okurejeの日記

フィギュアや映画や本などについて、ゆるく書かせていただきます。

【スポンサーリンク】

メディコムトイ RAH ストロングザボーガー  レビュー

f:id:okureje:20210416150300j:plain

 

RAH リアルアクションヒーローズ No.564 ストロングザボーガー!

 

f:id:okureje:20210416150315j:plain

 

2011年に劇場公開されたリブート版『電人ザボーガー』より、映画終盤に登場したパワーアップされた電人ザボーガー、ストロングザボーガーだ!

 

f:id:okureje:20210416150332j:plain

 

f:id:okureje:20210416150350j:plain

 

f:id:okureje:20210416150406j:plain

 

f:id:okureje:20210416150422j:plain

 

10年前に初めてレンタルで本作を観た際は、井口昇監督の独特の演出と脚本に今一つノリきれなかったんだけど、久しぶりにAmazonプライムビデオで鑑賞したら、なかなか味わいがあり、昭和の特撮ドラマのリブート作品としては高クオリティな部類に入る力作だと感じた。
大物俳優揃いのキャストも豪華だったが、何といっても、アレンジは控え目ながらも現代的にシャープにデザインされたザボーガーがとても魅力的で、CGアクションも意外と迫力があって見応えがあり、当時メディコムから販売されていた1/6フィギュアが今更ながら欲しくなった!
ただ、さすがに電人ザボーガーは今ではプレ値になっているので手が出なかったが、Amazon限定販売されたというこのストロングザボーガーは、10年近く経った今なぜか「キャンセル品限定販売」で定価販売されていたので、思わずポチってしまった。

 

f:id:okureje:20210416150437j:plain

 

いつものRAHのスタンドも付属している。使わないけど。

 

f:id:okureje:20210416150454j:plain

 

付属品は至ってシンプル。

 

f:id:okureje:20210416150511j:plain

 

メディコムの1/6フィギュアは流通量も限られるため本当に高額で、同じ価格帯のホットトイズと比べると色々とクオリティも落ちるのだが、昭和特撮ヒーローはなかなか海外メーカーも手が出せないだろうから、メディコムに頼るしかない。

 

f:id:okureje:20210416150527j:plain

 

f:id:okureje:20210416150541j:plain

 

f:id:okureje:20210416150558j:plain

 

f:id:okureje:20210416150611j:plain

 

しかし、いかにも昭和の単純でロボロボしいデザインは、メディコムの得意分野かもしれない。

 

f:id:okureje:20210416150627j:plain

 

f:id:okureje:20210416150643j:plain

 

f:id:okureje:20210416150658j:plain

 

f:id:okureje:20210416150714j:plain


可動範囲は限りなく狭いのでアクロバティックなポージングは出来ないが、見事なメタリック感バッチリのペイントは見ていて飽きない。

 

f:id:okureje:20210416150731j:plain

 

 

f:id:okureje:20210416150748j:plain

 

f:id:okureje:20210416150804j:plain

 

・・それにしても、井口昇監督のザボーガー愛に溢れる作品だったな・・・
ドラマの電人ザボーガーは幼少の頃にオンラインで観ていた世代で、当時は大好きでオモチャも持っていたが、さすがに内容まで記憶に残っていなかった。映画版のエンディングで当時のドラマ版のダイジェスト映像を見たら、驚くほどドラマ版のキャラクターを再現してたのでビックリ!監督の本気度を感じさせられた。

 

f:id:okureje:20210416150820j:plain

 

f:id:okureje:20210416150833j:plain

 

f:id:okureje:20210416150848j:plain


本作は、井口昇監督作品で初めて制作予算が1億円を超えた作品だそうだ。

 

f:id:okureje:20210416150904j:plain

 

ちなみに、製作費は『シン・ゴジラ』が15億円、ハリウッド映画ではマーベル作品などは300億円らしいが、井口監督に15億とか300億とか与えたら歴史に残る傑作が出来るワケでは決してないだろうが、どれだけ金を積んでも、きっと脱力感が満載の作品になること請け合いだろう。

 


www.youtube.com

 

f:id:okureje:20210416150921j:plain

 

電人ザボーガー

電人ザボーガー

  • メディア: Prime Video
 
電人ザボーガー [Blu-ray]

電人ザボーガー [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/03/10
  • メディア: Blu-ray
 
電人ザボーガー スペシャルエディション(Blu-ray Disc)

電人ザボーガー スペシャルエディション(Blu-ray Disc)

  • 発売日: 2012/03/28
  • メディア: Blu-ray
 

 

【スポンサーリンク】