okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

『メッセージ』 感想

f:id:okureje:20170625212401j:plain

 

『メッセージ』を観に行ったという、行きつけの美容院のスタッフYさんによると、作品自体も面白かったが、監督は、あの『ブレードランナー』続編の監督でもあるとのこと。

 

ならば、今年の10月末に公開予定の『ブレードランナー 2049』の良し悪しは本作を観ることで占える、ということか。
あれだけの名作の続編なので、相当な力量を持った監督か、もしくはマイケル・ベイくらい恐れ知らずじゃないと撮れないだろう。
(本当にマイケル・ベイにオファーされてたら絶対映画ファンから暗殺されるだろうけど)

 

さて、カナダ出身のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の力量は如何に?

 

f:id:okureje:20170626161908j:plain

 

『魔法にかけられて』でディズニーの実写版お姫様を演じたエイミー・アダムス演じる言語学者のルイーズは、世界各地に突如現れた謎の異星人とコミュニケーションを取るミッションを政府に依頼される。
異星人は人類とコンタクトを取る場所は提供しつつも、なぜか自ら積極的に問いかけを行ってこないため、彼らが地球に現れた目的がつかめない。
彼らの目的は地球征服なのか、人類との友好なのか、はたまた単なる観光なのか?

 

f:id:okureje:20170626161938j:plain

 

主人公が異星人とファーストコンタクトするシーンの緊迫感に溢れていること!
地味ながら、かなり見応えのある作品。

 

『インデペンデンス・デイ』以降、異星人とのコンタクトを描いた映画と言えば地球侵略が目的の醜悪なエイリアンとの闘いを描く、知性を感じさせない作品ばっかり。
(最近話題になった『バトルシップ』も同様)
本作みたいに抒情的でインテリジェンスなSF作品は珍しい。

 

う~ん、この作品、ローランド・エメリッヒなんかが監督する案件では決してないな。

 

本作は、テッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』("Story of Your Life")の映画化作品だということで(ちなみに映画の原題は『Arrival』(到来))、早速短編集を購入し、とりあえず『あなたの人生の物語』だけ、朝の通勤時にササッと読んでみた。

 

物理や数学をモチーフにした作品が多い作家さんらしく、正直、一回読んだだけでは(というかいくら読んでも)理解しきれない難解な概念や用語も多かったけど、総じて興味深い小説だった。

 

キーワードは「フェルマーの原理」。
「2点を結ぶ光が進む道のりはその光学距離を最小にする」
…光は進むのにかかる時間が最小になる経路を通る
イコール、
光は自分自身が到達する場所が最初からわかっている = 未来を知っている
ってこと? …ちょい難解。

 

ただ驚いたのが、原作のストーリーが想像以上に地味だったというか、昨今のハリウッド映画にしてはむしろ地味な作品だった映画版が、実はかなりエンターテインメントに脚色されてたんだな、と改めて気づかされた。

(むしろ、そこまで脚色していいの?くらいのレベルで、この脚色によって、原作にはないストーリー上の矛盾点や突っ込み所が増えたきがするが、まぁそこはしょうがない)

 

…もちろん、原作には中国共産党の暴れん坊・シャン上将は登場しない、とだけ申し上げておきます。

 

f:id:okureje:20170625212358j:plain

 

というわけで、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。

 

そもそも『ブレードランナー』の原作である『アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 』も、それほどドラマチックな小説ではなかったが、リドリー・スコット監督の手腕によって、ブルージーで幻想的な作品に生まれ変わった。
割と地味な短編をこれだけの作品に仕上げたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、これは『ブレードランナー 2049』も大いに期待できるのではないか?

 


映画『メッセージ』本予告編

 


映画『ブレードランナー 2049』新予告編

 

 

なおドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、デヴィッド・リンチ監督の怪作『デューン/砂の惑星』のリブート版の監督にも決定したそうで、個人的に大好きな作品のリメイク、この監督ならそれなりに仕上げるのではないだろうか。

 

 

f:id:okureje:20170625212354j:plain

 

 

『メッセージ』(オリジナル・サウンドトラック)

『メッセージ』(オリジナル・サウンドトラック)

 
あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: テッド・チャン,公手成幸,浅倉久志,古沢嘉通,嶋田洋一
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/09/30
  • メディア: 文庫
  • 購入: 40人 クリック: 509回
  • この商品を含むブログ (393件) を見る
 

    

ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]

 
ブレードランナー クロニクル [Blu-ray]

ブレードランナー クロニクル [Blu-ray]

 

   

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

  • 作者: フィリップ・K・ディック,カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン),浅倉久志
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1977/03/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 70人 クリック: 769回
  • この商品を含むブログ (435件) を見る
 

 

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

 

 

【スポンサーリンク】