親と過ごすことがとても大事で、その期間を待たずに親と離されてしまうと、心身ともにちゃんと育成できない可能性があるそうです。

 

しかしブリーダーは早く手放したほうが経費がかからないし、
ペットショップは小さい赤ちゃんの姿のほうが可愛いので売りやすいし、
そしてお客さんも小さくてプリプリしてる「生後8週齢」未満の子たちを買いたがるという。

 

実際、「生後8週齢」未満に親と引き離された子は大人になっても情緒不安定になることが多いらしく、また早くに亡くなってしまうこともあるそう。

結局、ある程度成長してから飼ったほうがよく懐いてくれるようで、糸井さんが、ブリーダーもペットショップも飼い主も、長期的にみれば「生後8週齢」以降の子たちを流通させることが業界を永らえさせることになるのでは?

という「三方一両損」的なマトメをされてて、なるほどーと思いました。

 

正直、ペットショップで見かける子犬や子猫って、可愛いと思いながらも、なんとなく可哀想であんまり正視できなかったのですが、そんな問題があるとは知りませんでしたし、勉強になりました。

 


★★★★★

 


なおフェスの司会はご存知、糸井重里さんと、ミグノン代表、友森玲子さん。

 

友森玲子さんについては全然存じなかったのですが、ステージ上ではちょっと不思議ちゃんな印象で、なにより糸井さんに対して「そこらの使えるオッチャン」のように接していたのには笑えました。

 

ビックリハウス」で産湯をつかり、「ヘンタイよいこ新聞」や「MOTHER」で育った我々世代にとって糸井さんはまさに神様みたいな存在。

 

f:id:okureje:20160913010916j:plain

 

そんな糸井サンを、そこらのオッチャンとして使役してる友森さんに、とにかく感心してしまいました。

 

そういえば以前、NHKドキュメント72時間「大都会 犬と猫のシェルターで」で友森さんが出演されてて、正直、自分なら引いちゃって近寄れないような、弱ったり事故して、かなり可哀想な感じのワンちゃんに平気で接触してお世話されてて、なんか凄い人だな、と感じたのを思い出したのですが、

 

友森玲子さんを存じ上げる方に聞いたのですが、動物だけではなく、たとえば運転中にたまたま見かけた弱ったお年寄りを放っておけずにいきなり声をかけたりする人らしく、真正の変人、いや、真正の「ノブレス・オブリージュ」溢れた人みたいで、これはどうも友森さんという方は、現代の「身軽な妖怪」なんじゃないかと思いました。

 

ミグノンプラン - ほぼ日刊イトイ新聞



f:id:okureje:20160913010917j:plain

 

それではー

 

 

  

しあわせ4コマ 豆柴センパイと捨て猫コウハイ

しあわせ4コマ 豆柴センパイと捨て猫コウハイ

 
犬猫姉弟センパイとコウハイ

犬猫姉弟センパイとコウハイ

 
豆柴センパイと捨て猫コウハイ

豆柴センパイと捨て猫コウハイ

 
豆柴センパイと捨て猫コウハイカレンダーMOOK2016 (扶桑社ムック)

豆柴センパイと捨て猫コウハイカレンダーMOOK2016 (扶桑社ムック)

 

 

【スポンサーリンク】