okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

Nintendo Switch 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 感想

f:id:okureje:20190604083317j:plain

 

昨年の年末に半ば衝動買いした「Nintendo Switch」。
とりあえず1本目のソフトは、Amazonレビュー数が2,000越えというキラーコンテンツ、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を買ってみたのだが、これが世の中の評判に違わず面白かった。

1日のプレイ時間はせいぜい、妻が入浴中の1時間から2時間程度と限られているため、クリアするのに実に5か月近くかかってしまったが、感動のエンディングを鑑賞した直後、無思考状態のまま自然の動作で2周目のプレイに取り掛かってしまったのには我ながら驚いた。

 

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』という作品の魅力はネット上で多くの人が語っており、わざわざ付け足すこともないが、やはり何と言っても、広大なオープンワールドのどこに行っても何かしらのアイテムや隠し要素があって、メインストーリーを進めたいにも関わらず、ついつい寄り道して時間を食ってしまうその自由度の高さ!

飽きさせないメイン/サブのストーリー性の良さと相まって、キャラクターの操作性も抜群に良いので、いつまでもプレイし続けたくなる。
あるときは、駅のホームのベンチに2時間近く座りっぱなしっでプレイしてたこともあったな。

 

よくぞこれほどまでに緻密で広大なオープンワールドを創り上げたもの・・・まさに箱庭。任天堂の開発スタッフには、ただただ敬意を表するしかない。

そしてやはり、ゲーム機としての「Nintendo Switch」も、とにかくユニークな筐体。
据置型でありながら、ドックから引っこ抜くだけで携帯型ゲームに切り替えれる手軽さは驚異的で、既に売り払ってしまったが、前世代機だった「Wii U」に比べても格段に遊びやすく親しみやすいハードだと思う。

 

思えば、大学時代に初めて「ゲームボーイ」の「テトリス」をプレイしてから、ファミコン、スーファミ、サターン、プレステなど多くのハードで遊んできたが、さすがに結婚してからはプレイ時間も減り、ここ何年かはたまに購入しても途中で飽きてしまって、最後までやり通したソフトもなかった。「ドラゴンクエストXI」も早々にリタイアしたし。

 

記憶にある最近ハマったゲームソフトで思い出すのは、『バイオハザード リベレーションズ』(3DS版)と『バットマン アーカム・シティ』(Wii U版)、『Minecraft』(VITA版)くらいで、最近といいつつ、もう相当な昔だな。
持っていたゲーム機も殆ど売り払って、残っているのは「Newニンテンドー2DS LL」くらいだったので、もう本格的なゲーム機は以降の人生で購入することはないんだろうな・・と思っていたんだけど、まさか「Nintendo Switch」を買ってしまうとは。
そしてまさか、こんなに面白いゲーム機で、ゼルダがこんなにも素晴らしいソフトだったとは・・

 

ということで、何を今更・・感がありありの内容になってしまって恐縮なんだけど、久しぶりにエキサイティングなゲーム体験だったので、思わず筆を執ってしまった次第。

それにしても、そろそろゲームから卒業かな・・と思っていたのに、もうしばらくはコンシューマーゲームとお付き合いが続きそう。

 

でも良い子のみんな! 「ゲームは一日1時間」!

 

f:id:okureje:20190604083304j:plain

 

 

【スポンサーリンク】